波乱のセリエA25節


今節は色々と上位陣に波乱や変動があったので、少し概観しようかなと

セリエA25節が終わり、3位から8位は以下のようになっています。


3インテル  47
4ミラン    45
5ローマ   44
6ラツィオ  38(※1)
7トリノ    38
8アタランタ 38

(※ラツィオは未消化試合1)




インテルが引き分けたことで、何と4位ミランとの勝ち点差が「2」となりました。
ミランが4試合連続無得点などやっていた頃からは想像もつかない状況です(笑)



続いては各上位陣の試合結果について



トリノ2-0アタランタ


トリノの2点目まで観ていましたが、アタランタにとってはやはりゴメスの欠場が痛恨でしたね。

彼は完全にチームの中心ですから、彼がいないとイリチッチの負担が増しますしチームの破壊力は大分下がるかなと。

ゴメスがいなくても組織的な崩しはできますし、実際にこの試合の前半でもトリノ相手に惜しいチャンスを作りはするんですけどね。



一方のトリノはこの試合で5試合連続のクリーンシート達成とかなり調子を上げています。

前回、CL権を争うライバルクラブとして名前は挙げていませんでしたが、今の好調ぶりと何より順位を見るに決して無視できない存在になってきました。

身体能力に長けた選手が多く、積極的にデュエルを仕掛けてくる非常にアグレッシブなチームですよね。

DFもそこまで組織的に鉄壁では(少なくとも僕の観る試合では)ないのですが、CB3人とキーパーのシリグがかなり好調なのでゴールを割らせません。


上位陣も苦戦するタイプのチームだと思いますし、個人的に今一番当たりたくないチームですね(笑)



フロジノーネ2-3ローマ

この試合は十中八九ローマが余力を残して勝つと思っていたので見逃したのですが、何と95分の劇的決勝弾で辛くも勝利をもぎ取るまさかの試合展開だったようで…。

まぁしかしこういう上手くいかない試合内容でも勝つところに今のローマの勝負強さを感じますし、インテルと並んでCL権に向けての最大のライバルであることは間違いないかなと。



フィオレンティーナ3-3インテル


この試合はインテルの3点目まで観ていました。

しかし時間的余裕がなく、また試合内容的にもまず間違いなくインテル勝利で終わると思ったので視聴を中断。

ですので結果を見て滅茶苦茶ビックリしましたが、どうやら誤審と思わしき判定によってPKを取られての3失点目だったらしいですね。


個人的に純粋な試合内容以外によって結果が左右されるのは見ていて気分が良くないですし、こういった事態を無くすためのVARだと思うのですが…。


試合内容に関していえば、イカルディ不在の影響は現時点ではそこまで感じられないかなという気がしましたね。



終わりに


まだまだシーズンは続くわけですが、ミランのCL権獲得が決して夢物語ではないと感じる今、他チームの状況や試合結果がこれまで以上に気になってしまいます(笑)


勝ち点差「1」でミランの背後に迫るローマはもちろんのこと、未消化試合の残るラツィオや好調のトリノなどが控えている状況は決して楽観視できません。


ひとまずミランには次のサッスオーロ戦とキエーヴォ戦に確実に勝利してもらい、後続のチームにプレッシャーをかけてもらいたいですね。

[ 2019/02/25 23:42 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

お知らせ&ライバルクラブについての見解



お知らせ


昨日(厳密にいうと2日前の夜)から、当ブログで変更した部分があります。

おそらくパソコンから閲覧してくださっている方はほぼ間違いなく気づいたかと思いますが……


はい、文字の大きさを変えました。


いや本当に今さらで恐縮ですし、小さい文字で相当読みにくかったと思われます。
特にパソコンからだと小さすぎて何が書いてあるか判読し辛くて仕方なかったですね。

記事の投稿自体はパソコンからやっているのですが、ブログ自体を覗くことはほとんどなかったので今まで気づきませんでした。


今までご不便をおかけして本当に申し訳ございません…。


一応細心の注意は払ったつもりですが、この変更により何らかの不都合(文字化けなど)がありましたら遠慮なくお申し付けください。


勿論それ以外でも、ブログに関する何らかの要望等ありましたらご連絡ください!




