【公式】 マルディーニのTD&ボバンのフロント入りが正式発表!



先日、マルディーニのテクニカルディレクター就任とボバンのフロント入り(役職はチーフ・フットボール・オフィサー)が正式発表されました。



マルディーニが現役を引退し、こうしてミランフロントの重役に就くまで本当に長かったですね・・・。
昨年からフロント入りしたわけですが、実権はほとんどなかったみたいですからね。


確かに彼の手腕について不安は少しありますが、正直なところワクワク感の方が遥かに優っています。

マルディーニならやってくれるだろう、という無条件の信頼感ですね
やはり彼はカリスマの塊ですよホント(笑)






一方、ボバンはこれまでFIFAの副事務総長を務めていたわけですが、マルディーニの誘いを受けて辞職したというとてつもない漢です(笑)

チーフ・フットボール・オフィサーという役職名はあまりピンと来ませんが、主にマルディーニのサポート役としてスポーツ面に携わっていくようですね。

先日のクルニッチ獲得に関してもボバンが携わっていたとのことで、早速その影響力を発揮してくれているようです。




さて。この新フロント体制についてはまだまだ未知数なところが多いわけですが、ミランの栄光の歴史を作り上げた功労者であるマルディーニ、ボバン両名のフロント入りは、将来の復権に向けてポジティブに働くものであると好意的に見ています。


彼らがミランに懸ける情熱は並大抵のものではないと思いますし、復権のため全身全霊をかけて仕事に取り組んでくれるでしょうしね。

1ファンとして、彼らを全面的に支持します。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/15 18:41 ] クラブ | TB(-) | CM(0)

ムリエルとかクアメとか



ここ数日は中盤にスポットを当ててきましたが、今回はFWについて。

ミランの獲得候補と報じられ、かつ僕が気になった選手について紹介していきます。
記事タイで既にネタバレしていますが(笑)



ムリエル(フィオレンティーナ→セビージャ)

テクニックというよりはスピードとキレで相手を置き去りにするタイプのドリブラー(もちろん水準以上のテクニックは兼備)。

故にカウンター時などのスペースがある時に真価を発揮するカウンターマシーンです。
今冬フィオレンティーナに加入してすぐにドリブル突破から凄いゴールを決めていましたね。


パスとかはそんなに上手くはなく、ポゼッション時はさほど驚異的ではありませんが、サイドに流れてのプレーもできるため2トップ向きの選手ではありますね。

今のミランには独力で長い距離をドリブルで運べる選手がおらず、そのため彼のような選手は是非とも欲しいところではありますね。仮にスタメンでなくとも、スーパーサブとして間違いなく有用ですしね。

ただ1500万ユーロはちょっと高いですかね‥‥。

ジャンパオロのサッカーに合うか未知数ですし、年齢的にもリスクが高いかな、と。



クアメ(ジェノア)


圧倒的フィジカルを持つ将来有望な21歳のアフリカン。

スピードもかなりあり、しかもテクニックやドリブルも優れているという素晴らしいプレーヤーです。

パスの判断やトラップ精度、持ちたがり癖など欠点は多々ありますが、まだ21歳ですし改善の見込みは十分。

ナポリが今冬の移籍市場で獲ろうとしていたことも、彼の逸材ぶりを示す一つの事実ですね。


また、ピョンテクとの相性の良さは既にジェノアで2トップを組んでいた際に証明済みであり、連携も問題なし。


以上のことから、実現すれば最高の補強になり得ますし、個人的にFWを獲るとすれば是非とも彼にアタックして欲しいと思っています。


ネックは移籍金(約3000万ユーロと報じられている)ですかね。

他ポジションの補強の必要性もある現状、流石にこの額を丸々払うことは至難を極めます。この額に値するポテンシャルはあると思いますけどね。

オファーを金銭+選手にするなどすればなんとか・・・といったところでしょうか。


今後の報道に注目です。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/14 23:56 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)

ミラン、ラデ・クルニッチの獲得間近か



『Sky』を始めとする各報道によると、ミランがエンポリのMFラデ・クルニッチの獲得に限りなく近づいているとのこと。



既にエンポリと合意したなんて報道もありますね。突然すぎて驚きです(笑)


クルニッチの特徴を大雑把に言えば水準以上のテクニックとパス精度を持ちつつ、積極的にエリア内へと侵入してゴールに絡んでいくインクルソーレタイプの選手。ちなみに今季の成績は5ゴール7アシストとかなりのもの。


