ローマがスソ獲得に興味を示す?



『Sky』を始めとする各報道によれば、ローマがスソに対し興味を示しているとのこと。

これまでスソへのオファーはなかったとのことでしたが、ここにきて遂に具体的な名前が浮上してきましたね。


とは言え、まだ具体的なアプローチはしていないらしく、現段階では調査に過ぎないとのことです。



これまで何度も書いているように、スソがジャンパオロの下で適応するのはかなり難しいと思いますし、それゆえ手放すという選択肢は十分にアリだとは思います。

ただ、その放出先がローマというのはどうなのかなと。


主力の多数放出などありますが、個人的にローマは来季も4位争いのメインライバルだと思っているので(今夏の移籍市場での結果にもよりますが)、そうしたクラブに渡すには惜しい選手だとも思うんですよね・・・。



スソは弱点も多いですがチャンスクリエイト力にかけては素晴らしいものがありますし、それは今季のミランでも十分に証明してくれました。

下手に下がらせることなく得意なエリア(右サイド深く)でボールを集めてあげれば輝く選手ですし、彼を組織の中に上手くはめ込んで使いこなせれば驚異的です。


今季のガットゥーゾはスソを使いこなすというよりは明らかに依存していましたし、1人でなんでもこなせちゃうわけではないため依存して良いタイプの選手ではないですからね。



ローマの新監督であるフォンセカについて僕はあまり知らないのですが、評判を聞く限りは組織を重視する監督っぽいのでスソを渡すのはかなり怖いですね。

まぁ個人的にイタリア国外からくる監督に対しては基本的に懐疑的なわけですが、ローマの場合は数年前にガルシアという素晴らしい監督を連れてきたこともあり、この人もやってくれるんじゃないかというイメージが強いです(笑)


少し話が逸れましたが、まぁそういうわけでスソの移籍自体には賛成でもローマ移籍はちょっとなーというのが今の率直な感想です。



続いて、スソが移籍する場合の取引形態についてなのですが、ローマ相手の場合一番あり得るのがトレード移籍です。

今報じられているところでは、シック、デフレル、パストーレなどの名前がトレード要員として挙がっていますね。

前者2人についてはジャンパオロの教え子であり、特にシックについては監督が再会を希望しているなんて話も以前ありました。


そしてパストーレですが、できれば7~8年前の彼に来て欲しかったというのが正直なところです(笑)
パレルモにいた頃の彼は本当に輝いていましたからねー。どことなくカカを髣髴とさせるプレーにはときめいたものです(笑)



さて。この3人のうち誰が含まれるとしても、おそらくミランは現金もセットで要求するでしょう。
スソはキャピタルゲインを生み出せる数少ない選手ですからね。ドンナルンマが残留に傾きかけている以上、スソ売却によってキャピタルゲインを得ることはより重要になっています。

問題は、両クラブが各選手にいくらの価値を見出し、そこにズレが生じた際に落としどころを見つけることができるかという点でしょうね。

具体的に、ミランとしてはスソに3000~4000万ユーロの値を付けているみたいですから、その額に相当する選手+移籍金を得られるかに注目ですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/15 23:49 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(8)

ドンナルンマ、ミラン残留を希望?



当初は移籍が決定的と思われたドンナルンマ。

しかし、ELへの出場を辞退したことにより資金捻出の緊急性がやや低くなったミランは、パリ・サンジェルマンからの2000万ユーロ+アレオラという舐めた獲得オファーを拒絶。

現在は膠着状態となっています。


そんな中、先日の報道によると、ドンナルンマはミランに対し残留希望の意思を表明し、契約延長交渉を望んだとのこと。

そこでミランは最初のアプローチとして代理人のライオラに対し、現状維持の600万ユーロでの延長オファーを提出したわけですが、それは拒否された模様です。




これらの報道を事実と仮定した上で、個人的な見解を述べさせていただこうと思うのですが、まずドンナルンマが残留を希望しているというのは素直に嬉しいことです。


一時期は契約延長交渉が難航してサポーターとの関係が悪化し、遂にはドンナルンマの守るゴールにニセの札束が撒かれるなどの惨憺たる出来事も起きただけになおさらですね(笑)


