【スーペルコッパ】 ユヴェントス対ミラン ~改善の兆し~


スタメン

ユヴェントスミランカップ戦スタメン


前半


ミランの攻守~待望の戦術


 ユーヴェがポゼッションメイン、ミランがカウンターメインという予想通りの展開。

 ミランの基本守備は4-5-1の形でミドルゾーンにセットしてからのゾーンプレスでしたが、インサイドハーフ(特にケシエ)がボールホルダーにチェックに行くことで4-4-1-1のようになる形も観られました。

ユヴェントスミラン 3

―ケシエが前に飛び出してプレスをかける(映像引用元;Dazn)


 酷いとき(大抵ですが)のミランは両インサイドハーフがプレスのために不用意に飛び出すことがあり、それにより空いたスペースを使われて突破されるというのが恒例でしたが、この試合では飛び出したことで生じたスペースを残りのMFでしっかり埋めていましたね。


 そして攻撃に転じた際は、素早く前線のスペースに放り込んだり、トップのクトローネにボールを当てて周囲の選手やサイドに直ぐに流したりといった縦に速い攻めをついに・ようやく・とうとう見せてくれました。

ユヴェントスミラン 1

―前半開始早々の場面。カラブリア(黄)からクトローネ(赤)へと速い縦パス



ユヴェントスミラン 2

―ボールを受けたクトローネが、フォローに入ったケシエ(緑)へとすぐにボールを渡す


 バカヨコ、ケシエ、パケタ(普段はチャルハノール)の中盤なら丁寧にボールを繋いで全体を押し上げながら攻めるより、トランジションを速くした速攻サッカーの方が機能するのは間違いないでしょう。

 実際、前回のリーグ戦でユーヴェをホームに迎えた試合と今回の試合を比較すると、シュート数(前;、今;10)も相手エリア内でのボールタッチ数(前;10、今;20)も2倍違いますからね(笑)


 時間が経つにつれて相手も対応してきたため、縦に入れるのは中々厳しくなってきましたが、意識は普段より遥かに高かったですね。



ユーヴェの攻守


 ミランの中央を固めた4-5-1ディフェンスに対し、ユーヴェはサイドからの崩しを中心に攻めました。

 相手SBの背後に流れてパスを引き出したり純粋な1対1(特にコスタ対リカロド)で勝負を仕掛けたりしてサイドを突破し、そこからクロスを入れていきますが中々決定機には繋がらず。


 ユーヴェは全試合観ているわけではないので確信はないのですが、思うにマンジュキッチの欠場は相当痛かったのではないかと。

 普段ならロナウドがサイドでクロッサーになっても、マンジュキッチが中にいるので驚異的な破壊力になるわけですが今回はいませんでしたからね。

 まぁそうはいってもコスタ、カンセロコンビを中心に、強引に中央を突破されて何度か決定機を作られたりもしましたけどね(笑)



 一方で守備については、マンツーマン気味のハイプレスをかけ、躱されたらミドルブロックというのが基本的な形。
 普段のミランならフルボッコにされたでしょうが、ミランは上記の攻め方に加えて意図的なロングボール(クトローネをターゲットにし、周辺に選手を集める。バカヨコを上げてターゲットにするなど)も多用していたので結構躱せていましたね。



 というわけで、前半は両チームともにチャンスを作り出しながら(チャンスの質も量もユーヴェが上でしたが)も得点は奪えず終了。



後半

千両役者の一発


 おおむね試合展開は前半と変わらずも、前半よりややオープンな展開に。
 ミランは2度、ロングカウンターから決定機を迎える理想的な状況が訪れましたがものにできず…。振り返ればここが勝負の分かれ目だったかなと。

 そうこうしている内に61分、ロナウドに決められてユーヴェが先制に成功しました。

 ロナウドのストライカーとしての優秀さ・勝負強さは敵ながら惚れ惚れします。本当に良い選手ですよね。



変更・退場・終了


 71分、カスティジェホ、パケタに代えてイグアイン、ボリーニを投入してシステムを4-4-2に変更。

 しかしその数分後にケシエが退場。 正直なところ4-4-2に変更した段階で厳しいと思いましたが(あのメンバーとシステムではボールをろくに運べないため)、ケシエの退場で完璧に詰みましたね…。


 その後はユーヴェがサイドチェンジを駆使して数的不利なミランの守備体系を揺さぶりつつチャンスを作っていき、ミランはカウンターからなんとかワンチャンスを作り出そうとしました。


 しかし両チームともに得点は生まれず。試合終了。




まとめ

 見応えのある好ゲーム(特に前半)だったのではないかと個人的には思います。
 内容面でもユーヴェの方が上回っていたと思いますが、ミランは今できる最大限を尽くしたのではないかと。

 機能しない4-4-2への変更も、カスティジェホの疲労(攻守に走り回っていました)と控え選手のタイプを考えれば致し方無いですしね。何よりこの試合では攻撃の指針を見つけられたのが大きい。


 今後もこの速攻サッカーを絶対に続けていくべきですし(全体的なラインはもう少し高く設定した方が良いでしょうが)、それしかCL圏獲得の方法はないと思います。

 今回のサッカーが次戦以降も継続して行われるのか、はたまた再びノロノログダグダポゼッションに戻るのか…。

 次のジェノア戦は非常に注目ですね。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。


[ 2019/01/18 14:00 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

サンプドリア戦マッチレポート ~ミランの組織的課題~ 【コッパ・イタリア ベスト16】



 今回は少し趣向を変え、この試合におけるミランの悪かった点をサンプドリアのプレーと引き比べながら列挙していきます(以下の映像引用元はいずれも『Dazn』より)。


スタメン

サンプドリアミランカップ戦スタメン


不安定なビルドアップ

 サンプドリアの守備は予想通りハイプレスからのリトリート。
 ハイプレス時は前線のトップ下+2トップの計3人でミランの2CB+アンカーをマークし、サイドのSBへとボールを誘導。その後、そのSBからボールを受ける選手(主にWG)にもマンツーマンで対処するという形。

