インサイドハーフの補強はどうなるか



ローマとのヴェレトゥ争奪戦に敗れたことにより、他のインサイドハーフ探しを強いられることとなったミラン。


ヴェレトゥを逃したこと自体は別に良いのですが、問題としては補強が遅れることで、戦術を浸透させチーム力を上げるための時間が十分にとれなくなることです。


それこそ、これから行われるICC(インターナショナル・チャンピオンズ・カップ)ではベンフィカやユナイテッドといった強敵と戦えるチャンスがあり、腕試しにはもってこいはなわけですが、ただでさえバカンスだったり別メニュー調整だったりにより不在者の多い現チームで臨んだところで果たしてどれだけの戦術面における収穫が得られるのかですよね。


まぁそうしたことは本日非公開で行われたノヴァ―ラ戦についての記事で併せて書く予定なので置いとくとして、今回は代わりとなるインサイドハーフが誰になるのか(誰が良いのか)について自分なりの見解を書かせていただかこうかなと。



まず、何といってもサンプドリアのプラートですよね。

ジャンパオロ就任当初はアンデルセンと共に根強くミラン移籍の噂が報じられていた彼ですが、ヴェレトゥの名前が有力になっていく中で徐々にフェードアウトしていきました。


しかし、ここにきて噂が再燃しつつあります。サンプドリアの会長もプラートのミラン移籍を暗に支持するようなコメントを残してくれており、それ相応の金額を払えばスムーズに合意にまで至りそうな気配はありますね。


ただ、「それ相応の金額」というのが報道によれば2500万ユーロということで、言い値で買うのはやや躊躇されるところではありますが…。

個人的には2000万ユーロ+ボーナスといった形でまとまってくれたら最高かなーと考えているのですが、バレンシアを始めとする競合クラブもいるようなので高騰の危険性はありますね。



次に、メキシコのモンテレイに所属するロドルフォ・ピサーロ。彼についてはミランがヴェレトゥ獲得失敗に備えて獲得を考慮しているという報道が数日前になされていました。

おそらく噂で終わる話でしょう。800万ユーロのバイアウト条項があるみたいなので獲得難易度は比較的低いといえそうですが・・・。



最後に。やはりモドリッチについて触れないわけにはいかないでしょう(笑)

今季からミランのフロント入りしたボバンがどうやらモドリッチに夢中らしく、彼を積極的にミランへと勧誘しているとか。

モドリッチ自身も実はミラニスタなんじゃないか?なんて話もあり、もしこれが事実だとすれば奇跡を実現させるための後押しになるものではありますね。


とは言え年俸問題(1200万ユーロ)、モドリッチの意思(本人はマドリー残留希望らしい)、競合クラブの存在(彼が市場に出れば他クラブも黙っていないでしょう)といったような問題は山積みですし、実現の確率は限りなく低いと言わざるを得ないです(トレイラの方がまだ可能性はありましたね。笑)


まぁ実現性がどうであれこういう噂が浮上するだけでワクワクしますし、僕のメルカートにおけるスタンスは「全力で踊らされる」ですのでこういう噂はウェルカムです(笑)



さて。結局のところ、現時点では獲得濃厚なインサイドハーフの選手はいないというのが結論になってしまいそうです。CBと同様ですね。


個人的にはプラート+守備に貢献できる選手の計2人を獲ってくれたら大満足なのですが、前者は移籍金問題、後者は噂すらないということで長丁場になるかもしれませんね。


できれば早く決めて欲しいと思う一方で、最終盤での駆け込み大物補強を微かに期待しているミラニスタの方は僕以外にもいるのではないでしょうか(笑)



まぁ何にせよ、ナーバスになることなく楽しみながら移籍市場の動向を追っていきたいですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!


[ 2019/07/20 06:00 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(4)

4人目のCBは誰になる?


