元ミラン監督たちの近況について



今回は、近年ミランを率いた監督たちの近況を見ていきます。


セードルフ

去年からカメルーン代表を率いていたのですが、今回行われたアフリカネーションズカップにてベスト16で敗退し、成績不振により解任されてしまいました。

ミランを去ってからも中々結果を出せていないですね…。

名選手、名監督に非ずという言葉はありますが、現役時代のあのサッカーインテリジェンスの高さを見るに、セードルフは間違いなく良い指導者になると思ったんですけどね。


まぁ引退して即ミラン監督になったのが良くなかったというか、監督としての経験を積む前にビッグクラブを率いるのは流石に無謀でしたよね。彼に任せたベルガリさんたちの責任ではありますが。


個人的に、次はセリエB辺りでみっちりと戦術面を鍛えて欲しいかなーと思っています。


インザーギ

今季はボローニャを率いて途中解任の憂き目に遭ったピッポですが、来季からはセリエBのベネヴェントを率いることになりました。

ベネヴェントというと非常に嫌なイメージが浮かぶのですが、何故だったかは忘れました(笑)


ピッポはヴェネツィア監督時代にセリエBで好成績を納めていましたし、就任先のベネヴェントは今季3位と昇格まであと一歩でした。

つまり来季こそ昇格が大いに期待されますし、早ければ来年またピッポをセリエAで観られるかもしれませんね。

彼の場合、カウンターの精度の低さが一番の問題だと思うので、ベネヴェントではその点をきっちり修正したいところですね。


ミランでも就任して数試合は素晴らしいサッカーを披露していましたし、ポテンシャル自体はあると思うので何とか頑張って欲しいです。


ミハイロビッチ

今季はピッポの後任としてボローニャに途中就任し、当時降格圏に沈んでいたチームを最終的に10位にまで引き上げました。

また、この夏の移籍市場で富安を始め多数の有望な選手を獲得するなど、来季の躍進に向け着々と準備をしています。

しかし、そんな中で先日、ミハイロビッチが会見にて自身が白血病であることを告白。

指揮は続投するとのことですが、彼にとって非常に厳しい状況となってしまいました。


個人的にミハイロビッチは大好きな監督なので本当にショックでしたし、治療に専念して欲しい気持ちもあります。


ただ本人が続投を決めた以上は信じるしかないですし、来季のミハイロビッチ・ボローニャはEL争いに食い込んでくると予想しているため、できることなら続投して素晴らしいチームを作り上げて欲しいというのも事実。


とにかく、彼の一日も早い快復を祈ります。その上で結果を残してくれたら最高ですね。



モンテッラ

今季途中からフィオレンティーナ監督に復帰したものの、結局1勝も挙げることなくシーズンを終えてしまいました。

シーズン後は退任も予想されましたが、結局は新オーナーの下で続投することに。

しかし、ここまでのところキエーザの去就問題やヴェレトゥの移籍の噂などが盛んに報じられる一方、補強の方はまだ順調とは言い難い印象です。


モンテッラはテクニカルな中盤と流動的に動けるFW(以前のヴィオラ選手でいえばG・ロッシ、ヨヴェティッチなど)がいると素晴らしいチームを作れる印象なので、とにかく中盤の補強が重要ではないでしょうか。


ところで、以前の僕はアッレグリ、コンテの次に飛躍するイタリア人監督としてモンテッラを推していたのですが、だいぶ伸び悩んでしまいましたね…。

個人的には今でも大いに期待している監督なので、慣れた地での再起に期待したいところです。


あ、でも来季のセリエA最優秀監督賞はジャンパオロがいただきます(笑)


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/17 20:14 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(2)