 こういった守備に対するミランの明確な対応策はついぞ見られず。両インサイドハーフであるパケタとケシエが行方不明になることが多く(特にケシエ)、SBからのパスコースが実質WG1人のため尽くそこを狙われる時間帯が多々ありました。


サンプドリアミラン ビルドアップ


サンプドリアミラン ビルドアップ2


 このシーンはまさに典型ですね。サパタ(ピンク)、アバーテ(紫)、カスティジェホ(赤)と繋ぎますがマークに付かれ、ここで攻撃終了です。


 インサイドハーフを下がらせてビルドアップに絡ませたときはちゃんとプレスを躱せるシーンもあっただけに、なぜこういう形を戦術としてチームに落とし込んでいないのか不可解です。



見えない攻撃の形


 「縦に速くボールを運び、素早くフィニッシュに繋げる」というサンプドリアの攻撃におけるプレー原則は明確で、そのために「CB―SB間へのパス」や「2トップの一角がサイドに流れ、攻め上がったSBの裏へ素早くボールを蹴り込む」といった明快な攻撃戦術もしっかり用意していました。

サンプドリアミラン 攻撃


 例えばこのシーンでは、プラート(水)が左SBのリカロド(オレンジ)を引き付け、それにより空いたスペースにクアリャレッラ(青)が入り込んでボールを引き出しています。



 さて。ではミランはどうだったかというと、残念ながら僕には彼らのはっきりとした戦術はおろか、どういうサッカーをしたいのかも読み取ることはできませんでした。

 普段は「後方からボールを丁寧に繋いでビルドアップする」という戦術コンセプトがあり、そのためにじっくりと(曲がりなりにも)後方でショートパスを繋いでいたと思うのですが、この試合ではプレスをかけられたら割とあっさりロングボールを蹴り込んでいたように思われます。

 かといってそのロングボールが意図的かと言われればそうではなく、実際にボールを放り込んでは相手にボールを奪われていました。


 これまでも攻撃の形が十分だったわけでは決してないのですが、この試合ではいつも以上に狙いがよくわかりませんでしたね。



守備の拙さ


 結果的にクリーンシートで終えたこの試合ですが、守備面も相変わらず首をかしげてしまうシーンが散見されました。

 まず一番の問題は、ボールの取り所(どこでボールを奪おうとするか)が定まっていないように感じることです。

 例えば対戦相手のサンプドリアであれば、前述のようにサイドに誘導してプレスをかけて、その場でボールを奪うか又はロングボールを蹴らせてCBが回収するといった守りの形が存在しました。

 しかしミランにはそのような形がないように思われます。

サンプドリアミラン アンカー脇


 例えばこのシーンではハイプレスをかけるものの、ボールを奪えずにアンカーの脇のスペースを使われ軽々と突破されています(緑;バカヨコ、黄;パケタ、青;ケシエ)。

 この試合に限らずこのような場当たり的・即興的なプレーがミランには本当に多いですし、果たして試合前に各試合・対戦相手に応じた戦術指導がなされているのか疑問を覚えてしまいます。
 
 ハイプレスの拙さの他にも、2ライン間が不自然に空いていたり、ボールホルダーへの寄せが甘かったりなどの問題点も挙げられます。



まとめ

 結果的には0-2で勝利を収めることが出来たわけですが、戦術的には完敗であったというのが僕の見解です。
 おそらく試合を観戦したミラニスタの方も似た感想をお持ちではないかと思われます。


 確かに、前半終盤や後半途中からはラインの間延びしてきたサンプドリア相手に何度かチャンスを作りましたが、質・量ともに十分ではありませんでした。

 無失点の理由はレイナの卓越したパフォーマンスがあったからですし、得点はクトローネの常人離れした決定力のおかげですしね(アシストした2人も素晴らしかったですが)。


 普段は「勝った試合にはあまり文句は言わない」というのが個人的なスタンスなのですが、ウィンターブレイク明けということもあり改善を大いに期待していた試合だったにも関わらずこの出来でしたから、少し不満を吐露させていただきました。

 果たしてこのチーム状況でリーグ後半戦に臨み、4位フィニッシュを果たすことができるのでしょうか・・・?

 縦に速いサッカーをやれば十分に輝けるメンバーは揃っているだけに、なぜそれをやらないのか理解に苦しみます。



最後まで読んでいただきありがとうございました。


[ 2019/01/14 11:45 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

【セリエA19節】 ミラン対SPAL 【マッチレポート】


スタメン

SPALミラン1


前半

好調の滑り出し


 開始前から既に尻に火の付いていた状態のミランが積極的に攻撃を仕掛けます。
 SPALはハイプレスの頻度・程度ともに少なく序盤から5-3-2のミドルブロックで対応した一方、ミランはスソにボールが渡った時をスイッチに周りの選手が積極的に動き回って相手の守備をかく乱する形が目立ちました。

 後は単純なDFライン裏への飛び出しですね(SPALはガッツリ引いていたわけではなかったので)。足元でボールを受けるのが大好きなあのスソも積極的に裏抜けをしていましたからね(笑) 怪我明けであのパフォーマンスは素晴らしいです。


 その後何度も惜しいチャンスを作ったミランでしたが、なんと13分にロングボールを完璧に収めた元ミランのペターニャにゴールを決められまさかの失点。


 しかしそれで気落ちしなかったミランは16分、カスティジェホが素晴らしいシュートを決めてすぐさま同点に追いつきました。



 このゴールの起点になったのもスソの裏抜けでしたね。カスティジェホのボール奪取→ゴールの流れも本当に素晴らしかったです。



エースストライカーの絶不調

 今回の試合の前半は相手の守り方やミランのモチベーションの高さ、そしてチャルハノールが実質司令塔のような形でのプレー(こちらの記事「チャルハノール・システム(仮)、遂に誕生か?」にて詳述)するなど様々な要因がありその後もミランが完全にゲームを支配しましたが、追加点を奪うには至らず。

