【セリエA第12節】 ミラン対ユヴェントス 【マッチレポート】



スタメン

ミラン ユヴェントス1


前半

ユーヴェの攻撃

 試合はユヴェントスが優勢に試合を進めます。
 ユーヴェのビルドアップの中心はピャニッチとベンタンクール。特にベンタンクールは同サイドのSBカンセロと巧みにポジションチェンジをするなどしてフリーとなり、悠々とパスを出していましたね。

 ポゼッションを確立した後は、偽9番の役割を担ったディバラがミランの2ライン間にポジションを取ってパスを引き出し、崩しの起点となりました。


ミランのサイド守備の甘さ

 ユーヴェは最初の数分以降はディバラが中央、マンジュキッチが右サイドに位置する時間帯が多かったですね。空中戦に強くない左SBのリカロドに対し、高さによるアドバンテージを取るためでしょう。

 この作戦が早速功を奏し、前半8分、左サイドからのクロスにマンジュキッチが頭で合わせてゴールを奪いました。



 ここで気になったのがスソの寄せの甘さです。前日のプレビュー記事にて「両サイドの選手(スソ、チャルハノール)が守備をどれだけ精力的にこなせるか」を注目ポイントに挙げていましたが、残念ながら守備に関してはいつも通りのスソでしたね…。

ミラン ユヴェントス2


 スソはチームの攻撃の要ですので、彼を外すという選択肢はあり得ません。それに守備に奔走させるというのも合理的ではないでしょう。

 ですが4-4-2の右サイドハーフを任せる以上ある程度の守備は必須です。まして今回は格上のユヴェントスが相手。
 今までは何とかなっていた部分も、彼らが相手では流石に通用しませんでしたね。

 

ミランのシステム変更

 その後もユーヴェがディバラ、ピャニッチ、ベンタンクールを中心に中央でボールを回しながらポゼッションし、サイドからクロスを上げてチャンスを作ります。

 しかし、ミランが途中からシステムを4-3-3に変更して中盤の枚数を増やし、守備時にはソリッドな4-5-1の守備ブロックを敷いたことで、ユーヴェはそれまでよりは攻めあぐねていたかと思います。

 ミラン ユヴェントス3


 そしてボール奪取後のロングカウンターに活路を見出すと、39分にはスソがカウンターからドリブル突破し、PA内でパスを受けたイグアインがベナティアのハンドを誘ってミランがPKを奪取。
 しかしそのPKはシュチェスニーによって阻まれ得点ならず…。

 
 どちらかと言えば、これはイグアインのミスというよりもシュチェスニーが素晴らしかったと思います。



後半

後半序盤~中盤の攻防

 後半も前半からの流れを引き継いだような展開に。
 ユーヴェは前半と同様に前からのプレス(3トップでボールをサイドに誘導、そこからボールサイドのインサイドMF1人+SB1人でプレス)とリトリート(4-3-2-1or4-4-1-1)を状況に応じて使い分けており、ややペースを落としていた感じでした。

 ミランも攻めあぐねていましたし、1点リードしているのでこのままの流れでいけると考えていたのでしょうかね(実際にそうなりましたが…)。


 状況を打開したいミランはクトローネを投入して4-4-2にシステムを変更。

 これにより攻勢を強めたミランでしたが、キエッリーニ・ベナティアのCBコンビの粘り強い守備により決定機までには至らず。また、攻勢に出たことで2ライン間に大きなスペースが生まれてしまい、そこをロナウドに使われピンチを迎えるといった場面もちらほら。

 まぁどうしても点を奪わなければならないのでこれはしょうがないですね。


決定的な2点目と退場劇

 ミランが決定機を迎えられないまま試合が進むと、81分、ユヴェントスのロナウドが追加点を奪って試合を決定づけました。



 その数分後には怒りが頂点に達したイグアインが退場。




 結局、後半はほとんどチャンスを作れずに試合終了。


まとめ

 負けはしたものの、思った以上にやれた(ボコボコにされなかった)という印象です。
 ただ後半は明らかにユーヴェもペースを落としていましたし、明確な実力差は感じましたけどね。