それに彼の通常のセービング能力とその安定感はもはや若手の域を遥かに超越しており、純粋な戦力としても彼の残留は非常に大きいわけですが、何よりチームの新しい象徴としての役割も期待できる選手ですからね。
残ってくれるに越したことはありません。



しかし、残留に向けての最大の障壁は「契約延長ができるか」という点です。「年俸」と言い換えても良いですね。

現在のドンナルンマの年俸は600万ユーロで、ミランの選手の中では断トツです(2位がロマニョーリ、ビリアの350万ユーロ)。


これ以上の昇給は財政的にも、チーム内の年俸バランス的にも極めて厳しく、それ故にミランは現状維持で延長オファーを出したのでしょう。

しかし、それはライオラによって敢え無く拒絶された、と・・・。



それに問題は年俸だけではなく、ドンナルンマ売却によって得るはずだった資金(キャピタルゲイン)を他の選手の売却により賄う必要性も生じます。

現在のミランにはドンナルンマ以上に売却益の出る選手はいませんから、複数の主力orバックアッパーを巧みに売りぬく手腕が要求されますね。


まぁこちらの問題に関しては何とかなるかもしれませんが、前者の年俸に関しては現時点ではどうしようもないのではないかと。


というわけで、この問題を解決して残留という結末にたどり着くには、ドンナルンマ側にある程度の犠牲を払ってもらうしかないかなと個人的には考えています。

具体的に言えば、ライオラを説得し、年俸を現状維持or減額(今後数年に渡って残りたいのであれば)して延長契約を結ばせることですね。

最も手っ取り早く即効性があるのはライオラを切ることでしょうが、流石にそれは難しいでしょうからね…(ハムシクの例を見るに不可能ではなさそうですが)。



最後に。僕としてはドンナルンマのことは大好きですし、できれば残って欲しいと今でも思っています。

ですがこのままでは遅かれ早かれ出ていってしまう確率は非常に高いわけで、後釜が控えていることや残りの契約年数を考えると、今が売り時としてはベターなのかなと。


ですから、ドンナルンマ側が延長の為の積極的な行動をしない限りは、「適切な」オファーが来た場合には放出するのが妥当なのかなーという気が今もしています。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/07 23:59 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(2)

ジャンパオロはボリーニを評価せず?



『トゥットスポルト』などの報道によれば、ボリーニがジャンパオロからの評価を得られていないとのこと。
構想外かも、なんて話もありますね。


まぁ正直言って予想通りですし、補強があまり進んでいない現時点でも出番を得るのが難しいレベルだと思います。


というのも一番起用され得るポジションが2トップの一角なわけですが、彼の担うであろう役割(簡潔に言うとフィニッシュワーク)はピョンテク、クトローネとモロ被りですし、この2人より優先して出場機会を得られるとはどうしても思えないからです。


残る可能性としてはSBなわけですが、このポジションも左右ともに数は十分に揃っているため、本職の彼らより優先されることはないでしょう。

それに4-3-1-2だとSBにも突破力やビルドアップ能力といった個の力がより求められるわけですから、献身性以外に際立った武器のない彼が適正だとも思えませんしね。


彼の持つポリバレント性は確かに魅力的であり、4-3-1-2では起用できずとも試合中におけるシステム変更の際にウイングorウイングバックで使う・・・といったように戦術の幅を広げてくれる存在ですから、ベンチに置いておくと重宝するタイプではあります。