CL権を争うライバルについて


これだけで終わるのも味気ないので、今回はミランとCL権を争うライバル達の現状についての見解をそれぞれサラッと述べていこうかなと。

まずはライバルの定義ですが、ユヴェントスは間違いなく1位でしょうし、ナポリも8割方2位だと思っているのでこの2チームは除外。

というわけで、3位インテル(46)から7位ラツィオ(38)までを対象とします。ちなみにミランは勝ち点42の暫定4位です。


インテル


後半戦の失速が恒例ともいわれることもあるインテルですが、ここ2試合はパルマ・サンプドリアという難敵相手に勝利を収めて3位を堅持しています。

やや攻撃パターンに不安を抱えるものの、選手層が厚い上にDFも安定。さらに昨季は最終節までもつれたラツィオとのCL権争いを直接対決で勝ち取った経験もあることから、CL圏内は固いのではないかと思います。



懸念要素とすれば、やはりイカルディですよね。

キャプテンマークを剥奪されて以降ここまで出場機会なし。

そろそろ復帰してもおかしくないですが、モチベーションやチームメイトとの関係など、果たして騒動以前のようなパフォーマンスを発揮してくれるかどうかは未知数です。


そして仮に彼を本格的に外す選択をするとすれば、彼の能力を最大限に活かすことを目的とする今のシステムを抜本的に見直す必要に迫られるのではないでしょうか。



ローマ

シーズン序盤の絶不調から一転、4位ミランと勝ち点差「1」まで詰めてきたローマ。

ただし内容に関していえば、まだ盤石な試合運びはできていないのかなという印象です。中でも後方からのビルドアップが不安定かなと。

特にデ・ロッシがいない時にそれが顕著な気がしますね。彼がいると長距離のパスを通せるのでウイングが活きますし、おそらくチームにメンタル的に好影響も与えるので滅茶苦茶重要な選手ですよね。


後はザニオーロですね。チーム内での立場がもはや「期待の若手」から「重要な主力」にクラスアップしているように感じます。

中盤がデ・ロッシとザニオーロ、そしてクリスタンテorペッレグリーニの3人で構成したらかなり強力ですし安定するんじゃないでしょうか(4-3-3でも4-2-3-1でも)。

つまりミラニスタ的には実現して欲しくないですね(笑)



アタランタ


非常に強力な攻撃力を誇りますし、おそらく機能美という観点から言えばミランを含むCL権争いチームの中でも随一かなと。

ただ選手層はかなり心許ないですし、ゴメス・イリチッチを始め完全に替えが利かない選手が多数いる印象です。

疲労の溜まってくる終盤戦においても彼らが安定して出場し続けられるかは未知数ですし、個人的に4位以内は流石に厳しいのではないかと思います。



ラツィオ


まぁ彼らは1にも2にも怪我人の多さですよね…。

ようやく主力が復帰しつつあるので、ここからどこまで内容・結果共に巻き返せるかが重要かなと。

ラツィオとはカップ戦を含めると今季あと3試合も対戦するので、その時々にまた触れたいと思います。



まとめ


現状、4位以内に入りそうなのはインテル、ミラン、ローマの3チームでしょうね。

選手層的に劣るアタランタ、ラツィオは上記3チームに比べると少し厳しいかなと。


インテルはイカルディについての問題をどう解決するか。仮に本格的にスタメンから外す場合は彼抜きのシステムを構築できるか。

ミランはカウンターの精度を上げられるか。

ローマはビルドアップを安定させられるか。


ユヴェントス優勝は例年以上に確実視されているセリエAですが、CL権争いは混沌としていて非常に面白くなりそうです。


[ 2019/02/21 12:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(2)

ラビオ、PSGからの延長オファーを断る?



