【セリエA38節】 SPAL対ミラン 【マッチレポート】



スタメン

SPALミラン1


前半

序盤の攻防

まずは前プレを仕掛け、躱されたらローラインブロックのSPAL。

しかしSPALの中盤は結構バラバラ(ライン揃わず、スライドも遅い。)のため、ミランとしては相手を押し込んだら大体チャンスまでは持っていけます。

そして今日のミランは縦への意識が強いため、普段よりは良い。
奪ったらピョンテクやスソに素早くボールを入れていき、カウンター気味の攻撃からチャンスを作っていく。



中盤の攻防

SPALは予想通り右サイドを中心に攻め、前線のペターニャにボールを当ててきますがロマニョーリがしっかりと回収。
流石の安定感。

一方のミランはここ最近のような右サイド偏重ではなく、左も使っていく。
SPALが右サイド攻めメインなので、そのままサイドを変えずに攻めていこうというのもあったんでしょうかね。

また懸念のリカロドでしたが、今日はキック精度が中々キレており好調っぽいです。


すると18分、ケシエのクロスにチャルハノールが合わせてミランが先制!0-1。


20分、ドンナルンマ負傷、レイナに交代。

まさかの展開。軽傷を祈ります。


しかし試合は23分、リカロドの縦パスがケシエへと渡り、ケシエが強烈なシュートを叩き込んでミランが追加点!0-2


SPALの守備はかなり酷いですね。
これはあと1、2点いけるかもしれません。


・・・とか書いていたら28分、セットプレーからヴィカーリに決められ1-2。
ワンチャンスをモノにされてしまいました・・・。



終盤の攻防

チャンスは少なめに。

バタバタだったSPALの守備が落ち着いてきたっていうのと、イケイケだったミランが失点して消極的になったという2つの原因があるかなーと。

まぁ元々ミランの攻撃も抜群に良かったわけではないですしね。

何度かカウンターからチャンスを作りかけますが上手くいかず。やはりウインガーがボリーニでは中々ボールを運べないですね。


そんな中、終盤に突如乱れる映像。流れる「しばらくお待ちください」の文字(笑)


前半はそのまま1-2で終了。



後半

序盤の攻防

前半から前プレを継続的にやっていたミランでしたが、後半序盤もハイプレスで奪いに行く。

SPALは前半から繋ぐ意識が強く容易に放り込んでは来ないため、奪えればチャンスの一方躱されると危ないですがどうなるか・・・。
ミランはハイプレス上手くないですしね(最近はリトリート後の守備も不味いですが・・・)。

お互いアグレッシブなため落ち着かない展開に。ミランは中々良い形でボールを奪えない。


すると53分、右サイドからのクロスをファレスに頭で合わせられSPAL同点。2-2。

あー・・・。SPAL得意の右サイドからやられました。



中盤の攻防

63分、アバーテ→クトローネ。2トップに変更。

するとその直後の64分、ピョンテクがPKを獲得。

66分、そのPKをケシエが決めてミラン逆転!2-3。


その後クトローネを左WGに置き、ピョンテク以外が下がって4-5で守備を固める。

今のチームでは4-4だと心許ないため悪くない采配(守備面だけを考えれば)かなーと最初は思ったのですが、それでも守備が緩い。
容易に縦パスは通され、クロスは上げられ、主に右サイドからチャンスを作られるミラン。

リカロドはコンディション自体は良さそうでしたが、ポジショニングが悪いかなーと。
チャルハノールもちょっと前掛かりになり過ぎていたかなと。



終盤の攻防

79分、ボリーニ→コンティ
ボリーニはエアバトルを仕掛けられたり裏突かれて走らされたりで疲弊。足も攣っていました。


SPALはヤンコビッチ、フロッカリなど攻撃的選手を入れてスクランブル攻撃へ。

時にフロッカリがアクセントを加えつつ、右サイドから徹底的に放り込んでいく。

一方のミランは何度かカウンターチャンスを迎えるがモノにできず。


終盤も何度かピンチがありヒヤリとしましたが、試合はそのまま終了。2-3。



まとめ

辛勝を収め、4連勝でシーズンを終えました。

確かに結果だけ見れば素晴らしいわけですが、試合内容に関しては決して褒められたものでなかったのも事実。

相手も相手でしたしね。


この4試合の内容を根拠に来季の監督続投を決められようものなら極めて納得し辛いものがありますが・・・とりあえずは様子見ですね。


いずれにせよ来季は内容、結果共に改善することを望みます。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/27 21:33 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(0)

Arrivederci CL...