 ケシエのファイナルサードでのプレー精度の低さも要因の1つでしたが、何よりもこの試合(の特に前半)ではイグアインの不調がとにかく痛かったですね。

 動きが極端に少ないため相手のマークもほとんど外せず、いい形でボールを持っても無理にドリブルしては奪われてといったように明らかに精彩を欠いていました…。

 普段と違いボールはかなりの頻度で来ていましたし、彼のコンディションさえ良ければ前半の段階で最低でも1点は取っていたのではないでしょうかね。


 というわけで前半は1-1で終了。


後半

SPALの戦術的修正


 後半からSPALはメンバーを交代し、システムを4-4-2に変更。さらにDFラインの位置も下げたと思います。

 これは、前半に突かれまくったWB(特に左)の裏のスペースを消すためでしょうね。前半はチャルハノールからスソへのロングフィードがズバズバ決まっていましたしね。

 この変更でその分中央が手薄になるわけですが、中央に主に陣取るのがイグアイン(絶不調)とケシエ(ボールを持って崩すプレーが苦手)でしたからさほど問題にはならず。

 頼みのスソサイドにボールを集めますが、前述の通り相手がシステムを変更しサイドに人を集めたことで上手くいかず、前半と打って変わり攻めあぐねる展開になりました。



待望の瞬間

 これに対し、ガットゥーゾ監督は決断。62分にアバーテ、カスティジェホに代えてカラブリアとクトローネを投入し、SPAL同様4-4-2に変更します。

 イグアイン交代じゃないのかよ!と思った方もおられるかと。少なくとも僕はそうです(笑)すみません。

 4-4-2同士の対戦ではシステムの噛み合わせ上1対1がピッチ上で起こりやすく、基本的には戦力が上のチームの方が有利に試合を進めやすい傾向があります(今回の場合はミラン)。そういった戦術的判断によるものだったのか…はたまたイグアインへの全幅の信頼の表明か…。

 いずれにせよ、この選択は大正解でありました。64分、スソのスルーパス→カラブリアのクロス→チャルハノールの折り返しと見事な繋ぎを見せ、最後はイグアインがゴールを決めてミランが逆転に成功しました。



 ゴール後の各選手、監督、コーチ、そして何よりイグアインの喜びっぷりは本当に感動的でした…。2カ月ぶりの、待望のゴールでしたね。



 その後の試合展開についてですが、審判の不可解な判定やスソの退場などいくつかの見どころはあったものの、基本的には両チームともに攻めきれない展開が続きました。

 しかし後半アディショナルタイム、SPAL側が決定機を迎えたもののドンナルンマがスーパーセーブでチームを救い、試合終了。

 ミランが5試合ぶりの勝利を収めました。



まとめ

 完勝とは言えないまでも5試合ぶりの得点&勝利、そして何よりイグアインにゴールが生まれたということで非常に良い形で前半戦を終えることが出来ました。

 試合開始の選手たちの気迫のこもったプレー、イグアインのゴール後のチームメイトやコーチ陣の行動などからも、チームが1つにまとまっている印象も強く受けましたしね。

 後はとにかく戦術面の向上ですね。チームの一体感という点では申し分なさそうですし、後はここさえ向上できれば4位フィニッシュが現実味を帯びてきそうです。


 さて。次のリーグ戦はカップ戦を挟んでジェノアとの1戦になります。

 前回の対戦ではロマニョーリのアディショナルタイムでのゴールで辛くも勝利を収めましたが、相手も監督がプランデッリに代わって非常に戦術的な対策を施してくるでしょう。

 まずはしっかりと休んでコンディションを回復してもらい、次戦は万全の状態で挑んで欲しいですね。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

[ 2019/01/01 20:30 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

【セリエA18節】 フロジノーネ対ミラン 【マッチレポート】


前後半まとめて解説します。


スタメン

フロジノーネミラン1



可変システムとその効果

 上記のようにミランの基本システムは4-3-3だったわけですが、崩し・フィニッシュの局面においては左ウィングのクトローネが中に絞って4-4-2(厳密にいえばチャルハノールとカスティジェホも内に絞った4-2-2-2)のようになる形が多かったですね。
 
 始めから4-4-2でポジショニングする場合と異なり、クトローネが外から中へと動くことで流動性が生まれ相手DFがマークに付くのが難しくなるという利点があったと思います(その利点を活かせたかは微妙なところですが…)

 また、守備においてクトローネは3人の前線の中の1人としてファーストプレスに参加。
2トップで守る場合のミランはプレスの連動性が低いため簡単に躱されることが多く、ほとんど機能していない試合も多々見られるのですが、3トップの場合は単純にファーストプレスの人数が1人多いため相対的には守れている印象です。

 この試合でも相手の3CBに対して3トップをあてることで、ある程度相手のビルドアップを阻害してロングボールを蹴らせていた場面も見られましたね。


フロジノーネミラン2


 この試合におけるミランの選手の平均ポジションを図示した画像がこちらです(左攻め。Whoscoredより引用)。

これを見ると、右ウィングのカスティジェホ(7)に比べてクトローネ(63)の位置がかなり中央寄りであったことがはっきりわかりますね。



フロジノーネの積極性とその代償

 対するフロジノーネは僕の想定以上にパスを繋いでアグレッシブに攻めてきた印象です。
 中盤のマイエッロやクリセティグをしっかり経由しつつ、サイドに展開してクロスを上げたり相手CB―SB間にロングボールを蹴り込んだりと、場当たり的ではなくある程度狙いを感じる攻めを見せていました。