 ようやくこの長い過密日程も一端終わり、代表ウィークに入ります。
まずは休むことのできる選手にはしっかり休んでもらいたいですね。

 しかしそれと同時に戦術面の向上をとにかくお願いしたいです。
 個人技主体のサッカーでは限界があると思うので。


 次節の相手はラツィオです。
 CL権を争うライバルクラブですし、CLのためにもこの試合は絶対に負けてはいけません。

 アウェーですし最低でも引き分け、できれば勝利を掴み取って欲しいですね。


Forza Milan!



最後まで読んでいただきありがとうございました。


[ 2018/11/13 18:57 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

ユヴェントス戦、各選手の採点&個人的寸評

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるユヴェントス戦における各選手の採点は以下の通りです。

ドンナルンマ 6
アバーテ 5
サパタ 5.5
ロマニョーリ 6.5
リカロド 5
スソ 5.5
ケシエ 6
バカヨコ 5.5
チャルハノール 5
カスティジェホ 5
イグアイン 4.5
クトローネ 6
ラクサール 5
ボリーニ 5


サパタとバカヨコはもう0.5~1点追加しても良い気がします。
完敗ですし、後の選手はおおむね妥当でしょうかね。

以下、個人的に気になった選手について少し語らせていただきます。


・リカロド

この試合ではユーヴェのプレスの出発点として狙われていた気がします。
ミランの攻撃の組み立て~崩しの局面はほとんどが右サイドからですし、そのためユーヴェとしてはミランの左サイドにボールを誘導して奪おうという意図があったかなと。


・チャルハノール

ガットゥーゾは彼を継続的に起用していますがどうにも調子が上がりません。
稀に彼らしいパスを出すシーンも見られますが、この試合のように大半の時間は消えています。

昨季後半は崩しの起点として大いに存在感を発揮していましたし、本来は継続的に試合に関与できる選手だと思うのですが…。

軽い怪我を抱えているという話もありますし、それが治れば多少は復調しますかね。


・バカヨコ

個人的にはこの試合で一番(良い意味で)目立っていたかなと思います。
パスミスや判断ミスもありましたが、持ち前のフィジカルを活かして攻守において存在感を発揮していたかなと。テクニカルなプレーも随所に見られました。

それにロングボールのターゲットとして機能しているのも良いですね。

是非ともこの調子を維持して欲しいです。

[ 2018/11/13 11:12 ] 試合 | TB(-) | CM(0)

【ユヴェントス戦】ガットゥーゾ「良いプレーをしていた時間もあった」


ミラン対ユヴェントスの一戦は0-2でユヴェントスの勝利に終わりました。

そして試合後、ミランのガットゥーゾ監督は以下のように答えました。

「言い訳をすべきではない。彼らは我々より強かった。」

「我々は自分たちのすべきことをし、試合にも入れていた。良いプレーをしていた時間帯もあったね。しかしユヴェントスは違うレベルだった。受け入れなければならない。」

「イグアインが審判に謝罪することを願う。彼は自分をコントロールする術を学ぶ必要がある。彼に多大なプレッシャーがかかっていたことはわかっているし、ああいった状況で感情を抑えることは難しいけどね。」