ミラン対SPALの一戦は、2-3でアウェーのミランが勝利を収めました。

しかし、他会場のインテル対エンポリ、アタランタ対サッスオーロがそれぞれインテル、アタランタ勝利に終わったためミランはCL
圏外となる5位でシーズンを終えることとなりました。


外出前に今の思いを少しぶちまけようかなと。


まずは選手たちにお疲れ様でした、と。
疲れた体をしっかりと癒し、来シーズンに向けて充電して欲しいと思います。


そして監督も今までお疲れ様でした。
彼曰く「5位は失敗じゃない」らしいですし良かったですね。
来シーズンは別のクラブで頑張ってください。

まぁ僕は4位以内に入って欲しかったですし、『ELグループリーグ敗退、コッパ・イタリア準決勝敗退、リーグ戦5位』という今季の成績が「失敗ではなかった」とはとても思えませんけどね。


「クラブからCLを求められたことはない」とか言っていたそうですが本当ですかね。
スカローニ会長なんかはしきりにCLCL言っていた気がするんですけどね。



まぁいずれにせよ、CL権を獲れなかったということで主力の放出が不可避な状況となりました。

多額の移籍金を残せるであろうドンナルンマ、ロマニョーリ(ただし移籍金のいくらかはローマ行き)、少し値は下がるが買い手が見つかりそうなスソ、ケシエ、チャルハノール、クトローネ辺りが大好きって方は覚悟しておいた方が良いかもしれないですね。僕も滅茶苦茶辛いです。

それとバカヨコの買取はほぼ絶望的でしょう。


はぁ。


年明けから3月頃までは順調だったんですけどねー。

ミラノダービー敗戦辺りから大崩れしましたね。
それ以前は9人でガッチガチに守って崩しはパケタ様、得点はピョンテク様お願いしますといったサッカーで安定した勝ち点を取っていたのに、以後は中途半端に攻め始めてどっちつかずのサッカーになりましたしね。

まぁいずれにせよロングカウンターがまるで機能していませんでしたし、ピョンテクの疲労蓄積と共にチームの調子は落ちていったでしょうが。
守備的な戦術なのにカウンターが機能しないってセリエA(に限らないですが)じゃかなり致命的ですからね。

ただ逆に言えば、あの守備をベースにカウンターの練度を磨いて上乗せしていれば今よりも安定した戦いができたとは思います。



ふう。


とりあえず頭に思い浮かんだことを書きなぐっていたら2割ほど心のモヤモヤが晴れました(笑)

時間もなくなってきたのでひとまずはこの辺にしておきます。

SPAL戦のマッチレポートは昼間か、遅くとも今日中には上げる予定です。といっても試合中に書いたメモをそのままのっけるだけのいつもの奴ですが。



おそらく相当の心的ダメージを負ったミラニスタの方もいると思いますが、心を強く持って頑張りましょう。

ストレスのやばい方は(他人にできるだけ迷惑をかけない範囲で)しっかりと発散しましょう。

僕のように、今抱えている気持ちをどこかで(一線を越えない程度に)書き殴るというのも1つの手段です。
何なら当ブログのコメント欄に書いてくださっても構いません(笑)



最後に。総合的には「失敗」と感じてしまう18-19シーズンでしたが、だからといってこのシーズンで味わった感動や興奮、何より監督・選手たちの頑張りといったものすべてを否定するつもりは毛頭ございません。

ですので、落ち着いたら冷静に今季の良かったところでも振り返っていこうと思います。


今回はこの辺で。

来季以降もよろしくお願いいたします!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/27 07:38 ] 試合 | TB(-) | CM(8)