 また、守備においてもボローニャ対ミラン戦のボローニャほどガッツリ引いて守るわけではなく、中盤でボールを奪おうとする意図が感じられました(VAR判定により幻のゴールとなったあのカウンター攻撃のシーンも、中盤でボールを奪ったところから始まりましたね)。

 しかしその裏返しとして、DFラインと中盤の間に結構なスペースが生じることが多々ありましたし、ミラン側はそのスペースをチャルハノール、カスティジェホ、イグアインなどが利用してチャンスを作るシーンも見られましたね。



一進一退の攻防

 試合展開についてですが、ミランがのろのろとポゼッションし、フロジノーネがカウンターを中心にチャンスを作るというのが前後半においておおむね見られた形です。

 ミランは主に個人技でチャンスを作り出すシーンが多々あったものの決めきれず、一方のフロジノーネも先述の攻めや鋭いカウンターでゴールを狙いますが決めきれませんでした。

 終盤になりオープンな展開となったことでチャンスの質も高まり両チームが決定機を迎えましたが、ミランはイグアインが盛大に外し、一方フロジノーネの渾身のカウンターからの決定機はドンナルンマの素晴らしいセーブで防がれ万事休す。








 試合はスコアレスドローに終わりました。



まとめ

 この試合でミランはリーグ戦4試合連続ノーゴールとなったわけですが、どうやらこれは34年ぶりの出来事だそうです。

 あといくつ改善の乏しいこういった試合が続くのか…億劫になりますね。

 
 報道では、次節のSPAL戦での勝利がガットゥーゾ監督続投のための絶対条件とのこと。さらに、勝利した場合でも内容によっては解任の可能性があるそうです。

 ミランにこれ以上勝ち点3を逃す余裕などありませんから、次のSPAL戦は必勝でしょう。
 ですがこれ以上ガットゥーゾ・ミランが続くというのも好ましくない…。

 SPAL相手に辛勝するもガットゥーゾ監督は辞任(解任)というのが現状のチームにとってベストなシナリオという気が個人的にはします。

 何だかんだここまでチームを指揮してくれたガットゥーゾ監督に負けて解任という結末は悲しいですしね。


 いずれにせよSPAL戦こそは勝利を収めて欲しいと思います。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

[ 2018/12/27 19:34 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

【セリエA第17節】 ミラン対フィオレンティーナ 【マッチレポート】


スタメン


ミランフィオレンティーナ1



前半

ヴィオラのハイプレッシングとその弱点

 アウェーのヴィオラでしたが、守備時には非常にアグレッシブなプレスをかけて主導権を握ろうとする意図が見えました。

 2CBの片方に対しCFのシメオネ、両SBには両WGのミララスとキエーザ、そしてアンカーのマウリには主に右インサイドハーフのベナッシが上がってマークに付き、担当の相手がボールを持った瞬間にハイプレスをかけることでミランのビルドアップを阻害しようとしていたかなと。

 しかし特に序盤はハイプレスの連動が上手くいかず、ミランに容易にプレッシャーを突破される場面も目立ちました。

 その原因として、相手アンカー(マウリ)や時にCBのマークを担当したベナッシが空けた右サイドのスペースに対する管理ができておらず、そのスペースにいるミラン側左インサイドハーフのチャルハノールへのマークが甘かったことなどが挙げられるでしょう。

ミランフィオレンティーナ2


 これは開始序盤のシーンですが、このシーンではマウリの下がる動きにヴェレトゥとフェルナンデスの2人が対応してしまったことで中盤に大きなスペースが空いてしまいました。
 そこでドンナルンマがそのスペースに入ったチャルハノールへロングボールを出すことで容易にプレッシャーを躱し、敵陣へと侵入することができましたね。




ヴィオラのマンツーマンディフェンスとその効果

 プレスを躱されリトリートした後のヴィオラも、非常にマンツーマンかつアグレッシブな守備の意識が高かったですね。

 下がってボールを受けに来るイグアインに対してはほぼ必ずCBが付いてきましたし、下がったり中央に流れたりするWGのスソやカスティジェホに対しても対面のSBが担当スペースを放棄してまで食いついていくシーンが目立ちました。

 データ(Whoscoredより)によれば、この試合におけるヴィオラのタックル数は「29」、インターセプト数は「10」。これはミランのタックル数「18」、インターセプト数「」を大きく上回る数字であり、彼らの守備におけるアグレッシブさを裏付けるデータといえそうです。


 しかし、その分守備ラインはかなり乱れがちでしたし、ミランとしてはその空いたスペースを突くことができればよかったのですが……。序盤のカラブリア・スソの良い連携プレーが見られて以降はそういうシーンはかなり少なかったと記憶しています。

 ですから、相手のマンツーマンに近いアグレッシブな守備にかなり苦戦していた印象が強いです。特にカスティジェホは完全に沈黙していましたね…。

 

活かせないチャンス

 チャンスシーンに目を移しますと、上記の通りヴィオラの守備にはやや緩いところがあったため何度かミランがチャンスを作り出します。

 しかし、主にチャルハノールがそれらをふいにしてしまいゴールならず…。

 チャルハノールは焦りや不調もあってか、フィニッシュの局面でミスを犯してしまうシーンが頻発しました…。今回は中央付近でプレーできたこともあってチャンスには多く絡めていただけに、普段以上に彼自身の問題点が浮き彫りになってしまった印象です。


よって前半はスコアレスで終了。



後半

システム変更の弊害


 得点を奪えず痺れを切らしたミランは67分、マウリとカスティジェホに代えてクトローネとラクサールを投入し、システムを4-4-2へと変更します。

 しかし、有り体にいってこれは大失敗でした。

 まず1つ目の問題は中盤の守備力の低下です。アンカーのマウリを下げて2ボランチに変更、しかもその位置にカラブリア、チャルハノールを置くという超攻撃的もとい無謀な起用をしたことで、中盤で相手の攻撃を押し止めることが出来なくなりました。