エル・シャーラウィ、中国移籍の可能性が浮上



現在ローマに所属する元ミランのエル・シャーラウィですが、どうやら中国の上海申花への移籍に近づいているとのこと。

当初はローマとの契約延長が有力視されていたものの、双方の提示/要求年俸が合わずに交渉が難航。

そこで上海申花が接近し、来季に契約満了を迎えるシャーラウィの獲得に動いたそうです。



シャーラウィといえばかつての12-13シーズン、イブラとシウバという攻守の要、そして多数のレジェンド選手が去ったミランに残された「希望」として大活躍。

シーズン後半戦に失速したものの、16ゴールを決める素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

しかし続く2シーズンは多数の怪我に見舞われて本領を発揮できず。

そして来る15-16シーズン開幕前、4312を主軸にチーム作りを進めることになったミハイロビッチ政権下において事実上の戦力外(インサイドハーフ起用を示唆)となりモナコへ、そしてローマへと移籍しました。


個人的に、この時に「もしもミハイロビッチの得意な戦術を使えていれば・・・」というのが今でも心残りです。

ミハは元々リトリートして強固なブロックを作り上げてからの高速カウンターを持ち味とする監督であり、サンプドリア時代ではエデル、ガッビアディーニ辺りのテクニカルだったりドリブラーだったりな選手を上手く扱ってチームを躍進させた実績がありました。

ポゼッション攻撃の際はサイドを上手く崩してからのクロスがメインですから、システムは4-2-3-1か4-3-3を好んで使います。まぁしかし攻撃(ポゼッション)の組織構築はあまり上手くはないため、単調な攻撃になりやすいという欠点はありましたけどね。


当時のミランはシャーラウィ、ニアン、チェルチ、メネズ(離脱中)といったカウンターでゴリゴリいける選手がいましたから、本来はミハの得意スタイルにガッチリ適応するはずでした。

―ー――ーバッカ(メネズ)

シャーラウィ――――ニアン(チェルチ)

クツカ(ボナベン)――――ベルトラッチ(リッカ)

―ー――――デ・ヨング

中盤より上のスタメンはこんな感じでしょうかね(システムは4-3-3)。

しかし、ベルルスコーニ会長様の意向によりシステムは4-3-1-2でポゼッションメインという、彼の得意スタイルの真逆を採用したことで、低迷(後にシステム変更して浮上しましたが時すでに遅く・・・)しただけではなくシャーラウィも手放すという最悪の結果に・・・。

それだったら始めからサッリなりジャンパオロなりを呼んでおけって話なんですけどね。
ベルルスコーニもガッリアーニも大好きな人物ですが、正直言って晩年の監督選びには疑問符の連続でした。

ミハが好き勝手できたのであれば、少なくともシャーラウィを手放すことはなかったでしょうし、エデルやガッビアディーニのように更なる飛躍的成長を遂げさせられたのではないかと・・・。



閑話休題。話がかなり逸れました(笑)

シャーラウィの中国移籍についてなのですが、個人的には止めてほしいと思います。
まだまだセリエAで通用するどころか今後全盛期を迎えるであろう時に彼のプレーを観られないというのは残念でなりませんし、今後もセリエAを盛り上げる存在としていて欲しいなぁと。


まぁ提示年俸が1600万ユーロとか言われてますし、正直これほどの額をオファーされれば揺れるのは当然だと思いますが。
ローマとしても来夏に契約が切れる彼との交渉が難航している以上、今夏に売却して利益を得るという判断は合理的ですしね。


現時点ではまだ正式に決まってはいないみたいですし、他チームのことではありますが、今後も注視していきたいと思います。
個人的には逆転残留を期待します。


追記

『Sky』によれば、どうやらシャーラウィは残留を決めたとのこと。
まさかの記事投稿して数十分後の急展開(笑)

いやー、でも本当に良かったです!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!


