ミランのCL権獲得のための条件について



今季のセリエAも37節を消化し、いよいよ今週末に最終節を迎えます。

前節を終えた段階での3位~6位のチーム及びその獲得勝ち点は以下の通りです。


3位 アタランタ 66
4位 インテル 66
5位 ミラン 65
6位 ローマ 63




前節でアタランタとインテルが勝ち点を落としたため、彼らとの勝ち点差は「1」となりました。
できればアタランタとは勝ち点で並びたかったんですけどね。



というわけで既知の方も多いとは思いますが、今回はミランの逆転4位以内フィニッシュのための条件を見ていこうかなと。



ミラン勝利の場合

ミランが最終節に勝利した場合、アタランタ、インテルの片方もしくは両方引き分け以下でミランの4位以上が確定します。

最もシンプルかつ現実的なシナリオですね。



ミラン引き分けの場合

これが非常に面倒くさい(笑)

まず、ミランが引き分けた場合でも4位に入れる条件を列挙しますと・・・

Ⅰ)インテル引き分け以上、かつ、アタランタ敗北

Ⅱ)インテル、アタランタ敗北、かつ、ローマ勝利


この2つです(多分。笑)

Ⅰについてですが、この場合インテルの勝ち点は「67以上」となり3位、そしてミランとアタランタ(と場合によってはローマ)が勝ち点「66」で並びます。


そうしますと、順位決定方法は「当該チーム間の直接対決の結果」ですので、ミランが優越し4位になれます(ローマを含む3チームが並んだ場合も同様)。


次にⅡについてですが、この場合は4チームが勝ち点「66」で仲良く並びます。
そして上記の順位決定方式を当てはめますと、インテルとミランがそれぞれ3位、4位ということになるわけです(インテル2勝3分1敗、ミラン2勝2分2敗、アタランタ1勝4分1敗、ローマ0勝5分1敗のため)。


つまりⅡの場合はローマの勝利が極めて重要です。
例えばインテル、アタランタが負けたけどローマも勝てず、ミラン、インテル、アタランタの3チームが勝ち点で並ぶだけだと条件を満たせずミランが5位となりますからね・・・。



ミラン敗北の場合

ミランが負けた場合、言うまでもなくその時点で5位以下確定です。

ローマが勝利した場合は6位転落ですね。



まとめ

ここまでミランが4位内に入るための様々な条件を見てきたわけですが、実質的に勝利が絶対条件といえますね。

そして個人的には、ミランがCL権を獲るとしたら①の中でも「ミラン勝利、かつ、インテル引き分け以下」という状況しかないかなーと。


今のアタランタがサッスオーロ相手に不覚を取るとはどうしても思えないですからね。

多分サッスオーロ側も得点は取れるでしょうが、それ以上にアタランタにボコられる気がしてなりませんし、おそらくスコアは3-1とかになるのではないかと。

万が一あるとすれば引き分けでしょうね。



一方、インテルの相手はエンポリ。
このチームは降格決定的といった状況から一転、直近3試合で全勝を収めて残留圏内である17位に浮上しました。

15位 フィオレンティーナ 40
16位 ウディネーゼ 40
17位 エンポリ 38
18位 ジェノア 37



残留を自らの手で決めるためにも最終節はモチベーションマックスで挑むでしょうし、最近の好調ぶりを考えると非常に厄介なチームですね。

まぁそうは言ってもモチベーションが高いという点においてはインテルも一緒ですし、ホーム開催ということもあってインテル優位であることは間違いないでしょうけどね。



最後になりますが、彼らの試合結果と同じくらい気がかりなのはミランの試合です。
対戦相手のSPALは既に残留を決めており、本来であれば楽に勝つべき試合なわけですが、前節のフロジノーネ戦の有様を見るに微塵も安心できません。


仮に2チームのどちらかがコケてくれても、ミランがそれにお付き合いしたら全て台無しですからね・・・。


早々に2、3点決めてもらって、他会場の結果の方を気にする余裕を作らせてほしいですがどうなるか・・・。



今季のセリエA最終節はほとんどの試合が見逃せません。
白熱のCL権・残留争いの結末を必ず見届けましょう!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/23 19:30 ] 他クラブ | TB(-) | CM(2)

ミランのCL権獲得の可能性は?

