フィオレンティーナ戦の中盤はどうなる?



欠場者続出か

前節ボローニャ戦で退場したパケタ。
これにより3試合の出場停止処分が下され、今季の残り試合を全て欠場することになってしまいました…。


更に、同節にビリアとチャルハノールが負傷交代。

仮にこの2人の状態が悪く、残り試合までに完治が間に合わない場合、ミランは残り3試合においてケシエ、マウリ、バカヨコの3人で中盤を回さねばならない状況となりました(監督に反抗したと噂されるバカヨコを戦力として考慮しない場合はわずか2人)。



報道によると…

しかし、『MilanNews.it』によれば、チャルハノールの負傷は思った以上に軽く、既に全体練習にも全て参加できているとのことです。

中盤でパケタに近い働きが出来るのはチャルハノールだけですから、彼の早期復帰は量的な意味ではもちろんのこと、質的な意味でも非常に大きいですね。



一方、ビリアは未だ痛みがあるとのことで、練習復帰はできていないそうです(同ソース)。



バカヨコの処遇は?

気になるのは、前節スタメンから外れ、途中交代も拒否したと噂されるバカヨコの今後の処遇についてです。


個人的には仮に報道が事実だとしても、最低でも残り3試合は戦力として考えるべきかなと。


チャルハノールがフィオレンティーナ戦に間に合うとなれば、中盤をマウリ(アンカー)、ケシエ、チャルハノールで構成することが可能となるわけですが、控えがいないという状況はまずいでしょう。


また、現状のミランの守備力で彼を失うのは非常に痛手ですからね。

少なくとも表向きは和解しているようですし、CL権獲得のためにも起用して欲しいですね。



おまけ;前回のフィオレンティーナ戦の中盤

ミランフィオレンティーナ1

上図は前回のフィオレンティーナ戦における両チームのスタメンですが、注目していただきたいのがミランの中盤です。

ケシエ、バカヨコがサスペンションにより欠場、ビリアが負傷離脱中だったということで、なんと中盤にカラブリアを起用していましたね(笑)

しかも試合途中にマウリを下げたことで、終盤はチャルハノールとカラブリアの2ボランチというとんでもない状況に(その後試合はキエーザに決められ0-1敗北)。


厳しいのは今回も同じであっても、当時に比べれば十分にマシな状況であると言えますね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!
[ 2019/05/09 21:00 ] 選手情報 怪我人 | TB(-) | CM(0)

カルダーラ重傷、今シーズンは終了に


カルダーラ負傷

おそらく知っている方も多いでしょうが、カルダーラが先日のトレーニング中に負傷しました。



具体的には左ひざ前十字靭帯断裂という大怪我で、幸い手術には成功したものの、全治4~6カ月と復帰には長期間かかります。


ようやく先日のコッパ・イタリアで実戦復帰を果たし、さぁこれからだという矢先でのこの怪我は流石に堪えますね…。

今シーズン終了はもちろんのこと、来季以降にも響く大怪我ですからね…。


まぁ一番辛いのは怪我をしたカルダーラ本人でしょう。一日でも早い完治を願います。



代役はどうなる?

さて。そんなカルダーラの重傷が、来季のミランのCB事情にも大きく影響するかもしれません。

現在のミランのCBはロマニョーリが不動で、その相棒の座をムサッキオとサパタが争っているという構図です(今はムサッキオがリード)。


しかしサパタは今季限りで契約満了となりますが、未だに契約延長が為されていません。

噂では単年での延長を希望するミランに対し、サパタ側は複数年での延長を希望しているとかで双方の希望にズレが生じており、それが延長交渉の長引いている理由だとか。


当初の目算では、仮にサパタが退団する場合でもカルダーラを戦力に加えればCBの量・質共に保たれていたわけですが、上記の通りカルダーラは長期離脱で復帰は早くとも秋になるでしょう。


つまりこのような状況下においてはサパタとの契約延長、もしくは新戦力の確保が確実に必要とされるはずです。


FFP問題を抱えるミランとしては、できればCBにはお金をかけたくはない。
となればサパタ側の要求を呑んででも契約延長に合意する方が経済的であると考え、難航していた延長交渉もすんなりとまとまる可能性が出てきたと言えるのではないでしょうか。