 そして2つ目の問題として、2トップの守備がほとんど機能していなかったことです。イグアイン、クトローネは2人とも自身の背後にいる相手アンカーへの意識が極めて希薄(いわゆるカバーシャドーが出来ていない)でしたし、そのためDFラインからアンカーへと容易にパスを出されていました。

 このようにして守備が更に機能しなくなったために押し込まれてしまい、それによって攻撃にも支障をきたすというまさに悪循環を起こしてしまいました。


 そして遂に73分、カラブリアを軽々と躱したキエーザがバイタルエリアから強烈なミドルシュートをネットに突き刺し、ヴィオラが先制に成功します…。




  今のミランは一度渡してしまった流れを取り戻せるチームではありません。
その後は勝ち越しはおろか同点弾を奪うこともできずに試合終了。



まとめ

 この敗戦によりミランはリーグ戦3試合連続ノーゴール、そして順位も5位に転落ということになりました…。

 ガットゥーゾ・ミランから感じる限界についてはここ数日の記事で何度も書いているため割愛します。


 さて。次節の相手はフロジノーネです。
 19位に沈むチームではありますが、油断して勝てる相手でないことはここ最近のミランの試合内容を見れば明らかです。

 ボローニャ戦のように守備を固められた場合、果たして今のミランが得点を奪うことはできるのでしょうか…?


 内容にはあまり期待できませんが、ガットゥーゾ監督の進退が懸かった(と言われている)1戦ということもあり、結果には大注目ですね。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。


[ 2018/12/25 07:00 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

【セリエA16節】 ボローニャ対ミラン 【マッチレポート】



 この試合も前後半分けずにまとめて見ていきたいと思います。


スタメン

ボローニャミラン3


ミランのボール支配

 ボローニャの守備は前線からのハイプレスと、リトリートして5-3-2ブロックを形成して守る守備の併用。

 しかし前者についてはほとんど機能していなかったかと思います。というのも、ボローニャの2トップに対してミランがキーパー+2CB+バカヨコの4人で対応できたというのが理由の1つ。
 もう1つは、ミランのSBにボールが渡った際にプレスをかけに来るボローニャ側インサイドハーフの距離が遠く、余裕をもってボールを回せたというもの。

 そのためミランはビルドアップに関してはほとんど苦労することはなかったですね。


ミランの拙攻1 ~サイド攻撃~

 しかしポゼッションを確立するまでは良かったものの、その後の崩しのフェーズでは大苦戦するミラン。

 上記の通りボローニャは低い位置で5-3-2のブロックを形成するソリッドな守備を採用し、中央をガチガチに固めます。
 
 2トップも積極的に守備に参加。精力的に下がってボランチとの距離を狭め、中央へのパスコースを遮断していました。

 
 そのためミランはボランチから(右)サイドに展開し、そこから手詰まりになるというシーンが多く目立ちましたね。
 
 これまで当ブログでも何度か言及していますが、ミランの4-4-2システムにおけるサイド攻撃はかなり単調といいますか、個の力に依存したものとなっています。

 ボランチ及び2トップとの関係性が希薄のため、基本的にサイドハーフとSBの2人だけで崩していかなければなりません。

 この試合でもスソとカラブリアの連携で縦に突破しようと試みたシーンが見られましたが、あまり効果的とは言えませんでした。


ミランの拙攻2 ~中央大渋滞~

 時間が経つにつれ、痺れを切らしたチャルハノールとスソの両サイドハーフが中央寄りにポジショニングするシーンが目立ち始めました。

 しかし中央には既にイグアインとクトローネの2人及び相手DF陣が鎮座しており、ケシエも上がってくるため中央で大勢の選手が入り乱れる展開に…。

 サイドで起点を作って相手のDFラインを押し広げるなどといった一手間が要求される試合展開だったと思うのですが、焦りからか中央を無理矢理こじ開けようとしていた印象を受けましたね。


 それでも相手のクリアミスなどからシュートチャンスを作り出しましたが、その多くはエリア外からの苦し紛れのミドルシュート。決定機と呼べるようなチャンスはわずかでしたね。


 ミランのこの試合におけるシュートゾーンを示すデータ(Whoscoredより)によれば、何と83%がエリア外からのシュートだったそうです。

ボローニャミラン2


 また、上記の画像はこの試合におけるミランのシュート位置を図示した画像(左攻め。Whoscoredより)ですが、これを見るとバイタルエリア付近からのミドルシュートが非常に多いことがわかります。

 ミランが攻めあぐねていたという1つの証拠と言えるでしょうね。




まとめ(※少し厳しいことを言います。予めご了承ください…)


 後半からは多少の改善(トランジションを速くし、相手の守備陣が形成される前に攻め切るなど)を見せたミランでしたが、得点を奪うまでには至らずにスコアレスドローに終わりました。


 スタッツ(シュート数、パス数など)は圧倒しているものの、ミランが勝利にふさわしかったかと問われると…個人的にはそうは思えませんでしたね。


 まぁしかしこういったような試合がずーーっと続いていますし、残念なことに耐性が付きつつあります…。


 意外なことにこれでも4位をキープできている現状ですが、内容面(主に戦術面)を改善しなければ、最終節までこの座に留まれている可能性ははっきり言って限りなく低いと言わざるを得ません。
 事実、こうした足踏みを続けている間にローマやアタランタといったチームがじわりじわりと差を縮めていますからね。



 そんな中、数日後にはフィオレンティーナとの対戦が待っています。

 今の低空飛行なチーム状況に加え、次節はバカヨコとケシエが出場停止ということでかなり厳しい試合になることは間違いないでしょう。

 ヴィオラもあまり調子が良くないとはいえ、キエーザを筆頭に強力な個を備えた選手を多数擁しています。


 この短期間で戦術面の改善はほぼ不可能でしょうから、とにかく気迫や態度といったメンタル面の回復・向上に期待したいです。


 何とか勝利という特効薬を手にして欲しいと思います。



Forza Milan!