早いもので、今シーズンのセリエAは残り2試合を残すのみとなりました。

1位と2位は既に決まっているものの、CL圏内となる3・4位は未だ数チームにより争われています。


37節終了時点における3位から6位のチームと勝ち点は以下のようになっています。

3位 インテル 66
4位 アタランタ 65
5位 ミラン 62
6位 ローマ 62




今回は、ライバルチームの残りの対戦相手について言及しつつ、ミランの逆転4位フィニッシュの可能性について探っていこうかなと。


ローマ→サッスオーロ(A)、パルマ(H)

比較的楽な対戦相手です(※「A」はアウェー、「H」はホームでの試合という意味)。

最近のサッスオーロは引き分けが多く、最近では絶不調ヴィオラや最下位キエーヴォ辺りにしか勝てていません。
プレースタイル的にもローマにとっては御しやすい相手でしょう。


パルマも同様に引き分けが多い。ただ彼らは場合によっては最終節まで残留が決定できず、最終節ではモチベーションマックスで挑んでくる可能性もありますね。



まぁいずれにせよ、ミランが全勝するという前提であればローマの結果は気にする必要はありません。

直接対決の結果でミランがローマに勝ち越している以上、ミランが全勝すれば抜かれることはないですからね(ミラン、ローマ、もう1チームの計3チームが同一勝ち点で並んだ場合も同様)。



ミラン→フロジノーネ(H)、SPAL(A)

以前既に言及しているため割愛。

4位フィニッシュには全勝が絶対条件になるでしょうね。

今回もミランが全勝であることを前提に話を進めています。



アタランタ→ユヴェントス(A)、サッスオーロ(H)

とにもかくにもアウェーのユヴェントス戦。これに尽きます。

水曜日にコッパ・イタリア決勝を戦う彼らは中3日でこの試合を迎えることになり、体力的には相当厳しいはず。

それに加えて相手はアウェーのユーヴェです。現在絶好調のアタランタが落とすとしたらココしかないでしょう。


しかし問題はユーヴェの調子がすこぶる悪いこと。ミランとしてはアタランタには最低でも勝ち点3を落としてもらう必要があるわけで、となればユーヴェには勝ってもらう必要があります(サッスオーロには勝つでしょうからね)。

ただ引き分けならまだしも、勝利を収められるかはかなり微妙と言わざるを得ないですね…。
何とか頑張って欲しいところです。



インテル→ナポリ(A)、エンポリ(H)

既に2位を確定しているナポリですが、今季最後のサン・パオロでの試合ですしモチベーションはそこそこあるはず。

そしてエンポリ。彼らは中々の曲者でして、直近の2戦で連勝を収め残留争いを非常に激しいものにしています(現在18位と降格圏内ですが、17位ジェノア、16位ウディネーゼとはそれぞれ勝ち点1、2差)。


彼らの残り試合はトリノ、インテルという強敵ですが、最終節まで残留の可能性を残せば最高のモチベーションでインテル戦を迎えることになりますね。

まぁモチベーションの高さはインテルも同様でしょうし、ホームですからインテル有利であることに変わりはないでしょう。


そして彼らは残り2戦で1勝できれば4位以上確定ですからね。ミランが彼らを追い抜くには最低でも勝ち点5を失ってもらう必要があるわけですが、正直あまり現実的ではないですね。