最近のサパタは安定したパフォーマンスを見せていますし、個人的にバックアッパーとしては申し分ないと思っているので延長には賛成です。


来季のカルダーラの穴を埋めるのは引き続きサパタになるのか、はたまた別のCBとなるのか…。

今後はこの点にも注目していきたいですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/04 12:00 ] 選手情報 怪我人 | TB(-) | CM(2)

怪我人情報まとめ~パルマ戦で彼らが復帰へ~


待望の復帰

『Sky』によると、ミランのルーカス・パケタが遂に練習復帰を果たしたそうです。


冬に加入したばかり、それも欧州初挑戦にも関わらずもはやチームの中心選手の1人といっても全く過言ではないパケタ(彼のチームにおける重要性については以前書いた記事「ルーカス・パケタがミランにもたらした2つの変化」にて詳述しているので、未読の方はご覧ください)。


彼の復帰は過熱するCL権争いを制する上で欠かせないものでしたし、当初は今シーズン中の復帰も絶望視されていただけに非常に嬉しい誤算ですね。



また、ドンナルンマも同様にチーム練習に復帰したようです。

現在はレイナが素晴らしいパフォーマンスでゴールマウスを守ってくれていますが、ことシュートストップに関してはそれでもドンナルンマに軍配が上がります。

1点もののシュートを防ぐことができる彼の有無は、勝ち点の有無延いてはCL権の有無に大いに影響し得るものです。

彼の復帰はCL権獲得に向け追い風になりますね。



怪我人情報

続いて前節のラツィオ戦で負傷交代したカラブリアとロマニョーリですが、どうやらカラブリアは早くもチーム練習に復帰してくれたそうです。

しかしロマニョーリは練習を欠席中だとか(いずれもソースは『Sky』)。


当初の報道では週末のパルマ戦で復帰予定とのことでしたが、あまり無理はして欲しくないですね。

強行出場した結果長期離脱でもされたら本当に困りますしね。


これからもコッパ・イタリアのラツィオ戦やアウェーのフィオレンティーナ、トリノ戦などタフなゲームが残っていますし、そういった試合で彼がいないのはチームにとって痛すぎます。


幸いサパタが良好なコンディションを維持していそうなだけに、少しでも再発のリスクがあるならばパルマ戦はサパタでいくという選択肢もありかなーと思いますね。


コーチ陣の決断に注目です。



〇おまけ~契約延長オファー?~


さて。先に言及したカラブリアですが、どうやらクラブ側は彼に契約延長オファーの準備をしているとのこと。

今季のカラブリアは右SBのレギュラーを完全に掴み、リーグ戦26試合に出場して1ゴールをマークしています。


未だに守備時のポジショニングに怪しさが見られるものの、タックルや運動量を活かしたオーバーラップといった彼の長所は輝きを増していますし、22歳という年齢を考えれば今後の更なる成長にも期待がかかります。


契約延長は極めて妥当ですし、是非とも実現して欲しいですね。


バナー 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/04/17 18:00 ] 選手情報 怪我人 | TB(-) | CM(2)

ミランのレギュラーCBコンビが早期復帰へ



 現在負傷離脱中のムサッキオとロマニョーリですが、どうやら復帰の時は近いようです。

 『カルチョメルカート』によれば、ムサッキオは全てのチーム練習を既にこなしており、オリンピアコス戦でのメンバー入り及びボローニャ戦での出場が期待されています。

 一方のロマニョーリですが、こちらも一部の全体練習以外には既に復帰。週末のボローニャ戦で招集されるかもしれないとのこと。


 これは朗報ですね。
 特にムサッキオは当初報じられた全治期間だと年明けの復帰予定でしたから、相当早く復帰できることになりました。


 今のミランのCBコンビはアバーテとサパタですが、予想をいい意味で裏切り、ここまで非常に安定したパフォーマンスを見せてくれています。
 しかし当然ながら、質的・量的にもこの2人だけで今後のシーズンを乗り切ることは難しいでしょうから、ムサッキオとロマニョーリが復帰してくれるというのは大きいですね。


 ところで、アバーテがCBとして計算できるようになり、かつ上記のCB2人も早期復帰を果たせそうな現状を踏まえれば、冬の移籍市場でCBを獲得する必要性はだいぶ低くなりましたね。

 これなら中盤とFW(特にCF)の補強のみに資金を注力しても良い気がします。
 


サッカーランキング

[ 2018/12/12 13:00 ] 選手情報 怪我人 | TB(-) | CM(0)