最後まで読んでいただきありがとうございました。また、厳しい言い方になってしまいすみませんでした。


[ 2018/12/20 20:26 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(2)

【EL6節】 オリンピアコス対ミラン 【マッチレポート】



 正直あまり書くこともない(書くとしてもネガティブなことばかりになってしまう)ため、前回に引き続き今回もあっさりめです。


スタメン

ミラン オリンピアコス1



前半


両チームの攻撃

 まずはオリンピアコスの攻撃について。
 彼らの主な攻撃のパターンの1つとしては、左サイドハーフのポデンスが中央側にポジショニングし、空けたスペースにサイドバックのクートリスが走りこんできてサイドからの突破を図るというもの。


 しかし全体としてみれば、後方の中央でガッチリ守備を固めるミランに対して崩し切る形はほとんど作れず、決定機にまで至るシーンはほとんどなかったですね。


 それはミランも同様でした。ミランは主に右サイドから短いパス回しで崩していこうという意図を感じましたがほとんど機能せず、チャンスの大部分はカウンターからでした。

 しかしそのカウンター攻撃も相変わらず精度が低く、決定機を作ることはほとんできませんでしたね。


 前半ははっきり言って、凡戦と呼ぶにふさわしい内容だったといって良いでしょう(今思えばその「凡戦」で十分だったわけですが…)。


後半


露呈する弱点

 相変わらずミラン前方での数的不利(2CB+ボランチのオリンピアコスと2トップのミラン)に対し何ら対策を講じずに軽々とボールを前進させられ、自陣深くまで持ち込まれるミラン。

 元々後方でどっしり構えてロングカウンターを狙うというプランだったのかもしれませんが、それならわざわざ守備時に2トップを前で走り回らせる必要はないと思うんですけどね…(この試合に限った話ではありませんが)。


 そうこうしている内に60分、CK時の油断を突かれ、シセに決められてミランは失点。

 その後一気に追加点を奪いに前に出るオリンピアコス。それによりスペースが空いてきたため主にカウンターからミランがチャンスを作りますが相変わらず決められず。



 これは前半のシーンではありますが、このようにとにかくミランはカウンターの精度が低いです。

 前線からの組織的プレッシングとカウンターの練度の低さ。ミランの抱えるこの2つの弱点が露呈してしまった試合でしたね…。


あっけない幕切れ


 そうこうしている内に69分、サパタのOGでオリンピアコスが追加点を奪いました

 その後、71分にCKからサパタが決めて1点差に追いついたミランでしたが81分、フォルトゥニスにPKを決められ3-1。


 試合はそのまま終了。勝ち点は並びましたが、総得失点差によりミランのGL敗退が決まりました。


まとめ


 オリンピアコス戦前までのミランの直近5試合の結果は2勝2分1敗。その1敗がユヴェントス戦だということを考えると結果は確かに出ていました。

 しかし内容に目を向ければ、どの試合もそこまで良いわけではなかったというのも事実です。

 加えて攻撃の要であるスソの欠場、経験の乏しい選手の多さ、イグアイン・チャルハノールの絶不調、ガットゥーゾ監督の試合中における修正能力の低さ(経験不足)などといった事情全てを考慮すれば、残念ながらこういう結果になってしまったのも頷けてしまいますね。

 突破して欲しかったのはもちろんですが、こうなった以上はリーグ戦に注力できるようになったとポジティブに考えるしかありません…。


 必ず4位以内に入ってもらい、来季こそ「CLで」リベンジしてもらいたいと思います。

 そのためにも、まずは次節のボローニャ戦で確実に勝利を収めて欲しいですね。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。


[ 2018/12/14 23:25 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

【セリエA15節】 ミラン対トリノ 【マッチレポート】

 

 今回は前半と後半に分けず、まとめて解説します。


スタメン

ミラン トリノ1


トリノのアグレッシブな守備

 トリノの守備は、前線からのマンツーマンでのプレッシングと、相手のポジションを強く意識したゾーン守備の併用。

 前線からのプレス時には2トップがミランの2CBを、両WB(ないし片側のインサイドハーフ)が両SBをマーク。
 そして下がっていくボランチ(主にバカヨコ)に対しては3MFの誰か1人(主にリンコン)が付いていき、残るボランチや両サイドハーフに対してはそれぞれMF、両サイドCBが対応する形が多かったです。

ミラン トリノ2



ミラン トリノ3

一例を挙げるとこのような形。


 また、リトリート後も人に強く当たりに行く姿勢は変わらず。特に中央のイグアイン、クトローネに対してはかなり厳しく当たりに行っていましたね。


 こういった守備はかなり効果的でしたし、そのためミランはポゼッションで相手を崩していくという形はほとんど作れなかったと記憶しています(特に前半)。

 ミランのチャンスは主にバカヨコ、カラブリア辺りがボールを奪取してカウンターにつながったときに訪れていましたね。



エースの乱調

 チームとして攻撃が上手くいかない試合でも、スソが個人技からチャンスを作り出すことで得点につなげることも多かった今季のミラン。
 しかしこの試合では頼みのスソも完全に沈黙してしまいました。


 データ(WhoScoredより)を参照しますと…。

ボールロスト数;7回(平均;2.4回)
パス成功率;69%(平均;81%)
キーパス数;1回(平均;2.8回)



 このように、この試合のスソは自身の平均パフォーマンスを大きく下回っていたことがわかります。


 その理由についてですが、まずトリノの守備が良かったことが挙げられます。
 スソに対しては大抵の場合、最低でも2人が厳しいマークについて自由にさせませんでしたからね。