[ 2019/06/27 23:56 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(2)

明暗分かれた2人の元ミラン監督 ~ピッポとミハ~



はじめに

僕は基本的に元ミラン監督のその後のキャリアというのを結構気にしていて、その後の就任先のチームの試合とかよく観るんですよね。

僕のように気にしているミラニスタの方もいるかもしれないので、今回は、今季のボローニャを指揮した2人の元ミランコーチについて少し書こうかなと。



インザーギ政権

今季のボローニャはドナドーニ監督に別れを告げ、ヴェネツィアで数年に渡り結果を残したフィリッポ・インザーギを招聘しました。

採用したシステムは基本的に5-3-2。守備ではローラインかつ中央をガチガチに固めて守り、攻撃は主にロングボールを前線のサンタンデールに目がけて放り込むというもの。

組織的であればこういう戦術も個人的には好みなのですが、残念ながらピッポのボローニャはそうではなかった。


攻撃に関しては後方からのビルドアップがかなり不安定で、その多くは前線への単調なロングボールの放り込み。

何とかボールを運べた後は大勢がエリア内に入りクロスのターゲットとなりますが、逆にターゲットが多すぎてカウンターケアをお粗末にしてしまいました。

そして肝心要の(ロング)カウンター攻撃ですが、前線の組み合わせがサンタンデールとファルチネッリ(パラシオ)では機能するべくもなく・・・。



一方守備に関しては、攻撃を半ば捨ててガチガチに固めていたこともあり一定の成果は上げていましたが、3ボランチのメンバーによっては中盤が上手く機能せず、中央とサイドで相手に好き放題やられるという試合も観られました。



・・・というわけで攻守ともに不安定な組織を作り上げてしまったピッポは、就任後21試合で2勝8分11敗、16得点34失点の18位と低迷。

残留争いのライバルであったフロジノーネに4失点大敗を喫したことで、解任の憂き目に遭いました・・・。



ミハイロビッチ政権

ピッポの跡を継いだのが、こちらも元ミラン指揮官であるシニシャ・ミハイロビッチ。

かつてはローラインブロックからの堅守速攻で名を上げたわけですが、トリノでは前からアグレッシブに仕掛けるハイプレスショートカウンターを志向していましたね。


今回はどうするのかと興味津々でしたが、結論からいうとトリノ時代同様前からアグレッシブにボールを奪いに行くスタイルにチームを方針転換させました。

システムは4-2-3-1or4-3-3が基本。DFラインを上げ、ハイプレスショートカウンターで手数をかけずにゴールを狙うスタイルはチームにフィットし、ボローニャは見事に復活。


選手に関していうと、冬加入のサンソーネ、ソリアーノ、リャンコ等をすぐさまチームに組み込み、更にピッポ時代は燻っていたプルガル、オルソリーニを成長させるなど、育成面でも手腕を発揮。

そんなミハイロビッチ就任後のボローニャの成績は17戦で9勝3分5敗、32得点22失点という素晴らしい好成績。

結局のところ今季のボローニャは10位でフィニッシュ。前半戦を考えれば望外の結果と言えるのではないでしょうか。



おわりに

今のところ指導者としての手腕はピッポよりミハの方が明確に上だといえそうです。
まぁミハの方が指導歴も経験もありますしね。

今回のボローニャ立て直しにより再び評価を高めた彼は、来季のローマ、ユヴェントス次期監督候補として報道されるほどになりました。

ただ結局のところボローニャと契約延長したみたいですね。どれだけの戦力を維持し更に上乗せできるかにもよりますが、来季のボローニャは中々楽しみなチームです。



一方、ピッポは攻撃組織の構築力(特にカウンターの局面)をもう少し上げたいところですかね。ミラン監督時代も(序盤を除けば)攻撃がグダグダでしたしね。

まだまだ指導者としては若いですし、今後の成長に期待です。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/10 21:36 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(0)

元ミランCEOガッリアーニ、ミランの敗戦に「残念だ」

元ミランCEOであるアドリアーノ・ガッリアーニ氏が、先日のダービー戦について言及しました。

「ダービーは終わったが、こういった形で負けるのは誰も予想していなかった。かつてはミランのマネージャーでモンツァのファンだった私だが、今はミランのファンでモンツァのマネージャーだ。結果にはがっかりしているよ。」

「今のミランは私の友人たちが運営し、監督もしている。彼らはみんな究極のミラニスタだ。ミラネーゼにミランの哲学を持ち込んだ人物たちであり、それはすぐに戻ってくるはずさ。」