情報ソース;Sky Sport



正直もっと一方的に攻められると予想していたので、思ったよりは善戦できていたかなと。ユーヴェがペースを落としていたというのもあるでしょうが。

イグアインについては、プレー内容以上にあの退場にがっかりしました。

ベナティアとのあの接触でイエローの判定は確かに厳しいと思いましたし、PKを外してフラストレーションがたまっていたというのもあるでしょう。

しかし、チームのエースでありリーダーの1人であるべき選手の振る舞いではなかったと思います。次節がラツィオとの大一番であることを考えれば尚更です。

ガットゥーゾの言うように、もう少し自制心を保ってプレーして欲しいですね。


にほんブログ村



[ 2018/11/12 09:27 ] 試合 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

ユヴェントス戦スタメン予想



 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるミラン対ユヴェントスのスタメン予想は以下の通りです。



システム;4-4-2

GK;ドンナルンマ

DF;カラブリア サパタ ロマニョーリ リカロド

MF;スソ ケシエ バカヨコ チャルハノール

FW:カスティジェホ イグアイン


 この試合の注目は何といってもイグアインとボヌッチの古巣対決にあったわけですが、どうやらボヌッチはベンチスタートが濃厚とのことです。

 同紙によれば、現地ミラニスタは彼に対する”もてなし”の準備をしているとのことでしたので、それを考慮してのことでしょう。

 対するイグアインはスタメン予想。1週間前のウディネーゼ戦で途中交代し、このユヴェントス戦への出場は不透明でしたが大丈夫なようです。
 
 報道によれば、彼は相当この試合に燃えているとのことでしたので期待できますね。

 メンバー・システムについても、怪我人を考慮すればこれが現状のベストでしょう。
 
 重要なのは、守備力(守備意識)の低いスソと不調のチャルハノールの両サイドがどれだけしっかりと守備をこなせるかですね。
 怠慢な守備を行えば、ユーヴェ相手ではまず間違いなく失点します。
 守備時にはスソではなくカスティジェホが中盤のラインに入るといった対策が必要かもしれませんね。

 攻撃に関しては、組織的な攻めというよりも、絶好調のスソやリベンジに燃えるイグアインを中心とした個の爆発力に期待するしかないというのが個人的な見解です。
 「エースストライカー」であるロマニョーリにも期待したいですね(笑)



にほんブログ村


[ 2018/11/11 16:50 ] 試合 プレビュー | TB(-) | CM(0)

ガットゥーゾ「ユヴェントスは欧州最高のチーム」

 

ミランのガットゥーゾ監督がユヴェントス戦を前に、以下のように答えました。

「いかなる心配もしてはならない。我々は多くの選手が欠場するが、これまで最善のトレーニングを積んできた。怪我人の中でもムサッキオの負傷はアンラッキーなものだったね。」

「対戦相手のユヴェントスは間違いなく我々よりも強く、ヨーロッパのベストチームだ。だが、サッカーでは何が起こるかわからないよ。」

「イグアインには落ち着くよう促したよ。彼はチャンピオンだが、時にナーバスになる。チーム全員と一緒に取り組まなければならない。」

「ベナティア?私はルガーニ、キエッリーニ、ボヌッチ……ユヴェントスDF全員を気に入っているよ。」

「ロマニョーリはキャプテンマーク付けたことで責任感が芽生えた。日々成長しているが、これからもっと良くなるだろう。」

「移籍市場についてはレオナルドに訊いてくれ。それについては話さない。私は選手たちに目を向けており、彼らは私に尽くしてくれている。私がすべきことはチームを鍛えることだからね。」



情報ソース;calciomercato.com




 ユーヴェにも怪我人が続出していたようですが、ミラン戦までに多くが戻ってきたみたいですね。

 かなり厳しい戦いになるとは思いますが、ホームですしチームは間違いなく勝利を目指して戦うはずです。

 ファンとして彼らの勝利を願います。頑張って欲しいですね。



にほんブログ村

[ 2018/11/11 13:25 ] 試合 プレビュー | TB(-) | CM(0)

【EL第4節】 ベティス対ミラン 【マッチレポート】



スタメン

ベティス ミラン1


前半


ベティスのボール支配

前半は一方的なベティスのペースでしたね。
 「スタメン図」にある通り、ベティスの攻撃時のシステムは3-4-2-1。一方のミランの守備は5-3-2のミドルブロックが基本でした。

 つまり、ミランの2トップに対してベティスのCBは3人と数的優位を保っており、またミランのプレスが緩かったこともあって悠々とボールを回せていましたね。

 ポゼッションを確立した後は、ハーフウェイライン付近で3CB+両ボランチでボールを回してミランのプレスを誘発し、それにより空いたスペースへと縦パスを入れていくという形によってボールを前進させていたと思います。