ウイングに置いてひたすら裏抜けさせるですとか、守備固めで起用するなど使い所や役割を限定して使えば有用な選手だと思いますしね。


しかし、そうした便利屋として置いておくには年俸が高すぎるわけで・・・。

基本フォーメーションでの使い所がない以上は、構想外による放出も止む無しかなと。



ただ、そうなると最大の問題は「買い手が付くかどうか」という点です。

実際、同じく構想外になりそうなカスティジェホはバレンシアやセビージャからの関心が噂されていますが、ボリーニにはそういった噂が全くといっていいほどないですしね。


昨冬の移籍市場では中国クラブからの関心が報じられましたが、流石にもう興味はないんでしょうかね。

というか、あれは結局のところ本人もしくはクラブが拒否したのか、そもそも報道自体がガセだったのかどちらなんでしょうね。
いつの間にか立ち消えになった印象でしたが。



まぁ何はともあれジャンパオロが就任した以上、このままなら放出は既定路線だと思います。
常に全力でプレーしてくれる点は凄く好印象なので、少し口惜しい気もしますけどね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/04 23:59 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(2)

FW陣の去就について



ピョンテクの相棒争いを繰り広げると予想されるクトローネとアンドレ・シウバですが、両者ともに残留は確実視されてはいないようです。


まずクトローネについてですが、彼はフィオレンティーナを始めとするセリエAクラブからの関心が噂されており、その市場価格は2500万ユーロとのこと。

現時点でこの額を払う気のあるクラブはないでしょうから、他に放出形態として考えられるのはトレード移籍。

事実、ここ最近はフィオレンティーナ所属のヴェレトゥとのトレードが根強く噂されています。


まぁ、流石に無いと思いますけどね。

個人的にヴェレトゥの獲得自体に反対なのに(なぜミランはここまで高額なヴェレトゥに拘るのか・・・)、獲得のためクトローネを差し出すなんてされたらかなりキツいです。


まぁピョンテクとのコンビに懐疑的なのも否定できないため、レンタル移籍(or買戻し条項付き移籍)とかならまだ納得できますかね。


いずれにせよ、クトローネ関係なくヴェレトゥにはナポリかローマに行ってほしいなぁ、と思います。




続いてアンドレ・シウバですが、彼にはサウサンプトンとウルブズが興味を示しているとのこと。

新監督のジャンパオロがアンドレを高く評価しているというのは既に報じられていますし、ミランとしても再び価値を高めてから売却したいという思惑があるということで、売却はなさそうですがどうなりますかね。

投資分を考えると3000万ユーロ位は欲しいですが、流石にこの額で獲ろうとするクラブはないでしょうしね。


ただし個人的に、CFにはスピードがあってカウンター時にはドリブルで運べる選手(クアメとか)が1人欲しいため、2500万~なら放出も十分アリかなーと思っています。



 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/03 21:30 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(9)

契約満了を迎えた5人の選手たち【Grazie】


体調崩して2日休みました。
告知なく更新を滞らせてしまい申し訳ありませんでした・・・。


さて。今回は先日の6月30日をもって契約満了を迎えた5人の選手たちについて書こうかなと。



アバーテ(09-19)

ミランの下部組織出身。幾度かの移籍を経て09-10シーズンにミランに復帰し、それ以降の大半をチームの主力としてプレーしたレジェンド。10-11シーズンのスクデット獲得を知る最後のミラン所属選手でもありました。


11~13年の頃は紛れもなく世界最高クラスの右SBでしたし、攻守ともに素晴らしい活躍だったと思います。

今季は序盤こそコンディション不良もあってか低調なパフォーマンスを見せ、限界説も囁かれましたが、中盤戦から調子を上げてくるとチームの準レギュラーとして貢献。

かつてのようなスピードとキレのあるオーバーラップは鳴りを潜めたものの、安定した守備とビルドアップでチームを後方から支えてくれました。

今季のハイライトは、何といってもCBでの起用でしたね。
しかもベロッティを始めとする屈強な相手をほぼ封じ込めたのが凄い(笑)