現実的なシナリオは…


こうして見ていくと、カギになる試合はやはりユヴェントス―アタランタかなと。

ここでユヴェントスが勝ち、ミランも勝てばアタランタと同勝ち点となり、直接対決の結果によりミランが4位に浮上できます。


しかしなんですが、ここで問題となり得る状況が1つ。それはミラン、アタランタ、そしてインテルが同勝ち点で並んだ場合です。


例えば、残りの2戦をミラン2勝、アタランタ1勝1敗、インテル2分で終えたとします。

その場合勝ち点は「68」で3チームが仲良く横並びとなるわけですが、そうなると順位決定方法は「3チーム間での直接対決の結果」となります。

ミランは他2チームに対し1勝1分2敗、アタランタは1勝2分1敗、インテルは2勝1分1敗です。


つまり、この場合ミランが5位となります…。


以上のことから考えると、最もシンプルかつ現実的な4位フィニッシュのシナリオはインテルとユーヴェに勝ってもらい、ミランがアタランタのみ(ローマと並んでも可)と同勝ち点で並ぶといったところでしょうか。


と言うわけで、ミラニスタの皆さんは次節だけはユヴェンティーノにもなりましょう(笑)

そしてユーヴェが勝ってくれたらインテリスタにもなりましょう(笑)



それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/14 18:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(2)

残り4戦の対戦相手の調子は?



今回は、今シーズンのミランが戦う残り4チームの状況について、主に直近の成績を参照しつつ見ていこうかなと思います。



ボローニャ


解任されたインザーギの後を継ぎ、現在はミハイロビッチが監督を務めているボローニャ。

就任直後は降格圏をさまよっていたものの、ミハイロビッチはチームを見事に立て直し、現在はセリエA残留に限りなく近づいています。


就任後の成績は7勝2分4敗。この4敗の内3敗がローマ(4位)、ユヴェントス(1位)、アタランタ(5位)と上位チーム相手である点も考慮すべきでしょう。


また内容も改善。失点しないことに重点を置き攻撃を疎かにしていたピッポ時代とは打って変わり、しっかりとプレスをかけつつボール奪取後は縦に速いサッカーを志向して得点数を大幅に増やしています(直近2試合はいずれも3得点快勝)。


残留を確実にするためにもあと1勝は欲しい彼らにとってミラン戦は重要なものとなりますし、モチベーションも十分。


つまり滅茶苦茶厄介な相手ですし、個人的にはボローニャ戦こそが残り4戦のうちでも最も厳しい試合になると思います。


幸いミランホームですし、その点がボローニャのゲームプランにどう影響するか(勝ち点1でもOKとするか)が重要になりそうです。



フィオレンティーナ


今季開幕から指揮を執っていたピオリが解任され、現在はモンテッラが新監督として指揮を執っています。

就任からここまで4戦勝ち無しと結果は出ていませんが、ユヴェントス戦などを観る限り中盤の機能性は大分改善された印象です。


またキエーザ、ムリエルという厄介極まりない選手が前線に居ることもあり、個の力だけで言えば残り4チームの中でも一番でしょう。


まぁ彼らの場合モチベーションという観点からすると大分怪しい(EL権争いからは既に脱落、降格も99%ない)ので、それが試合にどう影響するかですね。



フロジノーネ

ここ最近の彼らの試合は全く見られていないので内容については何も言えませんが、結果を見るに現在3連敗中と調子は良くなさそうです。


そしておそらくミランと戦う頃には降格が決まっているでしょうし、モチベーションという点においてもミランが有利。

残り4戦の中で一番与しやすい相手であることは間違いないと思います。



SPAL

直近5戦で3勝1分1敗とかなりの好成績を収めており、しかもローマ、ラツィオ、ユーヴェを破る大物食いぶりを披露しているSPAL。


ミランと戦う最終節までには既に残留を決めているでしょうし、モチベーションという観点からすれば上記2チームと同様でしょうが、好調であるという点は相違していますね。

また上記3チームを破ったのがいずれも自らのホームであり、この最終節もホームで開催される(つまりミランにとってはアウェー)というのも怖いところです…。



まとめ

残りの4チームはいずれも欧州カップ戦出場権を争うチームではないですし、ボローニ以外、ミランと戦う時には既に残留or降格が確定しているでしょうからモチベーションも怪しいという状況。