 そしてシステムの問題も考えられます。

 スソが4-3-3の右ウィングでプレーする際はケシエ(右インサイドハーフ)、カラブリア(右SB)との距離感が良く、3人で崩す形が多く見られる一方で、4-4-2の右サイドハーフで起用された場合はカラブリア以外との関係性は相対的に希薄になっている印象です。

 そのため、今回のトリノのような実力のあるチームにアグレッシブに守られた場合にボールロストやパスミスが増えてしまったと考えられますね。

 今後このシステムを継続的に使っていくのであれば、2トップとサイドの連携を上げる必要があるように感じます。


試合展開


 最後に試合内展開について軽く触れていきます。

 序盤はトリノペース。5分にはイアゴ・ファルケがゴール目の前でヘディングシュートを放つも、ドンナルンマが片腕で止めるスーパーセーブを披露しなんとか失点ならず。



 その後はカウンターから徐々にミランがチャンスを作り始めましたが、最後の精度が悪くこちらも得点を奪えません。
 パルマ戦もそうでしたが、カウンター攻撃の形については改善の余地がたっぷりあるように思われますね。


 後半も似たような展開で試合が進み、ミランは71分にカスティジェホを投入。
 これによりほぼ機能不全に陥っていた左サイドが活性化。攻勢を強めましたがクトローネが決定機を外すなどして最後まで得点ならず。

 試合はスコアレスで終了しました。



まとめ


 今節は3位インテル、5位ラツィオが勝ち点を落としただけに勝利して差を縮め(広げ)たかったところでしたが…残念です。

 まぁ試合内容からするとどちらが勝っても(より正確にいえばどちらが負けても)おかしくありませんでしたし、勝ち点1を取れたと前向きに捉えたいですね。

 さて。次節のリーグ戦の相手はボローニャです。
 現ボローニャの監督と言えば、ミランのレジェンド選手にして監督を務めた経験もあるフィリッポ・インザーギです。

 しかし今のボローニャは降格圏に沈み、監督の去就も騒がれるなど不調に陥っているチームですから、ピッポには悪いですがここは確実に勝利を収めるべき試合です。

 CL出場のためにも、必ず勝ち点3をもぎ取って欲しいと思います。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。



サッカーランキング

[ 2018/12/11 22:17 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

【セリエA14節】 ミラン対パルマ 【マッチレポート】



スタメン

ミラン パルマ1


前半

ミランの攻撃とパルマの守備

 前半はホームのミランがゲームを支配します。
 パルマは守備時に前線の3トップがプレスをかけに来ますがそれより後ろは積極的には来ないため、ミランは後方での数的優位を確保。
 そして主にCB、SB、インサイドハーフの3人がサイドで素早くボールを繋ぐことで敵の第一プレスを躱すことが出来ていました。

 その後は主にスソを中心に右サイドから攻めていきます。中でも右サイドのスソ、ケシエ、カラブリアの3人は昨季から頻繁に組んでいることもあり非常に連動した攻めを見せていましたね。

ミラン パルマ2



ミラン パルマ3



ミラン パルマ4




 上図は20分頃の場面。この直後にも3人でチャンスを作るなど、連係の良さを発揮しました。


 しかし、このようにしてゴール前までは比較的容易に侵入できたものの、ゴール手前で縦にも横にも非常にコンパクトな守備ブロックを敷いたパルマを崩し切るまでにはいきません。

 サイドチェンジやクロスで打開を図るものの、決定機の数自体はそれほど多くはありませんでしたね。


パルマの攻撃とミランの守備


 パルマの攻撃はいつも通り縦への意識が非常に強く、ボールを奪ったらすぐ前に前にボールを繋いでいく意図が見て取れました。

 攻撃は主にジェルヴィーニョとビアビアニの快速コンビが中心。1つの攻めの形としては、ミランDFラインの裏にロングボールを放り込み、そこへ上記の2人を走らせるというのがありました。

  しかし、そのスピードに対してミラン守備陣はしっかり対応。基本的には素早い寄せで前を向かせず、ロングボールを放り込まれても走り負けるシーンは少なかったです。

 中でもアバーテは不慣れなCBで起用されたものの、サイドのカバーリングも含め非常に安定したパフォーマンスを見せてくれました。


 ということでパルマはほとんどチャンスを作れず。前半に作り出したチャンスは1、2回だったかと思います。


 前半はスコアレスで終了。


後半

失点とシステム変更

 ミランが優勢に試合を進めていたものの、先制点を奪ったのはパルマ。
 49分、CKからイングレーゼが頭で合わせて先制。

 これによりミランはマウリに代えボリーニを投入し、システムを4-4-2に変更します。
 すると55分、パルマDFに当たってこぼれたボールをクトローネがダイレクトシュートでネットに突き刺してすぐさま同点に追いつきました。



 この得点がシステム変更による恩恵かどうかは断定できませんが、2トップに変えたことにより、クトローネへのマークが1トップ時のそれよりも疎かになったというのはあるかもしれませんね。

 さらに71分、ケシエがVARにより得たPKを冷静に決め、ミランが逆転に成功しました。




カウンター合戦

 逆転されたことで前に出ざるを得なくなったパルマは、ミラン左SBのリカロドにボールが入った瞬間に組織的にハイプレスをかけてくるようになりました。

 それにより何度か良い形でボールを奪うことに成功するものの、決定機を作るまでには至りません。

 対するミランもパルマのミス等からカウンターチャンスがいくつも到来。ケシエの推進力を中心にしてボールを一気に前線に運んで決定機を量産するものの、当のケシエがその決定機をいくつも外して得点ならず。


 やや大味な展開になりましたが、スコアは2-1から動くことなく試合終了。


まとめ

 難敵パルマを退け、ミランが3試合ぶりに勝利を収めました。
 チーム全体の献身的な守備により、相手のキーマンであるジェルヴィーニョを完全に抑え込んで交代に追い込んだ点は素晴らしかったですね。