ベティス ミラン2


図示するとこのような感じです。具体的に挙げたこのシーンこそ得点チャンスにはつながりませんでしたが、ベティスはこういった状況を何度も作り出していたかと思います。


ベティス ミラン3


中でも個人的に効果的だと思った前進の仕方は、右サイドに張ったカナレスにボールを預け、ミランの守備陣を左に寄せたところで左(逆)サイドに展開するという形です。
 ベティスが作った決定機はほとんどが左サイドからのものでしたし、ボリーニの守備力の低さやミランのスライド守備の甘さを突いた良い戦術だったかと。


以上のような形でベティスは完全にボールを支配していました。
 
そして13分にロ・チェルソが先制点を奪った後も、少なくとも2度は得点してもおかしくないチャンスを迎えていましたね。


ベティスの守備とミランの拙攻

 ベティスの守備組織は3-5-2が基本でしたが、中盤の3人が逆三角形型ではなく三角形型になるようポジショニングしていたシーンが多かったかなと思います。

 その狙いは相手のアンカーポジションであるバカヨコにタイトなマークをつけることにあったのでしょう。
 この守備が功を奏したのか、ミランは中央からほとんど縦パスを入れられず、そのためサイドに張るボリーニ、ラクサールの両WBにボールを預けるものの、そこから展開できずにボールを失うという場面が目立っていた印象です。

 前半でミランがチャンスを作れたのは、ベティスのCBのパスミスを拾ってカウンターに繋げたとき位のものでしたね…。



後半

システム変更の恩恵

 後半からミランはシステムを3-4-3(チャルハノールとスソの両WG)気味に変更したことで、前半とは違いサイドに張ったスソが起点となることでチャンスを作り始めます。

 一方、2ボランチとなったことや、その一角であるケシエが積極的に前線からプレスをかけに行ったことで中盤のスペースはかなり空いていました。しかし、これも前半とは違いチーム全体がアグレッシブにプレスをかけたことで相手に自由にプレーさせていませんでしたね。

 そして63分にスソが直接FKからゴールを決めましたが、そのFKも左サイドからチャルハノールのロングボールを受けたスソがドリブルを仕掛けた流れから生まれたものでした。




怪我人続出

 同点弾以降もミランが優勢に試合を進めたものの決定機には至らず。
すると80分以降に怪我人が続出。ムサッキオに代えてロマニョーリ、チャルハノールに代えてベルトラッチが入りました。

 終盤はアバーテのミス等もありベティスに惜しいチャンスを作られましたが得点には至らず。試合は1-1で終了しました。


まとめ


 前半の酷い内容を考えると、後半に立ち直って同点弾を奪い、引き分けで終わったというのは評価すべきでしょう。過密日程ですしね。

 3バックについてですが、あまり機能していないのでやめた方が良いのではないかというのが率直な感想です。
 個人的に3バックのメリットとして、CBがDFラインから積極的に飛び出せるというのがあると思うのですが、ミランはラインの維持を重視しているのか、あまりそういった場面が多くありません。

 そのため相手に中盤のスペースを良いように使われ、押し込まれるといった展開がジェノア戦同様この試合でも見られました。

 また、3バックだとスソの置き所がイマイチ定まらないという問題もあります。この試合の後半のように3-4-3気味にして右ウィングに配置するのがベターかもしれませんが、これだと守備が(普段よりもさらに)脆くなってしまうんですよね…。


 さて。次節のELはホームでのデュドランジュ戦です。
 間違いなく格下の相手ではありますが、前回の対戦では苦戦を強いられています。決して油断してはならないでしょう。

 この試合では確実に勝利を収め、最終節の大一番であるオリンピアコス戦に臨みたいですね。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。