今回はCBについて。

カルダーラが負傷離脱中の今、ミランの起用可能なCBはロマニョーリ、ムサッキオしかいないという状況です。

「この状況でよくもまぁサパタ(、アバーテ)と契約延長しなかったものだな」というのは既に多くの方が感じ、言及していることでしょうから置いとくとして、とにかく何らかの方法で最低1人はスカッドに加える必要があります。

そこで、数週前から様々な名前がミランの獲得候補として挙がっているわけですが、未だに誰を獲ろうとしているのかは明確になっていません。

最初の頃は、シュツットガルトに所属していたカバク、サンプドリアに所属していたアンデルセンの名前がホットでしたが、前者はシャルケ、後者はリヨンへとそれぞれ移籍してしまいました。


というわけ、現在挙がっている候補としては、リヴァプールのロブレン、フィオレンティーナのペッセッラ、シャルケのナスタシッチ、ライプツィヒのウパメカノ、ユヴェントスのデミラル辺りでしょうか。


まぁこの中でいうと、ナスタシッチが最も現実的なところであり、正直他の候補は噂で終わりそうな選手ばかりです。


というのも、ロブレンとペッセッラには2000万ユーロという値がついているらしく、今のミランではかなりキツいです。


デミラルはそもそもユーヴェがサッスオーロから獲得したばかりですし、同様に獲得の可能性はかなり低い。単年のドライローンでの獲得という可能性が浮上していますが、正直そこまでして獲る選手かというと・・・。今季はサッスオーロで奮闘していましたし、将来有望な非常に良い選手であることは間違いないですけどね。


最後にウパメカノについてですが、彼の市場価値は3000万ユーロらしいのでもちろん厳しい。ただし、彼の場合チャルハノール(ライプツィヒの大好物)を取引に含めたオファーという秘策で獲れる可能性はありますかね。
チャルハノールを手放すことについては賛否両論あるでしょうし、僕も否定的ではあるんですけどね。


ただウパメカノはロマニョーリとの補完性が高そうですし、あの選手としてのスケール感の大きさは筆舌に尽くしがたいものがありますから、是非とも来て欲しい選手ではありますね(ブンデスリーガはそんなにリアルタイムでは観ていないので、あまり偉そうなことは言えないのですが。笑)



さて。復帰後のカルダーラのコンディション、チームへの適応時間が未知数な現状を考えると、欲を言えばディフェンスリーダーとなり得る選手を1人獲得して欲しいというのが僕の本音です。


まぁそうは言っても財政的な制約がある以上あまり高望みはできませんので、少なくとも1人、バックアッパーとして計算できる選手を獲れれば及第点でしょうか。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/18 23:12 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(10)

ヴェレトゥ争奪戦の結末は?



数週間ほど継続的に報道されているヴェレトゥ獲得の噂。
フィオレンティーナが発表したICCの招集メンバーに彼の名前がないことで、既に移籍自体は確定的な状況となっています。

次なる問題は、ミランへと移籍するのかどうかです。

今回は、彼の移籍情報に関する情報を整理してみたいと思います。



獲得に動いているクラブはミランとローマ

以前はナポリも獲得に動いているとの報道でしたが、今は上記2クラブによる争奪戦となったようです。


フィオレンティーナ側の要求(金銭のみの場合)は2200~2500万ユーロ

当初の要求は2500万ユーロだったそうですが、そこから2200へと下げたという報道もあります。



(金銭のみの場合)ミランのオファーはボーナス込の総額1800万ユーロ、ローマは1800~2000万ユーロ

報道により多少のズレはありますが、大体はこの額。いずれにせよ提示額はローマの方が高いようですが、両者ともにフィオレンティーナの要求額は満たしていません。



選手を含めたオファーの場合、ミランはビリアを、ローマはデフレルを提示

両者ともにフィオレンティーナから評価されており、またビリアに関しては監督であるモンテッラが相当気に入っているとか。

ただし、ビリアの現在の年俸(350万ユーロ)がフィオレンティーナにとっては過大であるため、年俸の調整は必要になるでしょうね(一部をミランが負担する形に?)。



ヴェレトゥ本人はミラン移籍を希望

ただしローマ側の方が年俸は高いようですし、ヴェレトゥがどれほどミランに拘っているのかは不明です。



こんなところですかね。

つまり移籍金も年俸もローマ側の提示の方が上回っているようなので、現状は若干ローマの方が有利といったところでしょうか。

個人的に、当初はそこまで肯定的ではなかったのですが、ここまで引っ張った以上はミランに来てほしいですかね。戦力になることは間違いないですしね。



ちなみに、ヴェレトゥ獲得に失敗した場合に備え、ミランはメキシコのモンテレイに所属するMFロドルフォ・ピサーロの獲得を考えているとのこと。

彼には800万ユーロでのバイアウト条項があるらしいので、お手頃な値段で獲得出来得る選手ではありますね。



おそらく今週中には決まるであろう(決まって欲しい)ヴェレトゥの移籍先。
果たしてミランになるのかローマになるのか、注目ですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/14 14:16 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(6)