ドリブルの意識も高く、スペースがあればボールを縦へと持ち運んでいける推進力も魅力的。また積極的に突っかかっていくのでファールも頻繁に貰う印象です。



一方で狭い局面でのプレーとかはあまり得意ではなさそうですし、守備力(具体的にはタックル、インターセプトといった積極的な守備)もさほど高くなさそうです(今季の彼のプレーをフルで観たのは6~7試合程度なので、確信はないのですが)。



今のミランで言えばケシエに近い役割が期待されますね。

正直ケシエの方が個人的にロマンを感じますし、将来的(育成に成功した場合)には彼の方がよりビッグネームになりそうな気配はありますが、現時点で言えば話は別。


特に今季後半戦のように攻守において雑なプレーをし続けるのであれば、クルニッチがケシエからスタメンを奪っても全く不思議ではないかと。


ケシエは加入初年度のような前方へのゴリゴリドリブルや縦パスの意識等を取り戻した上で、各プレー精度が向上していけば本当に素晴らしい選手になれると思うんですけどね。

スタメン絶対安泰という今季の状況が彼の成長を阻んだ側面は少なからずあると思いますし、来季はクルニッチと切磋琢磨して欲しいと思います。



話をクルニッチに戻しますが、報道によれば移籍金は600~900万ユーロ位とのことで、非常にリーズナブルです。

また、数年前にジャンパオロ(当時エンポリ監督)の下でプレーしており、彼の不変のサッカー哲学に触れている点も大きなメリットでしょう。


つまり能力、移籍金の安さ、監督との関係等を総合的に考えると非常に素晴らしい補強と言えるのではないでしょうか。


正式発表が楽しみです!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!


[ 2019/06/13 13:00 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(5)

今のミランの中盤事情について


様々な移籍情報の飛び交うこの季節。ミランも実に様々な選手に興味を示していると報じられています。

特に中盤の選手についての報道はホット。それも当然の話で、今のミランは質的にも量的にも中盤の選手が足りないですからね。


今回はそんな中盤の現状について、整理してみようかなと。


現有戦力について

まずは今季限りで退団する選手を列挙しますと、

・モントリーヴォ
・ベルトラッチ
・マウリ
・バカヨコ


前者2人は戦力外だったため問題なし。

一方マウリはそこそこ試合に出ており、アンカーとしてもインサイドハーフとしても計算できる戦力だったため(量的には)少し痛い。

そしてバカヨコ。言わずもがな今季は主力中の主力だったため痛い。

つまり現時点で2人分の戦力ダウンが確定しています。



続いて退団が噂される選手について。

・ビリア
・ケシエ
・チャルハノール


ほぼ全員(笑)

ビリアは高年俸&高齢、しかも契約も来年で切れるということでアルゼンチン復帰やフランス移籍が噂されています。

またケシエは多くのキャピタルゲインを生み出せそうなことや、今季のいくつかの問題行動により移籍リストに載せられたという報道があり、移籍先候補はプレミア。

そしてチャルハノールはプレミア、ブンデス方面からの興味が継続的に報じられています。


まぁ流石に上記の3選手を全員放出することは考えられませんし、放出するとしても1人が限度でしょうね。


絶対安泰と言えるのはパケタ位なわけですが、来季の彼はトップ下が主戦場となることが濃厚なため、今季のようにインサイドハーフで計算することはできません。



つまり、現状のメンバーで中盤を構成するとすれば


チャル――ケシエ
―――ビリア

という不動の組み合わせとなり、(長期離脱中のボナベントゥーラを除けば)控えがいないという異常事態です(しかもこの3人も残留確定ではない)。



獲得候補について

以上のことから中盤の選手の獲得はマストであり、それも1人ではなく最低2人、できれば3人欲しいところです。

現在報じられているMFの獲得候補を列挙しますと、


・センシ
・バレッラ
・プラート
・ヴィエイラ(サンプドリアの選手)
・トレイラ

確か現状はこんなところだったはず(思い出したら追記します)。

この中で現実味があるのはセンシ、プラートでしょうかね。

特にセンシ獲りについては報道が過熱しており、嬉しいことに獲得にかなり近づいているといえそうです。


バレッラとトレイラは・・・来てくれたら歓喜の雄叫びを上げますけど金銭的に困難を極めます。

特にバレッラはインテルが獲得に熱心ですからねー。それに質だけでなく量も必要なミランにとって、1人の選手に多額の移籍金を払う余裕はないはずです。


とりあえずインサイドハーフについては、センシとプラートが来てくれたら個人的には最高に近いですかね(欲を言えば更に潰し屋が欲しいところ)。


問題はアンカーなんですよね。

今挙がっている候補ですと、トレイラは夢物語。ヴィエイラは金銭的にはいけそうですが、20歳とかなり若く主軸とするにはやや心許ないかなーと。

まぁしかしヴィエイラは今季のミラン戦にも出ていて、しかも結構良いパフォーマンスだった気がするので獲れるなら獲っては欲しいですかね(笑)