確かに他のCL権を争うライバルと比べると大分有利であると言えそうです。


例えばアタランタはアウェーのラツィオとユーヴェを残していますし、ローマもユーヴェを残していますからね(ユーヴェのモチベーションも未知数ですが)。



ミランとしてはボローニャ戦を乗り切れば何とか…といった印象ですが、そういう重要な試合に勝っても平気で次戦を落とすのが今季のミランなのでわかりません(笑)



自力4位はもはや不可能であるものの、残り4戦を全勝で終えられればCL権獲得の可能性は十分に残されています。


苦しい状況ではありますが、ミランには何とか維持を見せてほしいですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/03 19:30 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

混沌のセリエA CL権争い



混沌のセリエCL権争い

数日に渡って行われたセリエA33節にて、インテル、ミラン、ローマ、ラツィオというCL権を争う(アタランタを除く)クラブが軒並み勝ち点を落としたことにより、ただでさえ複雑化していた4位争いが更に混沌としたものとなりました。


以下が33節終了時点における8位までの順位表です(画像はスポーツナビ「セリエA順位表」より)。

セリエA順位表33節

4位から8位までわずか4ポイント差ということで、1試合の結果如何によって順位が大きく変動しかねない大混戦状態です。

例えば現在何とか4位をキープしているミランですが、次節の結果次第では一気にCLどころかEL出場圏外の7位転落という事態も起こり得ます。

次節の対戦相手やライバルクラブの最近の調子などを考えるとその可能性も十分にあり得るというのが怖いところです…。



次節の対戦相手は…

さて。そんなミランの次の対戦相手はトリノです。

フィジカルに優れた選手がとても多く、非常にアグレッシブなサッカーを披露する彼らはここまで堅実に勝ち点を積み重ね、ついに4位ミランと勝ち点3差という所まで詰め寄りました。


上記の順位表をもう一度見て欲しいのですが、トリノの引き分け数は14と、暫定トップ8の中で最も多い数となっています。


僕がトリノの試合を観る時の印象ですが、彼らは本当に粘り強いんですよね。
とにかくプレスが強烈でファウルも厭わないですし、戦術的に上手くいってなさそうな時でも3CBとGKシリグが滅茶苦茶固いので中々ゴールを割らせません(失点数29はリーグ3位の好成績)。

そういうしぶとさが引き分けの多さに繋がっている側面は間違いなくあると思いますし、敵としては非常に厄介なので戦いたくないチームですね(笑)


特にミランは空中戦に弱い印象がありますし、ガンガン空中戦を仕掛けてきそうなトリノとは本当に相性が悪い気がします。


次節はミラン・トリノ両チームにとって極めて重要なものとなりますし、緊張感のある面白い1戦となるのではないでしょうか。


(ミラニスタとしてはどんな酷い内容でも勝ちさえすれば良いんですけどね笑)


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/04/23 12:30 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

波乱のセリエA25節


今節は色々と上位陣に波乱や変動があったので、少し概観しようかなと

セリエA25節が終わり、3位から8位は以下のようになっています。


3インテル  47
4ミラン    45
5ローマ   44
6ラツィオ  38(※1)
7トリノ    38
8アタランタ 38

(※ラツィオは未消化試合1)




インテルが引き分けたことで、何と4位ミランとの勝ち点差が「2」となりました。
ミランが4試合連続無得点などやっていた頃からは想像もつかない状況です(笑)



続いては各上位陣の試合結果について



トリノ2-0アタランタ


トリノの2点目まで観ていましたが、アタランタにとってはやはりゴメスの欠場が痛恨でしたね。

彼は完全にチームの中心ですから、彼がいないとイリチッチの負担が増しますしチームの破壊力は大分下がるかなと。

ゴメスがいなくても組織的な崩しはできますし、実際にこの試合の前半でもトリノ相手に惜しいチャンスを作りはするんですけどね。



一方のトリノはこの試合で5試合連続のクリーンシート達成とかなり調子を上げています。

前回、CL権を争うライバルクラブとして名前は挙げていませんでしたが、今の好調ぶりと何より順位を見るに決して無視できない存在になってきました。

身体能力に長けた選手が多く、積極的にデュエルを仕掛けてくる非常にアグレッシブなチームですよね。

DFもそこまで組織的に鉄壁では(少なくとも僕の観る試合では)ないのですが、CB3人とキーパーのシリグがかなり好調なのでゴールを割らせません。


上位陣も苦戦するタイプのチームだと思いますし、個人的に今一番当たりたくないチームですね(笑)