エヴェルトン獲得という名の夢物語



コパ・アメリカで優勝を果たしたブラジル代表。

エースのネイマールが大会前に離脱するアクシデントに見舞われたものの、流石の層の厚さを見せつけましたね。

そして、そのネイマールの代役として素晴らしいパフォーマンスを見せ、大会得点王に輝いたのがエヴェルトンです。



今大会開始の前から名前を知っていたミラニスタの方も多いかもしれません。というのも、レオナルドがまだミランSDとして活動していた頃、彼の獲得に動いていたからです。

一部報道では既に個人合意を取り付けていたなんて話もありましたし、実際に彼の代理人もレオナルドとの接触を認めるなど、獲得に向けた具体的な動きは確かにあったようです。


しかしご存知の通りレオナルドはクラブとの確執により辞任。いつの間にか噂も立ち消えました。


また、先日ミランがエヴェルトンの獲得に再び近づいているという報道がなされましたが、クラブに近いメディアによって即座に否定されました。



当時とは違い、国際大会で結果を残したエヴェルトンの価値は更に跳ね上がったでしょうし、獲得に動きだすクラブも増えてくるでしょう。
そんな中、最強のブラジルコネクションを持つレオナルドが去った今のミランが獲得することは極めて難しいと言わざるを得ません。


また、新監督がジャンパオロ(4-3-1-2)になり獲得の必要性が薄まったことも、獲得を遠ざける一つの要因かなという気がします。
それこそ4-3-3の使い手が指揮官(例えばディ・フランチェスコなど)であれば、今も獲得候補として頻繁に名前が挙げられていたかもしれませんけどね。


というわけで様々な理由から獲得は難しいですしその必要性もそこまで高くないわけですが、個人的な好みで言わせてもらうと来て欲しい選手であることは間違いないです。

というのも僕、ブラジル人アタッカーが大好きなんですよ(笑)


近年を振り返ると、カカを始め、パト、ロナウジーニョ、ロビーニョなどのブラジル人アタッカーがほぼ常に強い時のミランの攻撃を牽引してくれていました(ロニーは1年だけですが)。

近年のミランの成功はブラジル人の活躍抜きでは語れませんし、パケタという才能の塊がいるとは言え、もう1人よりアタッカー色の強いブラジル人選手が欲しいかなというのが本音です。


エヴェルトンのプレーには華がありますし、何よりネイマールの代役として臨んだこの地元開催でのコパ・アメリカの活躍ぶりを見るに、多大なプレッシャーを跳ね除ける能力の高さやチャンスをものにできる力を感じます。
こうしたメンタリティの優秀さも超一流の選手になる上で不可欠なものであると思いますし、エヴェルトンはそれを持っているのではないかと。


後、懸念材料であるポジションの問題ですが、現時点で言えばいかにもウイングプレーヤーという感じでサイドからの仕掛け・カットインを特長とする選手ですので、WGポジションのない4-3-1-2は確かに難しいとは思います。

まぁしかし2トップの左で流動的な動きをさせれば機能する可能性はありますし、何より兼ねてから個人的に待望する「カウンター時にドリブルで運べる快速ドリブラー」としてはベストに近い人選ではないかなと感じています。



最後に。繰り返しになりますが、現在エヴェルトンを獲得する可能性も必要性も低いことは間違いないと思います。
ですが、ブラジル人アタッカーを愛する者としてはミランのユニホームを来て活躍してほしいというのが本音であります(笑)

報道によれば、100%ないというわけでもなさそうなエヴェルトン獲得の可能性。
限りなく低いとは認識しつつも、わずかな期待感を抱きながらメルカートを楽しみたいと思います。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/09 23:59 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(8)

ミラン、テオ・エルナンデス獲得を目指す



ここ最近、レアルマドリーに所属するSBテオ・エルナンデスのミラン移籍の可能性が報じられています。

これについてはイビサ島にて我らがマルディーニTDとエルナンデスが会談する写真も撮られており、少なくともミランが関心を示していることは確実です。




また、『マルカ』を始めとする報道ではエルナンデス側もミランのプロジェクトに魅了されているらしく、選手側とは基本合意を済ましているなんて話も。


しかしこの移籍の実現のため、ミランは少なくとも2つの障壁を乗り越える必要があります。



1つはクラブ間合意(移籍金)。エルナンデスには約2000万ユーロの値が付けられているらしいのですが、当然ながら今のミランがポンと出せる額ではありません。

そこで例によって買取オプション付きのレンタルオファーを出しているそうですが、これをマドリーが了承してくれるかどうか・・・。

またエルナンデスに対してはナポリとレヴァークーゼンも興味を示しているらしいですから、彼らの動向にも注視する必要がありますね。



2つ目は左SBの整理。

現在のミランの左SBにはリカルド・ロドリゲス、ラクサール、そして今季途中に心臓の問題を克服して戦線復帰したストリニッチが既にいるわけですが、ここにエルナンデスが加われば4人と明らかに過剰戦力です。