SPAL戦プレビュー



今回は、日本時間で明後日の深夜3時30分に行われるSPAL戦のプレビューを行います。


予想スタメン

システム;4-3ー3

GK;ドンナルンマ

DF;アバーテ ムサッキオ ロマニョーリ ロドリゲス

MF;ケシエ バカヨコ チャルハノール

FW;スソ ピョンテク ボリーニ


いつも通りのメンバー(『Sky』より)。

ここにきて変えたら逆に驚きですし、無難ですが良いと思います。



直近成績

SPAL;2勝1分2敗 12得点 8失点
ミラン;3勝0分2敗 5得点 4失点




得点も多いが失点も多いというSPAL。

なお、両チームの直近3試合における直接対決の結果はミランの全勝です。
相性は良い相手と言えそうです。




試合展開・結果予想

おそらくポゼッション率はおおよそ5分5分になるのではないかと。

まず序盤はSPALが激しい前プレを仕掛けてくると思うので、自陣深くでボールを奪われないように注意するというのが1つのポイント。

次に攻撃に関しては、いつも通り右サイドのスソからの放り込み戦術でしょうが、今回に限って言えば好都合でしょうかね。

というのも、SPALって結構放り込みとかセットプレーに弱いんですよね。
例えば彼らは前節のウディネーゼ戦で3失点を喫したわけですが、そのいずれもセットプレーからの失点ですからね(ちなみに3失点目の仕方が2失点目のリプレイ映像かと見紛うほど似通っていて面白いので、未見の方は是非。笑)

また、サイドからのクロスに際し、ファーサイドの管理が若干杜撰になる印象なので、スソのクロス→逆サイドから飛び出したボリーニがファーで合わせるといった形はかなり有効ではないかなと。


一方守備に関してですが、SPALは右サイドからのクロスを主軸に攻めてくる(この点においてミランと似ていますが、ミランよりもずっと組織的)ので、ミラン側左サイドのリカロド、チャルハノール、ボリーニ辺りの守備貢献はいつも以上に求められるでしょう。

特にリカロドは好不調の波が大きいですからね。好調の日であることを祈るしかないです。


また、クロスを入れられる場合ももちろんあるでしょうが、その際は相手へのマークを外すことなく、ロマニョーリを中心にきっちりと弾き返し続けてほしいですね。



最後に結果予想ですが、1-2でミラン勝利という結果になるのではないかと。
ミランが2点を先取し、猛攻を仕掛けてきたSPALが1点を返すも追撃及ばず・・・といった試合展開を妄想もとい予想しています(笑)



さて。泣いても笑ってもこの一戦が今季のラストゲームであり、逆転での4位フィニッシュを果たすためには勝利がほぼ間違いなく必要です。

チームには全身全霊をかけてこの試合に臨んでもらい、確実に勝利を収めて欲しいと思います。


Forza Milan!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/25 18:00 ] 試合 プレビュー | TB(-) | CM(2)

セビージャ、ミランのカスティジェホに関心か


『calciomercato.com』によれば、セビージャのモンチがカスティジェホに興味を示しているとのこと。
そして、報道によると既に代理人と接触したなんて話もあります。


カスティジェホは今季のリーグ戦で31試合に出場して4ゴールを記録。
31というと多いように感じますが、その内、先発出場の数はわずか8試合に留まっています。
現時点の序列は右WGのセカンドチョイス、左のサードチョイスというところでしょうか。


チームの主力になり切れない理由の1つに、狭いスペースでのプレーが得意ではないというのは確実にあるでしょうね。

相手にタイトなマークにつかれるとほとんど前を向けませんし、引いた相手を崩す動きに長けているわけでもないですしね。


その証拠として、彼が最も活躍した試合というのを思い出してほしいのですが、おそらく多くの方がサッスオーロ戦(もしくはエンポリ戦)を思い浮かべるのではないでしょうか。

というのも当時のサッスオーロはマーク緩々、スペース空きまくりの酷い守備であったので、カスティジェホは自由に前を向くことができました。


そして、彼の持ち味は何といってもその高いキック精度にある(と少なくとも僕は思っている)わけで、前を向きスペースがありさえすればその持ち味を存分に活かせる。つまり上記のサッスオーロ相手の活躍は必然であったのかなと。

エンポリ戦もマークが緩かったですしね。



しかし彼らのような守備はセリエAでは稀ですし、基本的にどのクラブもスペースを厳しく消してきます。

ですので、来季以降に主力となるにはボールの受け方といった個人技術の改善は必須だと思いますし、後は組織的カウンターが基本ベースのチームになるとかすれば彼にとっては追い風になると思います。



・・・と、ここから最初の話に戻るのですが、わずか1シーズンで彼を見限るというのは早い気がしますし、何より安く買い叩かれそうなため個人的には放出に否定的です(来季の指揮官とか、移籍金にもよりますけどね)。

ミランはカスティジェホに最低でも2300万ユーロの移籍金を設定しているらしいですが、モンチが言い値で買ってくれるとは思えませんしね。

仮に売却するとしたら、来季に存分に活躍してもらって市場価値を高めてからかなーと。


ディ・フランチェスコとかなら上手く扱ってくれそうですが、どうなりますかね。


今季の彼はビッグマッチではないが重要な試合(監督の首がかかった試合とか)での活躍が多かったので結構好印象ですし、できれば来季はミランの中心選手として飛躍して欲しいです。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/24 19:00 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(2)