[ 2018/11/09 23:32 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

【ベティス戦】ガットゥーゾ「後半から改善した」


日本時間で今朝行われたベティス対ミランの一戦は、1-1で引き分けに終わりました。

そして試合後、ガットゥーゾ監督は以下のように答えました。

「我々は相手を過剰に恐れていた。前半はWBが下がり過ぎていて、ほとんど押し上げられなかった。その後システムを3-4-3に変更してからずっと良くなったね。」

「(怪我人について)明日、何人の選手が我々に残っているか数えなければならない。」

「3人のMFがいる方が2人のときよりも後方からビルドアップしやすいことがある。しかし、前半は流動性に欠けていた。後半からは自信を取り戻し、良いパス回しが見られたね。」


情報ソース;Sky Sport




前半しか観られませんでしたが、非常に悪い内容でしたね…。
後半からは良くなったようですし、実際に点も取っていますから後で確認してみます。

元々内容についてはあまり期待していなかったので、とりあえず引き分けという最低限の結果が得られたのは良かったかなと思います。


にほんブログ村



[ 2018/11/09 10:21 ] 試合 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

ベティス戦スタメン予想



『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるベティス対ミランのスタメン予想は以下の通りです。



システム;3-5-1-1
GK;レイナ
DF;ムサッキオ サパタ リカロド
MF;ボリーニ ケシエ バカヨコ チャルハノール ラクサール スソ
FW;クトローネ

 まず注目はシステム。予想だと3バックになっていますね。
 
 しかし予想メンバーを見るに、ボリーニとリカロドを両SB、スソを右に回してチャルハノールをトップ下に置いた4-2-3-1の可能性もゼロではないかなと。ボリーニは基本的にサイドであればどこでも使われますからね(笑)

 そしてもう1つの注目は、キャプテンのロマニョーリがベンチスタート予想というところですね。
 中2日でユヴェントス戦がありますし、彼はここまで出ずっぱりだったので休ませるのは妥当でしょうかね。

 しかしそれ以外のメンバーは現状起用できるベストメンバーだと思いますし、このことからもガットゥーゾ監督のこの試合に対する意気込みを感じますね。

 過密日程ですし厳しい試合になると思いますが、なんとか勝利を収めてほしいですね。



にほんブログ村

[ 2018/11/08 21:50 ] 試合 プレビュー | TB(-) | CM(0)

ガットゥーゾ「ベティスには勇気を持って挑む」



ベティス戦を前に、ミランのガットゥーゾ監督は以下のように語りました。

「怪我人は多いが言い訳はしない。ベティスには勇気を持って挑まなければならない。彼らをリスペクトしているが、我々は自分たちのサッカーをしなければならないね。」

「(3バックを採用するか?)戦術についての話はしたくない。数字やシステムは問題じゃない。」

「我々は自分たちが手堅いチームであることを示す必要がある。いつものようにプレーしないかもしれないが、いずれにせよ私が見たいのは安定感と組織力だ。」

「前回のベティス戦は悪かった。彼らを過小評価していたわけではなかったがね。今回はとても情熱的なスタジアムで厄介なチームと戦うことになる。前回とは異なるパフォーマンスを発揮することを願うよ。」




前回のベティス戦はダービー戦敗北のショックを引きずっていたからか、非常に悪いパフォーマンスでしたね。

高いテクニックを備えたスペインのクラブ、それもELに出てくるレベルの相手に対してあのようなパフォーマンスでは勝つのは難しいでしょう。

内容はさておき、ミランは現在3連勝と勢いに乗っています。
ガットゥーゾも言っていますが、前回とは異なるパフォーマンスを発揮して勝利を収めて欲しいですね。



にほんブログ村



[ 2018/11/08 09:54 ] 試合 プレビュー | TB(-) | CM(0)

【セリエA第11節】 ウディネーゼ対ミラン 【マッチレポート】


スタメン

ウディネーゼ ミラン1


前半

ミランの攻撃とウディネーゼの守備

ミランの攻撃は丁寧なビルドアップで相手のプレスを交わし(この試合のウディネーゼのプレスはさほど脅威ではありませんでした)、サイド深くまでボールを運んでSHとSBの連携を中心に崩していくというもの
 また、時にはイグアインが下がって中央エリアでボールを引き出していました(負傷交代後はその役割をそのままカスティジェホが担当)。