ストリニッチの放出は難しそうですから、ミランはロドリゲス、ラクサールの少なくともどちらかを手放す必要があるでしょう。

そして、もちろんこの人員整理は補強資金を得るためにも重要なことですから、ストリニッチに起用の目処が立てば両者を売却することもあり得るかなと。


なおラクサールについてはトリノからの興味が噂され、ロドリゲスについてはブンデス方面からの関心や、トレイラ獲得のための取引の一部に含まれる可能性が取り沙汰されています。



最後に。例によってセリエA以外の選手に非常に疎い僕は、これまでエルナンデスを「有望な若手」程度にしか認識していなかったのですが、ミラニスタの方の評やプレー集を観るに素晴らしい補強たり得るのではないかと感じています。

特に4-3-1-2だと攻撃に際しては走力だけでなく一定のテクニックも求められますから、彼のような選手は非常に適任ではないかなと。
ロドリゲスは走力が、ラクサールはテクニックがそれぞれ物足りないですしね。

それに年齢も若いですし、今のミランの補強方針とも一致します。


今のミランにとってSBは中盤と比べれば大きく補強の優先順位は下がるとは言え、彼ほどの選手を獲れるチャンスがあるのであれば是非ともモノにして欲しいと思います!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/26 21:16 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)

今のミランのFW事情について


以前、今のミランの中盤事情について整理したので、今回はFW事情でも整理して見ていこうかなと。


現有戦力について

まず、今季終了時のミランのFWのラインナップは以下となります。

・ピョンテク
・クトローネ
・ボリーニ


このラインナップにセビージャからレンタルバックしてくるアンドレ・シウバが追加されるかどうかが関心事でしたが、最新の報道ではどうやら残留が濃厚とのこと。
ジャンパオロが彼を高く評価しているらしいですね。

彼については、数カ月前に既にこちらの「セビージャ買取OP不行使? アンドレ・シウバの去就はどうなるか」にて言及しているため詳細は割愛しますが、僕はこの選択を支持します。

2トップなら有用だと思いますし、ここ2年の活躍からして売却額も大したことにはならないでしょうから無理に売却する必要もないかなと(3000万ユーロ以上で売れたり、クアメ辺りの選手を獲って来れたりというのであれば話は別ですが、流石に難しそうですしね。)


というわけで現状、放出等がない限りは今季の3人にアンドレを加えた4人がFWの戦力となる予定です。



最良コンビは?

上記の4人で2トップを組む場合、ピョンテクは99%不動ですから、残りの3人でピョンテクの相棒争いを繰り広げることになります。

そしておそらく一番あり得そう(メディア、サポーターが推してる)なのがクトローネとのコンビではないでしょうか。


ただ正直言って個人的にはあまり合うとは思えないんですけどね。言うなればピッポとジラルディーノのコンビを思い出すというか・・・。

今季終盤のように、サイドから前線へと単調に放り込むだけのサッカーとかならこの2人でも機能すると思うんですけどね(この場合、求められるのはクロスに合った動き出しやシュートの巧さのため)。


ジャンパオロのチームの場合、テクニックだったり中盤の選手が飛び出すためのスペースメイクの巧さだったりも求められますから、2人の内どちらかは流動的に動くタイプが望ましいかなと(俗にいう「セカンドストライカー」)。


例えば今季のサンプドリアではクアリャレッラを軸に、その相方にカプラ―リやデフレルが起用されていましたね(ちなみにクアリャレッラも決定力だけが取り上げられがちですが、ワンタッチパスとか溜めを作る動きとかも滅茶苦茶上手いです。)。


ただもちろんこれは「今の」クトローネを前提に話しているので、彼がジャンパオロの下で上手く成長してフィットする可能性を否定するつもりは毛頭ないですし、むしろそうなればクトローネ好きとしては願ったり叶ったりですね(笑)