またセンシのアンカー起用という方法もありますが、守備を考えるとここには高水準の守備力を保証してくれる選手を1人確保しておきたいところです。



まとめ

中盤は現有戦力が全員残留するとしても最低2人、できれば3人は補強して欲しいポジションです。

もし現有戦力を放出した場合は、その数に応じて補強の数も増やす必要があるでしょうね。


そしてインサイドハーフはある程度補強の目処が立っているように思われますが、アンカーはまだまだ未知数。
今後の報道に注目です。


最後に。言うまでもなく中盤は重要なポジションですし、それがジャンパオロのように素早いパス回しで崩していくサッカーを志向する監督の下ではなおさらです。

財政的に厳しい状況であることは分かっていますが、出来る限り盤石のスカッドを揃えて欲しいと思います。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!


[ 2019/06/12 22:13 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)

レイナとペリンのトレード移籍の噂について



「メディアセット」等による報道では、ミランのGKレイナがユヴェントスのGKペリンとトレードされる可能性があるとのこと。


ペリンは26歳とGKとしては比較的若く(レイナは36歳)、好調時は持ち前の反射神経と運動能力でアクロバティックなセーブを連発するタイプのキーパー。

また、現在貰っている年俸を調べたところ250万ユーロらしいので、レイナ(300万ユーロ)よりも(現時点では)安い。


以上がパッと思いつくペリンの有する長所なわけですが、個人的見解を言わせてもらうとこのトレードには反対です。


理由として、まず第一にレイナの方が良いキーパーだ(と少なくとも僕は思っている)から。

セービングの技術、足元の技術共に今のレイナの方が明確に上だと思いますし、何より安定感が違うかなと。


今季のペリンは一切観ていないので数年前の印象ではあるのですが、キャッチングでいけそうな所を弾いたり、またボールの弾く方向が悪く二次攻撃をくらったりとセービング技術に難がある印象なんですよね。後はポジショニングも不安定。

シュートストップ自体は良いと思うんですけどね。「こんなの止めちゃうの!?」みたいなセーブも多々ありましたし。ただその後の処理に問題があるかなと。


こうした点がユーヴェで改善されていれば良いのですが、あんまりそういう話も聞きませんしね。



第二に、怪我が多い。

ジェノア時代も頻繁に離脱していましたが、ユーヴェに加入してもちょくちょく離脱していますからね。

ペリンが来るとすればドンナルンマは放出でしょうから(ペリンは出場機会を望んでいるらしいため)、正GKとして彼を迎えることになると思われます。

正GKに頻繁に怪我をされると困りますし、それなら頑丈なレイナで良いじゃないか、と。



第三に、年齢(と場合によっては契約条件)がネック。

レイナと比べるとペリンの方がはるかに若いわけで、若返りは一般的には良いことではあるのですが、ミランはちょっと事情が特別です。

そう、超逸材プリッツァーリがドンナルンマの後継者として控えているんですよね。


大ベテランだが安定感のあるレイナを正GKに据えつつ、時折プリッツァーリに出番を与えるという関係はかなり理想的ですし、状況(レイナの衰えやプリッツァーリの成長速度)によってはお互いの序列を入れ替えることもスムーズにできるかなと。レイナは控えも受け入れてくれるでしょうしね。


一方でペリンは26歳とまだまだバリバリ動ける年齢ですし、そもそも移籍希望の理由が「出場機会の確保のため」と報じられていますから、控えなど受け入れることは絶対にないでしょう。

ともすれば正GKの確約を要求してくる可能性も考えられますし、そうなるとプリッツァーリに出番を与えることは難しくなってしまいますからね・・・。



僕はドンナルンマ売却の場合の後釜は短期的にはレイナ、長期的にはプリッツァーリだと信じていますし、わざわざ別のところから連れてくる必要はないかなと。



ペリンは良い選手だとは思いますが、以上の理由からトレードは反対ですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/11 18:00 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(4)