ミランの怪我人情報まとめ



 今回は、現在のミランの怪我人情報をまとめようと思います。




ロマニョーリ&ムサッキオ

 前者は全治1カ月未満、後者は全治2か月とのことですが、両者ともに12月中旬のオリンピアコス戦での復帰の可能性があるそうです。

 これが本当だとするとムサッキオの回復速度は異常ですね…。喜ばしいことですが。

 現在起用可能なCBは実質サパタ1人ですから、今すぐにでも戻ってきてほしいというのが本音です。


カルダーラ

 度重なる負傷により、今季は公式戦出場が「1」に留まっているカルダーラ。
 現在の怪我の全治は3カ月との報道。本人は2月頃の復帰を目指しているそうです。


ビリア

 全治4カ月とのことですから、シーズン終盤での復帰が予想されます。
 今なおチームにとって極めて貴重な選手であることに変わりありませんから、早急な復帰を願います。



ボナベントゥーラ

 膝の手術により、当初は7~8カ月の離脱が予想されていたボナベントゥーラ。
 しかし、公式の発表によると全治8~9カ月と離脱期間が延びてしまいました…。復帰は来シーン開幕以降となりそうです。


ストリニッチ

心臓の問題により開幕直前から離脱を続けていたストリニッチでしたが、つい先日練習に復帰しました。

しかし、フィジカル機能の低下が著しいとのことで、復帰までにはもうしばらくかかりそうです。
報道によると復帰まで約1カ月とのことですがどうなるか…。


コンティ

既にチーム練習に復帰し、試合への招集メンバー入りも果たしているコンティ。復帰は間もなくでしょう。

彼の持つ攻撃性能の高さは昨季の少ない出場数の中でも証明されています。
無理は禁物ですが、大いに期待したいところです。



サッカーランキング

[ 2018/11/28 12:13 ] 選手情報 怪我人 | TB(-) | CM(0)

ロマニョーリも負傷…ミランのCB事情は深刻に


  『Sky』によると、ロマニョーリが筋拘縮により代表チームを離脱したそうです…。

  ロマニョーリの復帰時期がいつになるかはまだわかりませんが、ラツィオ戦に間に合わない場合は起用可能な本職CBがサパタのみ(シミッチもいますが、ここまで出場時間は0と実質戦力外状態)という非常事態に…。

 もしそうなった場合は、3バックにするしかないでしょうね。
 サパタをセンターに置き、ケシエとリカロドで両脇を固めるといった形が妥当でしょうか。

 リカロドはミランでも既に3CBの一角で2度プレーしていますし、守備面では十分とまではいかずとも攻撃ではパス出しの起点として機能していました。

 ケシエについては全くの未知数ですし持ち味が消える恐れもありますが、消去法的に一番あり得るかなと。
 ただ、ここ最近の試合でバカヨコ・ケシエのダブルボランチが機能し始めていますし、このラインを崩すのはもったいない気がしますね。ケシエの代わりに誰をボランチに起用するのかといった問題も出てきますし。

 ラツィオ戦という大一番でシミッチを大抜擢するという可能性もなくはないでしょうが、個人的には低いかなと思います。
 


 うーん・・・この状況だとどうメンバーを組もうと問題がありますね・・・。

 ロマニョーリの早期回復を心から祈りましょう。


[ 2018/11/17 13:42 ] 選手情報 怪我人 | TB(-) | CM(0)

ボナベントゥーラ、最長で5カ月間の離脱か



 現在離脱中のボナベントゥーラですが、どうやら怪我の程度は相当重いようです…。
 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、彼は慢性的な左膝の炎症に苦しんでおり、出術を考慮しているとのこと。




 そして『Sky』によると、仮に出術をした場合は3~5か月間の離脱となるそうです。

 彼もビリアの次くらいに酷使されていましたから、このような事態になってしまいました…。

 ボナベントゥーラの離脱は大きな痛手ですし、できるだけ早く戻ってきてほしいのは勿論です。
ですが今後のキャリアのことを考えると、ここはじっくり時間をかけて治した方が良いかなとも思います。シーズン前からこの痛みが続いているようですし。

 ただ、今ちょうどボナベンの契約延長交渉の最中(ないし直前)なんですよね…。
 本人としては何としても長期離脱を避けたいでしょうね。


 それにしても本当に怪我人、それも長期離脱が多い…
 これ以上増えないことを願うばかりです。



サッカーランキング

[ 2018/11/14 14:59 ] 選手情報 怪我人 | TB(-) | CM(0)