 対するウディネーゼは5-3-2のミドルブロックを基本にしつつ、時には(ゴールキック時など)前からプレスを仕掛けに行くという守備戦術。
 ミランのサイド攻撃に対してはボールサイドのインサイドハーフとWBが基本的に対応し、場合によってはCBが飛び出していくことでミランに対し数的同数~優位を形成していましたかと思います。


ウディネーゼの攻撃とミランのライン間

 ウディネーゼの攻撃はサイドを起点にし、そこから中央の2トップにボールを入れていくというもの。シンプルではありますがこれが結構効いていました。

 ミランの守備は4-4-2のミドルブロックが基本でしたが、特に右サイドのスソとアバーテの位置がかなり脆く、その周辺からチャンスに繋げていたかと思います。プセットやデ・パウルのミドルシュートは強烈でしたね。

 そしてもう1つ強調しておきたいのが、DFラインと中盤の間がかなり空いていたということです。

ウディネーゼ ミラン2


 上図は前半の中盤にあったその典型的なシーンですが、いとも容易くライン間にパスを通してしまっており、この流れから惜しいチャンスを作られてしまっています。

 思うに、誰がボールホルダーにチェックに行くのか、そして、ある場合においてラインの高さは維持するのか下げるのか、ボランチはスペースを埋めるのか相手に付くのかといった約束事がまだチーム全体に浸透できていないのかなと。

 個人的にはDFラインを下げるタイミングをもう少し遅らせてもいい気がしますね。



試合展開

 試合展開に目を向けますと、後半もそうでしたが一進一退の攻防だったということが出来るかと思います。

 ミランはスソやクトローネが何度かいい形でシュートを打ちましたが決めきれず。
対するウディネーゼもミドルシュートやダイレクトシュートを中心にゴールを襲いましたが無得点に終わりました。


後半


カスティジェホの躍動とウディネーゼのミス

 試合の流れは上述の通り一進一退といった感じでしたが、個の選手に目を向けますと途中から入ったカスティジェホが躍動してくれました。

 ビルドアップの際には相手のライン間でボールを引き出してチームを前進させ、フィニッシュの局面では惜しいミドルシュートやラストパスを供給。守備にも献身的に走るなど精力的な動きでチームを勢い付けていましたね。

 また、押し込まれ気味のウディネーゼはビルドアップの場面でパスミスを連発し、ミランはカウンターからもチャンスを作っていきました。


最高のカピターノ

 スソがカスティジェホのパスから完璧な決定機を迎えるも決めきれず、気づけば試合はスコアレスでアディショナルタイムに突入。ウディネーゼはCBを投入するなどして引き分け上等という感じでした。

 しかし97分、相手のボールを奪ったミランが決死のカウンター。最後はカピターノであるロマニョーリが左足を振りぬきネットを揺らしました。



 当初はオフサイドということであわやノーゴールとなりかけましたが、VAR様により判定が覆りゴールが認められました。



どう見てもオンサイドですね。なぜこれでオフサイド判定したのか…。


とにもかくにも試合はこれで終了。劇的な幕切れでしたね。


まとめ

 前節に引き続き、劇的な決勝ゴールでミランが勝利しました。
 そして何よりクリーンシートで終えられたというのが嬉しいですね。

 内容に関してはまだまだですが、過密日程や怪我人の多さを考えれば勝利だけで御の字でしょう。

 また、バカヨコやカスティジェホといった控え選手が良いプレーを見せたというのは朗報ですね。
 特にバカヨコはビリアの離脱により、今後はスタメンで出る機会が間違いなく増えますから、この調子を維持してほしいですね。

 さて、ELのベティス戦を挟み、いよいよ次節はユヴェントス戦です。
 引き分けすら極めて難しいとは思いますが、逆に考えるとこの試合に引き分けあわよくば勝利なんてことになればチームは間違いなく勢いに乗るでしょう。期待したいですね。


Forza Milan!
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。



[ 2018/11/07 02:02 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)