フロジノーネ2-3ローマ

この試合は十中八九ローマが余力を残して勝つと思っていたので見逃したのですが、何と95分の劇的決勝弾で辛くも勝利をもぎ取るまさかの試合展開だったようで…。

まぁしかしこういう上手くいかない試合内容でも勝つところに今のローマの勝負強さを感じますし、インテルと並んでCL権に向けての最大のライバルであることは間違いないかなと。



フィオレンティーナ3-3インテル


この試合はインテルの3点目まで観ていました。

しかし時間的余裕がなく、また試合内容的にもまず間違いなくインテル勝利で終わると思ったので視聴を中断。

ですので結果を見て滅茶苦茶ビックリしましたが、どうやら誤審と思わしき判定によってPKを取られての3失点目だったらしいですね。


個人的に純粋な試合内容以外によって結果が左右されるのは見ていて気分が良くないですし、こういった事態を無くすためのVARだと思うのですが…。


試合内容に関していえば、イカルディ不在の影響は現時点ではそこまで感じられないかなという気がしましたね。



終わりに


まだまだシーズンは続くわけですが、ミランのCL権獲得が決して夢物語ではないと感じる今、他チームの状況や試合結果がこれまで以上に気になってしまいます(笑)


勝ち点差「1」でミランの背後に迫るローマはもちろんのこと、未消化試合の残るラツィオや好調のトリノなどが控えている状況は決して楽観視できません。


ひとまずミランには次のサッスオーロ戦とキエーヴォ戦に確実に勝利してもらい、後続のチームにプレッシャーをかけてもらいたいですね。

[ 2019/02/25 23:42 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

お知らせ&ライバルクラブについての見解



お知らせ


昨日(厳密にいうと2日前の夜)から、当ブログで変更した部分があります。

おそらくパソコンから閲覧してくださっている方はほぼ間違いなく気づいたかと思いますが……


はい、文字の大きさを変えました。


いや本当に今さらで恐縮ですし、小さい文字で相当読みにくかったと思われます。
特にパソコンからだと小さすぎて何が書いてあるか判読し辛くて仕方なかったですね。

記事の投稿自体はパソコンからやっているのですが、ブログ自体を覗くことはほとんどなかったので今まで気づきませんでした。


今までご不便をおかけして本当に申し訳ございません…。


一応細心の注意は払ったつもりですが、この変更により何らかの不都合(文字化けなど)がありましたら遠慮なくお申し付けください。


勿論それ以外でも、ブログに関する何らかの要望等ありましたらご連絡ください!




CL権を争うライバルについて


これだけで終わるのも味気ないので、今回はミランとCL権を争うライバル達の現状についての見解をそれぞれサラッと述べていこうかなと。

まずはライバルの定義ですが、ユヴェントスは間違いなく1位でしょうし、ナポリも8割方2位だと思っているのでこの2チームは除外。

というわけで、3位インテル(46)から7位ラツィオ(38)までを対象とします。ちなみにミランは勝ち点42の暫定4位です。


インテル


後半戦の失速が恒例ともいわれることもあるインテルですが、ここ2試合はパルマ・サンプドリアという難敵相手に勝利を収めて3位を堅持しています。

やや攻撃パターンに不安を抱えるものの、選手層が厚い上にDFも安定。さらに昨季は最終節までもつれたラツィオとのCL権争いを直接対決で勝ち取った経験もあることから、CL圏内は固いのではないかと思います。