フリーランの意識は今季を通してより強くなった印象ですし、サイドに流れる動き自体は上手いと思うので、流れてからのプレー精度を上げてくれれば機能する可能性は十分あるかなと。



続いてアンドレ・シウバですが、現時点で言えばクトローネよりもピョンテクの相方としては能力的に合いそうです(上記リンク先にて詳述のため割愛)。



最後にボリーニですが、上記の2人を差し置いて優先的に起用されることはないかなと。

元々は動き出しの優れたストライカーとして将来を有望視されていた彼ですが、今では運動量とそこそこのフィジカルを武器に走り回る便利屋へと変化してしまいましたからね。

まぁ仮に前者としてのパフォーマンスを取り戻すようであれば、ピョンテクの優秀な控えとして起用の目処が立ちそうです。



まとめ

このポジションに補強も売却も無かった場合、スタメンはピョンテクを軸に、クトローネとアンドレ・シウバがその相棒の座を奪い合う形になるでしょう。

まぁどの組み合わせであれ、「ロングカウンターが機能するのか?」という点は懸念材料として挙げられますね。


ジャンパオロのチームはハイラインが基本であるとは言え、リトリートするときはもちろんありますし、一般に4-3-1-2はロングカウンターでこそ真価を発揮するシステムです。

シェバとカカがいた頃や、イブラ―ロビーニョ(orカッサーノ)2トップ時代におけるミランのカウンターの破壊力を覚えている人は多いでしょう。


今季のミランはカウンター攻撃が致命的に機能しておらず、それはガットゥーゾの組織構築が不味かったのもありますが、それと同時に「独力でボールを運ぶ能力に長けた選手」や「スピードのある選手」が決定的に足りなかったというのも理由の一つです。


ところで先日、僕はムリエルとクアメについて書きましたが、彼らはそれぞれドリブルとスピードに長け、ミランに戦術の幅をもたらしてくれるであろう選手たちです。

量自体は揃っているFW陣ですが、できれば彼らのような選手は1人欲しいところですね。


長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/16 20:30 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(2)

ムリエルとかクアメとか



ここ数日は中盤にスポットを当ててきましたが、今回はFWについて。

ミランの獲得候補と報じられ、かつ僕が気になった選手について紹介していきます。
記事タイで既にネタバレしていますが(笑)



ムリエル(フィオレンティーナ→セビージャ)

テクニックというよりはスピードとキレで相手を置き去りにするタイプのドリブラー(もちろん水準以上のテクニックは兼備)。

故にカウンター時などのスペースがある時に真価を発揮するカウンターマシーンです。
今冬フィオレンティーナに加入してすぐにドリブル突破から凄いゴールを決めていましたね。


パスとかはそんなに上手くはなく、ポゼッション時はさほど驚異的ではありませんが、サイドに流れてのプレーもできるため2トップ向きの選手ではありますね。

今のミランには独力で長い距離をドリブルで運べる選手がおらず、そのため彼のような選手は是非とも欲しいところではありますね。仮にスタメンでなくとも、スーパーサブとして間違いなく有用ですしね。

ただ1500万ユーロはちょっと高いですかね‥‥。

ジャンパオロのサッカーに合うか未知数ですし、年齢的にもリスクが高いかな、と。



クアメ(ジェノア)


圧倒的フィジカルを持つ将来有望な21歳のアフリカン。

スピードもかなりあり、しかもテクニックやドリブルも優れているという素晴らしいプレーヤーです。

パスの判断やトラップ精度、持ちたがり癖など欠点は多々ありますが、まだ21歳ですし改善の見込みは十分。

ナポリが今冬の移籍市場で獲ろうとしていたことも、彼の逸材ぶりを示す一つの事実ですね。


また、ピョンテクとの相性の良さは既にジェノアで2トップを組んでいた際に証明済みであり、連携も問題なし。


以上のことから、実現すれば最高の補強になり得ますし、個人的にFWを獲るとすれば是非とも彼にアタックして欲しいと思っています。


ネックは移籍金(約3000万ユーロと報じられている)ですかね。

他ポジションの補強の必要性もある現状、流石にこの額を丸々払うことは至難を極めます。この額に値するポテンシャルはあると思いますけどね。

オファーを金銭+選手にするなどすればなんとか・・・といったところでしょうか。


今後の報道に注目です。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/14 23:56 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)