ミランのCL権獲得のための条件について



今季のセリエAも37節を消化し、いよいよ今週末に最終節を迎えます。

前節を終えた段階での3位~6位のチーム及びその獲得勝ち点は以下の通りです。


3位 アタランタ 66
4位 インテル 66
5位 ミラン 65
6位 ローマ 63




前節でアタランタとインテルが勝ち点を落としたため、彼らとの勝ち点差は「1」となりました。
できればアタランタとは勝ち点で並びたかったんですけどね。



というわけで既知の方も多いとは思いますが、今回はミランの逆転4位以内フィニッシュのための条件を見ていこうかなと。



ミラン勝利の場合

ミランが最終節に勝利した場合、アタランタ、インテルの片方もしくは両方引き分け以下でミランの4位以上が確定します。

最もシンプルかつ現実的なシナリオですね。



ミラン引き分けの場合

これが非常に面倒くさい(笑)

まず、ミランが引き分けた場合でも4位に入れる条件を列挙しますと・・・

Ⅰ)インテル引き分け以上、かつ、アタランタ敗北

Ⅱ)インテル、アタランタ敗北、かつ、ローマ勝利


この2つです(多分。笑)

Ⅰについてですが、この場合インテルの勝ち点は「67以上」となり3位、そしてミランとアタランタ(と場合によってはローマ)が勝ち点「66」で並びます。


そうしますと、順位決定方法は「当該チーム間の直接対決の結果」ですので、ミランが優越し4位になれます(ローマを含む3チームが並んだ場合も同様)。


次にⅡについてですが、この場合は4チームが勝ち点「66」で仲良く並びます。
そして上記の順位決定方式を当てはめますと、インテルとミランがそれぞれ3位、4位ということになるわけです(インテル2勝3分1敗、ミラン2勝2分2敗、アタランタ1勝4分1敗、ローマ0勝5分1敗のため)。


つまりⅡの場合はローマの勝利が極めて重要です。
例えばインテル、アタランタが負けたけどローマも勝てず、ミラン、インテル、アタランタの3チームが勝ち点で並ぶだけだと条件を満たせずミランが5位となりますからね・・・。



ミラン敗北の場合

ミランが負けた場合、言うまでもなくその時点で5位以下確定です。

ローマが勝利した場合は6位転落ですね。



まとめ

ここまでミランが4位内に入るための様々な条件を見てきたわけですが、実質的に勝利が絶対条件といえますね。

そして個人的には、ミランがCL権を獲るとしたら①の中でも「ミラン勝利、かつ、インテル引き分け以下」という状況しかないかなーと。


今のアタランタがサッスオーロ相手に不覚を取るとはどうしても思えないですからね。

多分サッスオーロ側も得点は取れるでしょうが、それ以上にアタランタにボコられる気がしてなりませんし、おそらくスコアは3-1とかになるのではないかと。

万が一あるとすれば引き分けでしょうね。



一方、インテルの相手はエンポリ。
このチームは降格決定的といった状況から一転、直近3試合で全勝を収めて残留圏内である17位に浮上しました。

15位 フィオレンティーナ 40
16位 ウディネーゼ 40
17位 エンポリ 38
18位 ジェノア 37



残留を自らの手で決めるためにも最終節はモチベーションマックスで挑むでしょうし、最近の好調ぶりを考えると非常に厄介なチームですね。

まぁそうは言ってもモチベーションが高いという点においてはインテルも一緒ですし、ホーム開催ということもあってインテル優位であることは間違いないでしょうけどね。



最後になりますが、彼らの試合結果と同じくらい気がかりなのはミランの試合です。
対戦相手のSPALは既に残留を決めており、本来であれば楽に勝つべき試合なわけですが、前節のフロジノーネ戦の有様を見るに微塵も安心できません。


仮に2チームのどちらかがコケてくれても、ミランがそれにお付き合いしたら全て台無しですからね・・・。


早々に2、3点決めてもらって、他会場の結果の方を気にする余裕を作らせてほしいですがどうなるか・・・。



今季のセリエA最終節はほとんどの試合が見逃せません。
白熱のCL権・残留争いの結末を必ず見届けましょう!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/23 19:30 ] 他クラブ | TB(-) | CM(2)