来夏に現行契約が満了となる選手の中で最も注目を集めているのがラビオです。
彼に対してはユヴェントス、バルセロナ、リヴァプールといったビッグクラブがこぞって来夏のフリーでの獲得を目指していると言われています。
そしてミランもまた、レオナルドとPSG及びラビオとの良好な関係を駆使して獲得を目指しているとのことです。

一方でPSGとしても彼ほどの選手をフリーで放出するつもりはなく、年俸800万ユーロのオファーを出したと報じられていました。

しかし『カルチョメルカートドットコム』によれば、ラビオは別のリーグへの挑戦を望んでいるためにこのオファーを断る意向だそうです


ミランはつい最近のサンプドリア戦ではシステムを4-4-2に変更したものの、それまでは一貫して4-3-3を採用してきました。
4-3-3を十分に機能させたいのであれば、今のミランには所謂「プレーメーカー」の存在が絶対に必要です。
その意味で、ラビオの加入はこれ以上ないといっても良い最高の補強になるでしょうね。


上記の通り競合クラブは多く、また金銭的にも近年の成績的にも非常に強力なクラブばかりです。
獲得の可能性は限りなく低いでしょうが、その可能性が少しでもある間は夢を見続けたいと思います。



にほんブログ村


[ 2018/10/31 22:37 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

ボヌッチ「マンチェスターの2クラブからオファーがあった」


今夏にミランからユヴェントスに復帰したボヌッチですが、ユナイテッド移籍の可能性も盛んに取り沙汰されていました。
なぜ彼はユナイテッドからのオファーを断ったのでしょうか。その理由を『The Daily Telegraph,』にて語りました。

「2016年にマンチェスター・シティからオファーを貰った。そしてシティ、ユヴェントス両クラブと話し合った結果、ユーヴェに残留してタイトルを獲り続けた方が良いと思ったんだ。」

「昨シーズン終了後にはユナイテッドからオファーがあった。だが、僕はユーヴェに戻るため、あらゆるオファーに耳を傾けることを止めたんだ。」

「ここを家のように感じているし、最大限の力が発揮できるんだ。だがミランでは上手くいかなかった。ひょっとするとその理由は、心の中でユーヴェに復帰したいと思う決意があったからかもしれない。」



…ユーヴェに復帰できてよかったですね。



にほんブログ村

[ 2018/10/23 16:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

クリシュトフ・ピョンテク代理人、多数クラブからの興味を認めるも「ジェノアで幸せ」



クリシュトフ・ピョンテクは今セリエAのジェノアで爆発しているストライカーの名である。
ここまで7試合に出場して9ゴールを記録し、セリエAのトップスコアラーとなっている。

多くのビッグクラブが彼を追っているとのことだが、最近、彼の代理人が『CalcioNapoli24』
に対し、実際の状況について答えた。

「いかなる公式オファーも届いていない。もちろんナポリからも来ていないよ。ただ、多くのクラブが彼に関心を示している。」

「彼の価値はここ3カ月で間違いなく上昇している。だが前にもいったように、我々はジェノアで幸せだ。」


スペイン紙によると、ナポリの他にも、ユベントス、インテル、ミラン、レアルマドリーがこのポーランド代表に興味を示しているという。
また、彼の現在の市場価値は4000万ユーロと報じられている。


情報ソース;calciomercato.com





にほんブログ村


[ 2018/10/19 06:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

マルキージオ父「かつてミランからのオファーがあった」

クラウディオ・マルキージオは今夏ユベントスを退団し、フリーでゼニトに移籍した。
彼には世界中からオファーが届いていたが、結局はロシアを次の目的地とした。

そんな彼の父親にして代理人でもあるステファノ・マルキージオが『トゥットスポルト』のインタビューに応じ、かつてミランから届いたメガオファーを明らかにした。

「この結末には何の後悔もしていない。3年前、クラウディオはお金を稼ぎたいならどこへでも行くことだって出来た。」

「だが2017年、彼は当時の2倍のサラリーを提示してきたミランを断った。彼の望みはユベントスでキャリアを終えることだったからね。しかしフットボール界では事情は変わっていく。」

「チームを若返らせたいというユーベ上層部の決断は理解できる。クラウディオはちょっとした郷愁を覚えているし、ユーベに残れたら最高だったかもしれない。だが、新しい生活にだって非常に満足しているんだ。」