懸念要素とすれば、やはりイカルディですよね。

キャプテンマークを剥奪されて以降ここまで出場機会なし。

そろそろ復帰してもおかしくないですが、モチベーションやチームメイトとの関係など、果たして騒動以前のようなパフォーマンスを発揮してくれるかどうかは未知数です。


そして仮に彼を本格的に外す選択をするとすれば、彼の能力を最大限に活かすことを目的とする今のシステムを抜本的に見直す必要に迫られるのではないでしょうか。



ローマ

シーズン序盤の絶不調から一転、4位ミランと勝ち点差「1」まで詰めてきたローマ。

ただし内容に関していえば、まだ盤石な試合運びはできていないのかなという印象です。中でも後方からのビルドアップが不安定かなと。

特にデ・ロッシがいない時にそれが顕著な気がしますね。彼がいると長距離のパスを通せるのでウイングが活きますし、おそらくチームにメンタル的に好影響も与えるので滅茶苦茶重要な選手ですよね。


後はザニオーロですね。チーム内での立場がもはや「期待の若手」から「重要な主力」にクラスアップしているように感じます。

中盤がデ・ロッシとザニオーロ、そしてクリスタンテorペッレグリーニの3人で構成したらかなり強力ですし安定するんじゃないでしょうか(4-3-3でも4-2-3-1でも)。

つまりミラニスタ的には実現して欲しくないですね(笑)



アタランタ


非常に強力な攻撃力を誇りますし、おそらく機能美という観点から言えばミランを含むCL権争いチームの中でも随一かなと。

ただ選手層はかなり心許ないですし、ゴメス・イリチッチを始め完全に替えが利かない選手が多数いる印象です。

疲労の溜まってくる終盤戦においても彼らが安定して出場し続けられるかは未知数ですし、個人的に4位以内は流石に厳しいのではないかと思います。



ラツィオ


まぁ彼らは1にも2にも怪我人の多さですよね…。

ようやく主力が復帰しつつあるので、ここからどこまで内容・結果共に巻き返せるかが重要かなと。

ラツィオとはカップ戦を含めると今季あと3試合も対戦するので、その時々にまた触れたいと思います。



まとめ


現状、4位以内に入りそうなのはインテル、ミラン、ローマの3チームでしょうね。

選手層的に劣るアタランタ、ラツィオは上記3チームに比べると少し厳しいかなと。


インテルはイカルディについての問題をどう解決するか。仮に本格的にスタメンから外す場合は彼抜きのシステムを構築できるか。

ミランはカウンターの精度を上げられるか。

ローマはビルドアップを安定させられるか。


ユヴェントス優勝は例年以上に確実視されているセリエAですが、CL権争いは混沌としていて非常に面白くなりそうです。


[ 2019/02/21 12:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(2)

ラビオ、PSGからの延長オファーを断る?



来夏に現行契約が満了となる選手の中で最も注目を集めているのがラビオです。
彼に対してはユヴェントス、バルセロナ、リヴァプールといったビッグクラブがこぞって来夏のフリーでの獲得を目指していると言われています。
そしてミランもまた、レオナルドとPSG及びラビオとの良好な関係を駆使して獲得を目指しているとのことです。

一方でPSGとしても彼ほどの選手をフリーで放出するつもりはなく、年俸800万ユーロのオファーを出したと報じられていました。

しかし『カルチョメルカートドットコム』によれば、ラビオは別のリーグへの挑戦を望んでいるためにこのオファーを断る意向だそうです


ミランはつい最近のサンプドリア戦ではシステムを4-4-2に変更したものの、それまでは一貫して4-3-3を採用してきました。
4-3-3を十分に機能させたいのであれば、今のミランには所謂「プレーメーカー」の存在が絶対に必要です。
その意味で、ラビオの加入はこれ以上ないといっても良い最高の補強になるでしょうね。


上記の通り競合クラブは多く、また金銭的にも近年の成績的にも非常に強力なクラブばかりです。
獲得の可能性は限りなく低いでしょうが、その可能性が少しでもある間は夢を見続けたいと思います。



にほんブログ村


[ 2018/10/31 22:37 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)