 こうしてみると、怪我人が続出してはいるものの、健康な選手のコンディションは全体的に確実に上がっていると思いますね。
 厳しい練習の賜物でしょうか。


 逆に、この試合で露になった弱点はカウンター攻撃でしょう。
 後半に訪れた決定機の数を考えれば最低でもあと1点は欲しかったところですし、1点取れればもう少し余裕をもって試合を終えられたはずです。

 チャルハノール、ケシエはフィニッシュの判断・精度が上がればもうワンランク上のプレーヤーになれると思います。頑張って欲しいですね。



 さて。次節の相手はトリノです。
 今季のトリノは勝ちきれない試合が多く、まだイマイチ波に乗り切れていない印象を受けるチームではあります。

 しかしながらベロッティ、イアゴ・アスパス、スアリオ・メイテなど優秀な選手が多数在籍している厄介なチームであることに変わりありません。


 今節で手に入れた単独4位の座を死守するためにも、油断することなく試合に臨んで勝利を挙げてほしいと思います。


Forza Milan!



最後まで読んでいただきありがとうございました。



サッカーランキング

[ 2018/12/04 19:33 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

【EL第5節】 ミラン対デュドランジュ 【マッチレポート】


スタメン

ミラン デュドランジュ1


前半

ミランのゲーム支配

 前半中盤まではホームのミランが主導権を握ります。

 普段のミランはビルドアップの段階で相手のハイプレスに苦しめられ、主導権を握られる試合が多いのですが、この試合の相手であるデュドランジュは前からプレスをあまりかけてこないため上記のような展開になりました。


 組み立て~崩しの局面においてはイグアインやチャルハノールが積極的に中盤に下がってきてパスを引き出し、彼らを起点にボールを前進させていきます。

 その後のファイナルサードではイグアイン、クトローネ、チャルハノールの3人を中心に、短いパス交換を行って中央突破を図るというのが主な攻撃パターンでした。

ミラン デュドランジュ2


 実際のところ、序盤からバイタルエリアでイグアインやチャルハノールが積極的に鋭いシュートを放って相手ゴールを襲いましたね(上図はその一例です)。


 そのようにしてミランが一方的に攻めていると21分、カラブリアのクロスから最後はクトローネが決めてミランが先制しました。



 そして守備においても、ミランは素早いトランジションと鋭い出足によりデュドランジュを自由にさせませんでした。
 この試合が今季の初出場となったシミッチがアグレッシブにボールを奪いに行っていたのが印象的でしたね。


 というわけで、ここまでのミランはほぼ完璧だったと思います。


デュドランジュの反撃

 しかし30分頃からデュドランジュが攻勢を強め始めました。

 その理由は複数考えられます。ミランが先制点を取ったことで気が緩み、パスミスからリズムを崩し始めたことや、デュドランジュが落ち着きを取り戻し始め、ボールホルダーに厳しくチェックに行くようになったことなどでしょう。

 デュドランジュはピッチを広く使いながら1タッチ2タッチでボールを素早く回すことでミランのプレッシングを避け、2ライン間に位置する2トップの一角にパスが入ったところで攻撃スピードを加速させていた印象です。

 そして39分、CKのこぼれ球を拾ったシュトルツが見事なミドルシュートでゴールに突き刺し、デュドランジュが同点に追いつきました。


 こうして前半は1-1で終了。


後半


休めぬエース

 後半開始早々の49分、トゥルペルがゴールを決めて何とデュドランジュが逆転に成功します。

 これにより52分、すかさずミランは温存していたスソを投入し点を奪いに行きましたが、この効果は抜群でした。


 スソの投入により、普段のように右サイドから崩しにかかる形が増えたミラン。

 1つの攻めの形として、左サイドで攻撃を組み立ててからサイドチェンジし、右サイドのスソがドリブルによる仕掛けないしクロスを放り込む準備が整ったところで、3~4人がエリア付近で動き出してゴールを狙うというのがありましたね。



怒涛のゴールラッシュ

 スソが入って勢いを取り戻したミランがゴールを量産します。

 まずは66分、チャルハノールのクロスが相手のOGを誘発して同点に追いつくと、70分にはチャルハノールの地を這うロングシュートが決まりミランが逆転に成功します。







 そして76分にはFKから再び相手がOGしてしまい4点目。リードを2点に広げます。



 最後に80分、交代で入ったばかりのボリーニ(何と交代からわずか47秒!)がダメ押しとなる5点目を決め、勝負を決定づけました。




 その後はしっかり守備を固めて守り切り、ミランが5-2で勝利しました。


まとめ

 いやー…逆転されたときはどうなることかと思いましたが、しっかりと勝利を収めてくれてよかったです。この勝利でGL突破に大きく近づきました

 ちなみに、同グループのベティスとオリンピアコスの試合ではベティスが勝利を収め、一足先にGL突破を決めました。


 というわけで最終節は、オリンピアコスとGL突破をかけた一戦となります。


 ミランのGL突破の条件を見ていきますと、勝利もしくは引き分けの場合はミランの突破です。ミランの暫定勝ち点が10であるのに対し、オリンピアコスは7ですからね。

 そして敗北した場合は勝ち点が並ぶので少しややこしい話になります。

 まずスコアが0-2、1-3の場合はそれぞれアウェーゴール、総得失点差の数でオリンピアコスを下回るため敗退となります。また、3点差以上での敗戦も同様です。

 逆にいうと、それ以外のスコア(0-1、2-4など)であれば、仮に敗北してもミランがGL突破となります。


 こうして見るとミランにとってかなり有利な条件ではありますが、当然のことながら油断はできません。

 勝つつもりで試合に臨み、そして勝利を以てGL突破を決めて欲しいと思います。


Forza Milan!



最後まで読んでいただきありがとうございました。


サッカーランキング


[ 2018/11/30 19:29 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)