情報ソース;calciomercato.com







にほんブログ村

[ 2018/10/12 06:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

デル・ピエロ、イグアインについて語る



元ユベントスのデル・ピエロが『スカイスポーツ』対し、ここまでのイグアインの活躍ぶりについて語った。

「ミランには彼のゴールとリーダーシップが不可欠だ。」

「イグアインが点を取ると、みんながハグをしようと駆け寄ってくる。彼がミランでいかに幸せで、チームに馴染んでいるかがよくわかるシーンだ。ユベントスに来る以前は、彼はもっと不満を口にしていた。ユーベに来て改善し、チームのためにプレーすることを学んだんだ。」

「ただ、彼はユベントスに怒っていると思う。ポジティブなシーズンを送ったにも関わらず売られたのだからね。彼はリベンジを望んでいるだろう。」

「イグアインのゴールセレブレーションに気づいたかい?腕を広げ、ハグを望んでいた。彼はミランの抱える問題を解決するためにいる。それをちゃんとわかっているだろうし、今のチームから好感触を得ているだろうね。」


情報ソース;calciomercato.com






にほんブログ村


[ 2018/10/09 06:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

ジョバンニ・シメオネ「イグアインは完璧なストライカー」



セリエAをアルゼンチンFWが席巻している。
ミランとインテルはそれぞれ、イグアイン、イカルディという強力なストライカーに導かれており、一方フィオレンティーナにもジョバンニ・シメオネがいる。

ラツィオ戦を前に、そのシメオネが『DAZN』のインタビューに応じ、彼の考えるセリエA最高のストライカーを明かした。

「イグアインはリーグで最も完璧なストライカーだ。彼はなんでもできるからね。ボールを巧みに扱い、点をとってチームを助けている。彼はちょっとした動きだけで相手DF陣を崩壊させられるんだ。」

「イカルディ?彼が点を取れないとき、人々は彼がチームを救えなかったと考える。確かにそれは事実かもしれないが、90分間絶え間なくゴールを狙うことでその埋め合わせをしているよ。」

「"シメオネ"の名は最初こそ重く感じたけど、今は違う。いつの日か父には僕の監督をやって欲しいと思っているよ。」


情報ソース;スカイ・スポーツ・イタリア








にほんブログ村
[ 2018/10/05 14:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

デ・ゼルビ、ロカテッリの成長を確信


サッスオーロのデ・ゼルビ監督はミランのロカテッリ放出について、大きな間違いだったと考えているようだ。

「ミランは我々にロカテッリを売却したが、私は彼が将来トッププレーヤーに成長する存在だと信じている。彼は20歳だ。ひょっとしたら(売却は)間違いだったのかもしれないよ。」

ロカテッリはミランの下部組織で成長し、今夏に1000万ユーロでの買取義務付きでサッスオーロに加入。出場時間によっては、移籍金は更に200万ユーロ増えることになる。

元ミランのこの選手は、今季セリエAで既に5試合に出場している。


情報ソース;calciomercato.com




ロカテッリの放出は本当に残念ですが、仮にミランに残っていたとしても今のような出場機会が得られてはないでしょうから、まぁ仕方ないですね…。

縦パスの精度も思い切りの良さも格段に成長しているように感じましたし、当面の課題は守備力(特に危険察知能力)ですかね。まぁ今回の試合では非常に助かりましたが(笑)

移籍しても好きな選手ということには変わりないですし、これからもっともっと成長してほしいです。






にほんブログ村

[ 2018/10/03 06:30 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

プリンス・ボアテング、ケシエとの「衝突」について釈明


ミラン対サッスオーロの一戦は、ミランが4得点を挙げて大勝した。

元ミランのプリンス・ボアテングはこの試合で先発したが、大きなインパクトを残すことができなかった。
そして唯一議論の的となったのが、フランク・ケシエとの衝突だ。

この件について、ボアテングは自身のインスタグラムで説明した。

「タフなゲームだった。ミランにはおめでとうと言いたい。」
「時に、僕はピッチ上で感情的になってしまった。でも、ケシエには愛情しかないよ。」


情報ソース;calciomercato.com


多少の小競り合いは、試合を盛り上がらせる一種のスパイスとしてアリかなーと個人的には思っています。





にほんブログ村

[ 2018/10/02 13:29 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)