後はボローニャ戦での鬼神のごときハイパフォーマンスでしょうか。あの時は契約延長を期待したものでしたが・・・。


そんなアバーテに対しては、イタリアの昇格組を始めとする様々なクラブからオファーが来ているとのこと。

正直なところ、今後ミラン以外のセリエAクラブでプレーするのを観るのはやや心苦しい面もありますが、彼ならまだやれると思います。

どこに行っても応援しますし、最善の選択をして欲しいですね。



サパタ(12-19)

12-13シーズンにミランに移籍(当時はレンタル)して以降、7シーズンに渡ってプレーしてくれました。

レギュラーとしてフルシーズンを過ごしたことは(確か)なく、ベンチを暖める時期も少なくありませんでしたが、必要とされればピッチ内外で存在感を発揮してくれました。


まぁ好不調の波が大きく、酷いパフォーマンスを見せる時もありましたが今となって良い(?)思い出です(笑)


今季に限って言えばほぼ全ての試合で安定していたと思いますし(多分ローラインを敷く傾向のあるガットゥーゾとの相性が良かったのでしょう)、チームを支えた選手の1人であったことは間違いないですね。

現在のミランはCBが3人、その内の1人は怪我で長期離脱中という状況ですからサパタと契約延長しても良かったと思うんですけどね。


そんなサパタに対しても、アバーテと同様ボローニャを始めとする様々なクラブからオファーが届いているとのことです。


追記

先ほど、サパタのジェノア移籍が決まったとのこと




メルカートが開いたばかりでまだ何とも言えませんが、現時点では良い移籍だったのではと感じます。
個人的にジェノアは好きなクラブですし、来季はサパタ・ジェノア共に好成績を残してほしいです。



モントリーボ(12-19)

彼については前に書いたので詳細は省きますが、個人的には加入初年度のインサイドハーフでプレーしていたときが一番好きでしたしパフォーマンス的にも良かったと思います。

大怪我して以降は、ピルロの真似事というと語弊があるものの、なんというかレジスタっぽいプレーをしていたもののさほど効果的ではなかったかなと。


彼の移籍先にはアタランタが浮上していましたが、果たしてどうなるか…。
体力的にアタランタは厳しいと思いますけどね。




マウリ(15-19)

当時、破産したパルマから獲得した有望株でしたが、気づけば契約満了を迎える年に。

テクニックと運動量を兼備した選手という評価でしたが、この数年で伸び悩みこれといった特長の感じられない選手になってしまった印象です。

所属先、ポジション、役割などがコロコロ変わり、安定した出場機会と環境を与えられなかったことも伸び悩みの一因でしょうね。


年齢は23とまだまだ若いですし、今後の成長に期待したいです。
まずはセリエAの下位なりBなりで安定した出場機会を得ることが重要かなと思います。




ベルトラッチ(15-19)

大枚をはたいて獲得した彼でしたが、怪我もありほとんど活躍できずに去ることになりました。

彼に関してもマウリと同様、安定した環境(役割、ポジション的な意味で)を得られなかったことが痛かったかなと。


例えば彼の魅力は攻め上がりからのチャンスメイク・フィニッシュでしたから、4-3-3なりの前方にスペースのあるシステムでガンガン飛び出しをさせるといった役割を持たせればもう少し違った結果になったのではないかなと思います。

4-3-1-2で、まして2トップがバッカやルイス・アドリアーノじゃどうしようもないかな、と。



そんなベルトラッチには古巣のジェノアからの関心が伝えられています。

28歳と老け込む歳ではないですし、既にジェノアでは活躍した実績も残していますから、復活に期待したいところです。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/02 23:20 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(4)