情報ソース;calciomercato.com




ちなみについ最近モンツァの監督が解任され、後任には元ミランのブロッキが就くそうです。

ブロッキはミハイロビッチ監督が途中解任されたシーズンでミランの監督となりましたが、その後チームを立て直すことができずシーズン後に解任。

モンツァでは上手くいってほしいですね。



にほんブログ村

[ 2018/10/24 10:30 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(0)

カカ「パケタは偉大な選手になる」



『Milan TV』に対し、カカがパケタや自身の将来について語った。

「パケタには輝かしい未来が待っている。偉大な視野を持った選手であり、既にブラジル代表にも招集されているね。」

「最近の彼は私やパト、ロナウジーニョ、カフー、リバウドといったミランの歴史の一部であるブラジル人選手たちと比較されているね。だが、彼の成長を妨げないように今は静観し、負担をかけ過ぎないようにしよう。私は彼が偉大な選手になると信じている。」

「レオやパオロとは話をした。確かに最近はミランに急接近していたね。だが、今は自分の子供であるルーカス(10)とイザベラ(7)の近くにいたいんだ。」

「私はスポーツマネジメントの講習を受けている。いつの日かミランで働くことができたらと願っているよ。だけど今のところはコンタクトだけであって、具体的な役割などはまだ何もない。」

「ダービーの雰囲気は独特で、特別な試合だ。私がミランのユニホームを着て初めてのゴールはインテル戦だったね。本当に幸運だった。イグアインとイカルディはいつでも試合を決定づけられるストライカーだ。」


情報ソース;calciomercato.com





にほんブログ村



[ 2018/10/16 06:00 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(0)

カッサーノ、引退を表明「悔いはない」



アントニオ・カッサーノがサッカーに別れを告げた。
数日前までは彼の新しいキャリアがエンテッラで始まるように思えたのだが、今日最後の言葉が届いた。

「友人たちへ。本当の終わりを決断する時が来た。僕にチャンスをくれたゴッツィ会長とエンテッラには感謝したい。彼らの幸運を祈る。」

「ここ数日のトレーニングで、もう僕にはトレーニングを継続的に続けていくやる気がないことに気づいた。サッカーをやるためには情熱と才能、そして何より決意が必要だが、今の僕には他にやりたいことがある。」

「すべてのチームメイト、対戦相手、監督、上層部、そして何よりファンに感謝したい。彼らなくしてサッカーは存在しないだろうからね。」

「ボールは僕に多くを与えてくれた。素晴らしい人々、偉大なチャンピオン、普通の人々…そして素晴らしい家族。僕をクレイジーにしてくれたね。」

「今だって試合を観るとうっとりする。そこには最高のゲームがある。僕の個性が違っていれば、より良いプレーをしてもっと多くの試合に勝てたかもしれないことはわかっている。」

「それでも、僕はこれまで信じられないような数多の感情を経験してきた。そして今、僕の隣には家族という唯一無二の存在がいる。後悔はないよ。」

「第二の人生を歩むときだ。僕にはこの足の助けがなくとも、何か美しいことができるということを証明しようと思う。心から感謝を。」


情報ソース;calciomercato.com





にほんブログ村

[ 2018/10/15 06:00 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(0)

カッサーノの考えるベストストライカーは?


元ミランのカッサーノが『スカイスポーツ』に対し、自身の考えるベストストライカーについて語った。

「イグアインは素晴らしい選手だ。マドリーにいた頃に彼とプレーしたけど、すぐに彼のゴールゲッターとしての才能を見抜けたよ。」

「ロナウド、ジェコも本当に偉大な選手だ。」

「だが、僕の考えるベストストライカーはイグアインとスアレスの2人だ。彼らには欠点がないし、プレースタイルが好きなんだ。」

「今まで会った中で最高の監督?戦術的な観点でいえばプランデッリかな。」


情報ソース;calciomercato.com





にほんブログ村


[ 2018/10/11 14:00 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(0)