現有左SB事情について~ロドリゲスがバルセロナへ?~



先日記事にしたテオ・エルナンデスについてなのですが、どうやら獲得がほぼ決まったとのこと。

『マルカ』によれば、移籍金は当初の報道通り2000万ユーロではあるのですが、どうやら一括払いらしいですね。
また、買い戻しオプションは付いていないそうです。


しかし、気になるのが現有左SBの整理が終わっていない状況での獲得だということ。
前回書いた通り今のミランにはリカルド・ロドリゲス、ラクサール、ストリニッチの3人が既に在籍しており、テオ・エルナンデスが加入すれば計4人と明らかに過剰です。

売却下手なミランがこうした状況でも巧みに売り抜けられるのか大いに疑問ですね。


・・・などと書いていたら、非常に気になるニュースが一つ。



『SPORT』によれば、バルセロナがリカルド・ロドリゲスに興味を示しているらしいです。
そして予想される移籍金は1500万ユーロ。

これが事実であれば、ミランにとって決して悪い取引ではないと個人的には思いますね。

ロドリゲスは過去2シーズンに渡って主力としてプレーしてくれたわけですが、全体的な守備力(対人、空中戦、ポジショニングなど)はさほど高くないですし、走力が求められるジャンパオロのサッカーにそこまで合うとも思えない。


ただし戦術的役割によってオーバーラップを控えていたという事情もありますし、ビルドアップ能力は現有SBの中では屈指なので少し勿体ない気はしますけどね。

それに、移籍金はもう少し取れるかなという気もします。できれば2000万ユーロ位は欲しいですかね。


まぁいずれにせよ、テオを獲得する以上は左SBの整理は避けられませんし、売却自体は致し方ないと思います。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!


[ 2019/06/30 06:00 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(2)

ドンナルンマ獲得に向け、パリが具体的に動き始める?


ここ最近になって報道が過熱しているドンナルンマの移籍の可能性。

それによると、どうやら当初から関心が噂されていたパリ・サンジェルマンが具体的に獲得に動きだし、ミランに獲得オファーを提示したとのこと。


そのオファー内容というと、2000万ユーロ+アレオラというもの。

パリはアレオラに3000万ユーロの値札を付けているらしく、これで計5000万ユーロ相当のオファーを出しているつもりらしいです。



まぁはっきり言って、ないよなーと。

何度も言うように、ドンナルンマの後釜には短期的にはレイナ、長期的にはプリッツァーリが控えており、仮に彼を放出するとしても補強の必要性は低いポジションです(もちろんある程度の弱体化は避けられませんが)。


それにCLでのアレオラのプレーを観る限り、失礼ながら飛び抜けて素晴らしい選手であるという印象を得られませんでしたし、26という年齢からしても今のミランの欲しいタイプではない。


つまりアレオラを取引に含められることによるミランのメリットはかなり少ないですし、多くの売却益を得るという本来の目的を達するためにも金銭のみのオファーを受け入れるべきかなと。

それこそ、レアンドロ・パレデスとかが取引に含まれるとかいうなら話は別ですけどね(笑)



おまけ

『Transfermarket.it』によると、より多くの移籍金を生み出したキーパーとその額ベスト10は以下の通りだそうです。




1位ケパ(8000万ユーロ)
2位アリソン(6250万ユーロ)
3位ブッフォン(5290万ユーロ)
4位エデルソン(4000万ユーロ)
5位シレッセン(3500万ユーロ)
5位クルトワ(3500万ユーロ)
7位ノイアー(3000万ユーロ)
8位ピックフォード(2850万ユーロ)
9位トルド(2650万ユーロ)
10位ネト(2600万ユーロ)


様々な意見があるでしょうが、とりあえず僕がまず初見で思ったのは「ノイアー安ッ!」ということ(笑)
それとブッフォンはランキング3位ですが、能力とユーヴェで残した実績を考えれば破格の値段だったのではないかなと。当時は叩かれていたらしいですけどね。


さて、移籍するとすればこのランキングに入ること間違いなしのドンナルンマですが、いったい何位になりますかね。
個人的に2位には最低でも入ってもらいたいと考えていますが、果たして・・・。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/28 23:43 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(11)